平文俊全氏が代表を務めるノーバル・ホールディングスについてご紹介!

茨城県にある太陽光発電会社として、常にトップを走っているのが株式会社ノーバル・ホールディングスです。
株式会社ノーバル・ホールディングスは再生可能エネルギーに注目し、今後さらなる発展や普及を目的としている独立系の投資グループです。

地球規模で環境問題が取り上げられている中、太陽光発電は日本のエネルギー対策としても注目されています。
個人としての取り入れている家庭もあると思いますが、企業としての取り組みがどのようなものかわからない人も多いでしょう。
そこで、茨木県で積極的に再生可能エネルギーの普及に取り組んでいる株式会社ノーバル・ホールディングスについてご紹介していきます。
会社概要や事業内容についても触れていくので、再生可能エネルギーに興味のある人は参考にしてみてください。

株式会社ノーバル・ホールディングスの会社概要や事業紹介

株式会社ノーバル・ホールディングスの会社概要をご紹介します。

【会社概要】
社名:株式会社ノーバル・ホールディングス
代表取締役:平文俊全、平文暉朗(共同代表)
資本金:50,000,000円
本社:茨城県つくば市島名4372番地(区画整理番号:市諏訪C22街区7画地)
事業目的:純粋持株会社として子会社の管理を担当

株式会社ノーバル・ホールディングスは、平文俊全氏と平文暉朗氏の共同代表によって設立された企業です。
資本金は5千万円で、本社は茨城県にあります。
福岡県福岡市に九州営業所を構えて、主に純粋持株会社として子会社などを管理しています。
そのため株式会社ノーバル・ホールディングスが親会社となり、合同会社ノーバル・テクノロジー、合同会社ノーバル・ソーラー、合同会社ノーバル・ウインドが他の業務を請け負っています。

株式会社ノーバル・ホールディングスが取り組むエネルギー事業とは

株式会社ノーバル・ホールディングスが取り組んでいる太陽光発電などのエネルギー事業とは、どのような内容でしょうか?

日本は2011年に起こった東日本大震災で、地震や津波による大きな被害を受けました。
また、この大震災の際に原子力発電で大きな問題が起こり、現在も一部地域への立ち入りが制限されているのです。
これをきっかけに注目されるようになったエネルギーですが、人々が安全で安心できるエネルギー、そして環境に優しいエネルギーとして積極的に推進されるようになったのが太陽光発電です。

太陽光発電などの再生可能エネルギーは、1970年代頃から日本でも開発や普及が進んでいました。
限りある資源である化石燃料などとは違い、一度利用したものでも比較的短時間で再生可能なもので、枯渇しない資源で地球温暖化の原因とされている二酸化炭素の排出を抑えることができます。

世界中の二酸化炭素の排出は、1990年の時点では約210億トンだったものの2018年には約332億トンに増加しています。
今後も世界中で排出量の削減に取り組まなければ、地球温暖化はどんどん進んでしまうでしょう。

地球温暖化が地球に与える影響が大きいため、環境を守る意識を高めるためにも再生可能エネルギーの普及が急がれています。
再生可能エネルギーは、一時的に国内の市場が縮小したものの震災がきっかけで急上昇し、政府もエネルギー政策推進のために、2012年から再生可能エネルギー固定価格買い取り制度を取り入れています。

その中の太陽光発電は、各家庭の屋根に太陽光パネルを設置して電力を作り、余分な電力に関しては買い取り可能です。
しかし地域や立地によっては日照時間が少なく、電力を生み出せない所もあるでしょう。
このような場合でも、株式会社ノーバル・ホールディングスが取り組む太陽光発電に参加すると、自分で用地取得や管理することなく、事業を通じて再生可能エネルギーなどのエコに取り組めます。

株式会社ノーバル・ホールディングスでは、開拓プロセスとして用地取得から発注までを一貫で行っています。
用地取得後は、行政から開発許可や転用許可などを取得し、面積や地形を考慮して発電規模を決めていきます。
社内外からの各分野の専門家から支援を受け、発電所の開発や運営をノンストップで行えるのが株式会社ノーバル・ホールディングスのエネルギー事業なのです。

株式会社ノーバル・ホールディングスのビジネスモデル

株式会社ノーバル・ホールディングスは、代表取締役として平文俊全氏と平文暉朗氏が共同代表となっていますが、合同会社ノーバル・テクノロジー、合同会社ノーバル・ソーラー、合同会社ノーバル・ウインドに関しては平文俊全氏が代表となっています。
ここでは、合同会社ノーバル・テクノロジー、合同会社ノーバル・ソーラー、合同会社ノーバル・ウインドの3社について解説していきます。

【合同会社ノーバル・テクノロジー】

社名:合同会社ノーバル・テクノロジー
職務執行者:平文俊全
代表社員:株式会社ノーバル・ホールディングス
資本金:30,000,000円
本社:茨城県つくば市島名4372番地(区画整理番号:市諏訪C22街区7画地)
事業目的:エネルギー事業の企画、開発、管理、機器と資材の調達、販売、不動産の取引、発電設備などの設計
資格者:第1種電気主任技術者 公認会計士 2級土木施工管理技士

【合同会社ノーバル・ソーラー】

社名:合同会社ノーバル・ソーラー
職務執行者:平文俊全
代表社員:株式会社ノーバル・ホールディングス
資本金:10,000,000円
本社:茨城県つくば市島名4372番地(区画整理番号:市諏訪C22街区7画地)
事業目的:太陽光発電設備の保有

【合同会社ノーバル・ウインド】

社名:合同会社ノーバル・ウインド
職務執行者:平文俊全
代表社員:株式会社ノーバル・ホールディングス
資本金:10,000,000円
本社:茨城県つくば市島名4372番地(区画整理番号:市諏訪C22街区7画地)
事業目的:風力発電設備の保有

合同会社ノーバル・テクノロジー、合同会社ノーバル・ソーラー、合同会社ノーバル・ウインドは、平文俊全氏が職務執行者を務める合同会社です。
株式会社ノーバル・ホールディングスが純粋持株親会社で管理を行い、合同会社ノーバル・テクノロジーが開発やメンテナンスを中心に行っています。
測量や設計、行政確認や工程管理なども請け負っているということです。
合同会社ノーバル・ソーラーと合同会社ノーバル・ウインドは、それぞれが太陽光発電設備の保有、風力発電設備の保有を担当しています。
発電所を保有し、合同会社ノーバル・テクノロジーから運営を任されています。
現在、合同会社ノーバル・ソーラーは茨城県を中心に10ヶ所のソーラーパネルを保有しています。
他にも千葉県や栃木県、福岡県や鹿児島県、熊本県にも保有していて、今後もさらに設置が進んでいくと予想できるでしょう。

■CGイメージです。

まとめ

平文俊全氏が代表を務めるノーバル・ホールディングスについてご紹介しました。
茨城県にある太陽光発電会社としてナンバー1の実績がある株式会社ノーバル・ホールディングスは、太陽光発電という再生可能エネルギーの普及に取り組んでいます。
再生可能エネルギーは東日本大震災以降注目されていき、地元の中学生は社会科見学などで訪れて学んでいるようです。

学習の一環としても触れる機会のある再生可能エネルギーですが、太陽光発電などのシステム管理は専門分野でなければ難しい部分もあるでしょう。
しかし、特に株式会社ノーバル・ホールディングスでは、システムなどの分野で商社を介さずに仕入れているため、仲介費用なども必要ありません。
サプライヤーからの直接仕入れを実現しているため、比較的安価で行うことができるのがポイントです。
今後、再生可能エネルギーの取り入れを検討している場合は、株式会社ノーバル・ホールディングスの動向をチェックしてみましょう。