木村育生の株式会社インボイスが提供していた「GENERAL INVOICE」とは

株式会社インボイスの創業者である木村育生氏は、数年で会社を上場させた経営手腕で多くの実業家たちから注目された人物です。

木村育生氏が創業した株式会社インボイスがどのような会社なのか、

提供されていた「GENERAL INVOICE」のサービス概要について、詳しくご紹介していきましょう。

「GENERAL INVOICE」とは

木村育生氏が創業した株式会社インボイスでは、

「GENERAL INVOICE」という名称で通信料金一括請求のサービスを提供していました。

株式会社インボイスはゼネラル通信工業株式会社が2001年に社名変更した会社です。

「GENERAL INVOICE」のサービスを活用すると、

毎月送られてくる毎月の通信料金請求書を無料で1通にまとめてもらえ

web上で料金詳細を確認できるようになり

過去3ヶ月分のデータをダウンロードすることで効果的な分析も可能となります。

企業で総務や経理に携わる担当者にとって、通信料金の支払業務は煩雑な作業を伴う仕事であり、

一括請求サービスを利用すると業務負担が大幅に軽減されます

また、通信費の削減のために最適な割引サービスを導入することも可能となり、

株式会社インボイスの「GENERAL INVOICE」は多くの導入実績を誇りました。

 

木村育生氏が「GENERAL INVOICE」で目指したこと

「GENERAL INVOICE」では、

国際電話サービスやコーリングサービス、海外用携帯電話レンタルサービスに加え、

携帯電話の公私分計サービスと1台の携帯電話を仕事利用・個人利用で使い分けるサービスなど、

様々なサービスが次々に拡充されました。

国際電話サービスでは回線を借り自社ブランド「World Dial」で提供する工夫により

格安な料金を実現しました

携帯電話が普及した現代社会では、会社から仕事用の携帯電話を持たされているという人も多いでしょう。

個人利用する携帯電話の他に、

会社の携帯電話を常に持ち歩くことに不便を感じるという経験をしている人もいるのではないでしょうか?

同時に、法人契約して社員に会社から携帯電話を渡している企業の多くは、

携帯電話料金の高さに頭を抱えています。

会社の経費で使う携帯電話なら、会話の長さに気を使うことも少なく無駄な通信も増えがちです。

そもそも携帯電話ユーザーは、好みのデザイン、好みの機種に好きなアプリをダウンロードして

携帯電話を使いたいものですし、自分が支払う携帯電話料金ならコスト意識を持って利用します。

そのため、個人契約の携帯電話を仕事に使ってもらう契約を会社と個人で結んで、

補てん金額を決める方法を採用しコストカットを実現できるサービスを木村育生氏は事業化したのです。

 

GENERAL INVOICEの仕組み

 

通信費用の補てん金額は例えば営業部なら4000円、総務部なら1000円などと決めておき、

補てん金は一旦インボイスに支払って、インボイスに請求書が届いたら補てん額を除いた

個人の利用料金を個人に対して請求する方法となっています。

つまり、補てん金を会社から本人に直接支給して所得扱いになることを避け、

補てん金を除いた額をインボイスに支払うことで業務委託料を経費で落とすことを可能にしました。

企業とユーザーの両者にメリットがあるサービスの提供を目指し、

これからの社会トレンドがどのように変わっていくか

までを見据えた木村育生氏の経営者としての視点から生みだされたサービスだと言えるでしょう。

木村育生氏は株式会社インボイスの経営理念に

お客様のめんどくさいをイノベーションで解決する」ことを掲げています。

あったらいいのに」という要望に応えて喜んでもらいたいという木村育生氏の思いが、

顧客のニーズを汲み取った「GENERAL INVOICE」のサービスに活かされています。

これからも株式会社インボイスでは、革新的な方法で顧客ニーズに応え続けてくれるのではないでしょうか?