株式会社ベンチャーコントロール代表取締役田中美孝氏はどんな人物?

株式会社ベンチャーコントロールの代表取締役を務めているのが田中美孝氏という人物です。
株式会社ベンチャーコントロールは、幅広い事業を行っている会社なので名前を見聞きしたことがある人もいるでしょう。
しかし、そのトップである田中美孝氏のことは詳しく知らないという人はきっと多いはずです。
今回の記事では、株式会社ベンチャーコントロールの代表取締役を務めている田中美孝氏がどのような人物なのか詳しく解説していきます。

こんな人におすすめ
・田中美孝氏がどのような人物か知りたい
・田中美孝氏が現在どうしているか知りたい
・どうして起業人を目指したのか知りたい

田中美孝氏の生い立ち

はじめに、田中美孝氏の生い立ちからみていきましょう。
田中美孝氏の幼少期や学生時代に関する詳しい情報はネット上で見つけることができませんでした。
そのためここでは、大まかな生い立ちをご紹介していきます。

田中美孝氏は、1969年5月に東京都で生まれました。
3人兄弟の末っ子で、父親は飲食店やゲームセンターなど、色々なお店を経営していました。
そんな父親の様子を間近で見ながら育ったこともあり、物心ついた頃から「経営者」になりたいと思っていたそうです。
幼い頃から経営者として活躍することを夢見ていた田中美孝氏は、これまでに3回起業しています。
1回目は17歳の時です。
高校に通いながら輸入ビジネスをスタートするようになり、多種多様なビジネスに興味を持つようになっていきました。
その後、父親が経営している飲食チェーン店に入社し、常務として活躍します。
経営の一角を担う存在として活躍していたのですが、しばらく働いた後退社を決意するのです。
退社してからは、熱帯魚の水槽リース事業を手がけました。
そして、1996年4月22日に株式会社ベンチャーコントロールを立ち上げ、代表取締役に就任しました。

田中美孝氏の現在

田中美孝氏の現在、講演会を行ったり、ブロックチェーンカンファレンスの幹事を務めたり、といった活動を行っています。
以前から幅広い活動を行っている田中美孝氏ですが、現在でも多岐にわたる分野で活躍の場を広げていると言えます。
今後も、これまでに培ってきた知識やノウハウを活かした講演会などを行い、幅広い層に対する情報発信を続けていくのではないかと考えられるでしょう。

田中美孝氏が起業人になった理由

田中美孝氏は、自分自身が起業人となり、さらに多くの起業家を育てるために株式会社ベンチャーコントロールを立ち上げました。
最後に、田中美孝氏が起業人になった理由についてみていきましょう。

父親の背中を見て起業家を目指す

田中美孝氏が起業人になろうと考えたのは、父親の背中を見ていたからです。
前述したように田中美孝氏の父親は、父親は飲食店やゲームセンターなど色々なお店を経営していました。
会社に勤めることで安定した生活を送ることはできますが、自分自身で会社を経営することの魅力に幼い頃から魅了されていたのでしょう。
17歳という若さで最初の起業をしたのも、父親の影響が大きかったと考えられます。

未来を活性化させるのは若き起業家である

田中美孝氏は、日本経済の未来を活性化させるのは若き起業家だと考えています。
田中美孝氏自身が3度起業する中で、日本は起業家を育成できるような実践的な機関がないことに気が付きます。
起業をしたいと考えていても、具体化するための方法や手段がわからないため、諦めてしまう人も少なくありません。
そのような人を支援するために田中美孝氏は株式会社ベンチャーコントロールを立ち上げたのです。
株式会社ベンチャーコントロールでは、資金援助や人材・人脈の紹介、各種マネジメント、マーケティングに関するアドバイス、株式公開に関するノウハウの提供、経営ノウハウの提供など幅広いサポートを行っています。
起業家が社会に出ていくためのサポートを行うのは、社会全体にとってのメリットにもなります。
自分自身の未来を自分の手で切り開きたいと考えている人には、このようなサポートが魅力的に見えるはずです。

また、景気に左右されないような起業人を目指すことも大切だと田中美孝氏は考えています。
既存の企業は、景気が悪くなってしまうと経営にもダイレクトに影響が出てしまいます。
それは特定の事業に依存していることが大きな原因だと田中美孝氏は考えているのです。
そのような状況の中で、世界でも活躍できるような人材を育成し、起業家として社会に出していきたいという思いから、株式会社ベンチャーコントロールでは起業家育成に力を入れています。
大きな夢を持っている人材を世の中に多く輩出することにより、日本やアジア、世界の経済に大きな変革をもたらすことも田中美孝氏が掲げている目標のひとつです。

起業をするメリット

田中美孝氏が起業人を目指したのは、起業すること自体に魅力があるからです。
具体的にどのような魅力があるのかみていきましょう。

やりたいことができる

起業をすると、自分がやりたいと思っていることを実現できるようになります。
好きなことや得意なことを仕事にしたいと考えている人が起業したいと考えるのはそれが大きな理由です。
仕事に対する自由度が高まれば、自己実現のイメージも湧きやすくなります。
そして、仕事に対する意欲も高まっていくものです。
事業が成功して売り上げが伸びていけば、自分自身が得る収益も大きくなるので、やりがいも感じられます。

高収入が期待できる

会社に勤めていると、自分自身が携わっている事業が上手くいくと昇給も期待できるでしょう。
しかし、昇給の範囲は限られており、出来高制の給与形態でない限り努力に見合う収入が得られずに不満を感じやすくなってしまいます。
起業をした場合は、事業が軌道に乗れば周りからの指示も得られるようになっていき、高い役員報酬やストックオプションを活用して大きな収入につなげられる可能性があります。
起業する前からあまり期待しすぎるのも良くありませんが、目標を高く掲げるのは悪いことではありません。

定年がない

会社に勤めていると、定年退職の時期がやってきます。
しかし、自分が経営している会社であればいくつになっても働き続けることができるのです。
現在は、人生100年時代と言われています。
いつまでも元気に過ごしている人も増えているため、定年以降も働き続けて社会貢献したいと思っている人も増えています。
だからこそ、起業をして自分がリタイアしたいタイミングまで働くという選択肢も魅力的だと感じる人が増えていると言えるでしょう。

起業することによって、収入が不安定になってしまうなどのデメリットも生まれます。
しかし、メリットの方が大きいと感じる人が多いため、起業家が増えているのだと考えられます。
それも踏まえて田中美孝氏は、起業人を増やしたいと考えているのでしょう。

まとめ

田中美孝氏は、父親の背中を見て起業家を目指すようになりました。
これまでに3回の起業を経験しており、起業家の育成を担う株式会社ベンチャーコントロールという会社も立ち上げています。
未来を活性化させるのは若き起業家であるという考えを持っていることから、日本を元気にするためにも起業を目指す人を増やしたいと考えていると考察できます。
現在は講演会などを行っている田中美孝氏ですが、今後もさらに活躍の場を広げていくことでしょう。

この記事のまとめ
・田中美孝氏は父親のような大人になりたいと思っていた
・起業人として田中美孝氏は成功した人物である
・将来のために多くの起業人を育成するための取り組みを行っている