ベンチャーコントロール社の評判/採用情報/社員口コミをまとめてみた

ベンチャーコントロール社は、ベンチャースピリットを大切にしながらビジネスにチャレンジし続けている会社です。
企業ビジネススクールや採用コンサルティングなどの業務を行っています。
今回は、そんなベンチャーコントロール社の評判や採用情報、社員の口コミについてご紹介します。
ベンチャーコントロール社がどのような会社なのか気になっている人は、ぜひ目を通してみてください。

こんな人におすすめ
・ベンチャーコントロール社の評判を知りたい
・ベンチャーコントロール社で働くのはどうなのか知りたい
・採用活動を行っているのか知りたい

株式会社ベンチャーコントロールの会社概要

はじめに、ベンチャーコントロール社の会社概要からみていきましょう。

会社概要

1996年4月22日に設立されたベンチャーコントロール社は、東京都新宿区に本社を構えています。
代表取締役を務めているのは田中美孝氏です。
主な事業内容は、ベンチャーインキュベーション事業、企業ビジネススクール、採用コンサルティングとなっています。
これらの事業を円滑に進めるために社内には、管理本部、アクア事業部、スクール事業部、メディアディレクション事業部などがあります。
事業所は、新宿、五反田、お茶の水、大宮の4ヶ所です。

企業理念

ベンチャーコントロール社は、モチベーションを高く維持し、ベンチャースピリットを失わないことを大切にしています。
ビジネスに対して果敢にチャレンジし、勝ち抜いていくことも理念として掲げられています。
チャレンジ精神を忘れないことにより、常に新しいことに挑戦できる姿勢を維持し、時代のニーズに合うサービスを提供できるようにしたいと考えているのでしょう。

事業の目的

ベンチャーコントロール社は、起業家が生まれにくくなっている日本の現状を変えたいと考えています。
日本経済の構造を変革する一助を担うことがベンチャーコントロール社の大きな目的だと言えます。
そのためにベンチャーコントロール社では、グループ会社が持っている力を集結させ、グループ全体の目的を達成させようとしているのです。

評判を調査

ベンチャーコントロール社では、すごい起業塾など様々な取り組みを行っています。
それらの取り組みに対する評判が気になっている人もいるでしょう。
ベンチャーコントロール社のホームページやインターネット上には、残念ながら評判を見つけることができませんでした。
すごい起業塾などの取り組みについて気になる場合は、問い合わせてみるのが確実に情報収集できる方法だということになります。

採用情報と社員口コミ

最後に、ベンチャーコントロール社の採用情報や社員の口コミについてみていきましょう。

採用情報

採用情報に関しては、ホームページなどに最新の情報が掲載されていなかったため、採用フローなどはわかりませんでした。
しかし、採用系の情報サイトをチェックしてみるとどのような採用方法を取り入れているのか知ることができました。
ベンチャーコントロール社の場合は、多くの企業が重視している面接が最終選考くらいしかないようです。
能力や意欲を重視しているからだと考えられます。
志望理由を聞かれることがなかったという声も聞かれています。
新卒採用の場合になりますが、学生からの質問できるような時間を多く取り入れていたそうです。
このことから、その人自身のやる気や熱意を重視した採用を行っている会社だと言えるでしょう。

社員の口コミ

ベンチャーコントロール社で働いてみたいと考えている人の中には、実際に働いている社員の声が気になる人も少なくないでしょう。
そのため、実際に勤務していた人から寄せられた口コミについてもご紹介します。

“独立志向の文化。関連会社含め、複数の営業組織が存在、各事業部の裁量、能力による比重が極めて高く、反対の部門への配属に合った人間に関しては同情の余地あり。小生に関しては、尊敬でる上司と仲間に恵まれよい環境だった。好き嫌いはあるが、それは他の企業でも同じと考える。いうなれば、20代で経験すべき環境であり、実力試しにはうってつけの環境。必ず役に立つ経験だったと胸を張っていえる”
引用元:https://www.vorkers.com/one_answer.php?vid=a0A3000000SBDQy&qco=1

それぞれの事業部の裁量が大きいため、尊敬できる上司に出会えれば大きな成長も期待できる環境だとわかります。
若い内に経験しておくと将来のために役立つスキルも身に付くでしょう。

“やはり、社内ベンチャーでも経営に近い距離で仕事ができるのは魅力。
実績を残しそこまでの地位まで登りつめないと、ただきつい営業職どまり。
大企業ではないが、これほどの規模で初期投資、人事権、ビジネスモデルまで任せてくれる環境はないので、経営者を志している人間で勝ち残った人間には非常にいい会社。
逆に安定を求めている人間なら、入って不幸になるので入社しない方がよい。”
引用元:https://jobtalk.jp/companies/22513/answers/100150

安定よりも成長を求めている人であればやりがいを感じながら仕事ができるのがベンチャーコントロール社の大きな特徴です。
そのため、安定した仕事を求めている人には不向きなので、他を探した方が無難です。

“【良い点】
入社して半年間は新人研修として営業研修を行った。必要に応じて人事部がサポートしてくれた。身近に独立起業した先輩がたくさんいるので、経験談を聞いたり、相談に乗ってもらえて企業までの道のりが参考になった。
【気になること・改善したほうがいい点】
起業、独立してる先輩から学ぶ以外は、ほぼ自己努力が必要。一般の会社のOJTなどは期待しない方がいい。”
引用元:https://jobtalk.jp/companies/22513/answers/3917498

起業を目指している人にとって、先輩から話を聞けるのは有益な時間となります。
しかし、自分自身で努力して結果をつかみ取らなければいけない環境でOJTなどもない点はいまいちだと感じてしまう人もいるでしょう。

“働きがい:
若い20代の社員が入社して独立採算制の中で売り上げと利益を追いかけていきます。自分が動いたものが自分の実績にそのままなり、自分の給料にも跳ね返ってきます。また形にダイレクトに関わることができてて通常の会社では会社の授業の1部に携わるくらいしかできないですがこの会社であれば型相当動きができます。実際フランチャイズの金開発においては、様々な経営者の方と携わることができる写真の通り採算性の仕事以外にも、取引先から学ぶことも非常い多いです。ただし難しいのは先に入社している社員が作った仕組みがベースとなってそのベースに中で仕事をしていくため、新たに築いていく仕組みに関しては限定的になってしまうことが問題ではある。どちらにせよ自分が考えて動けるというのは非常に良い組織風土であって20代の中では特別な経験ができる会社です。

成長・キャリア開発:
成長やキャリア開発に至っては、自分自身の意識の高さ次第で様々な経験ができます。ただ意識の低い社員からすると、残業時間が長く拘束時間が長いため非常に苦痛の時間でしかありません。そうならなければ生活そのものが仕事で仕事その後の生活となり、人生そのものが仕事があるため仕事とプライベートの話がなくなり仕事の辛さそのものがなくなります。”
引用元:https://www.vorkers.com/one_answer.php?vid=a0A2x00000025YY&qco=4

努力して結果を出せば、それをしっかりと認めてくれるのがベンチャーコントロール社の魅力のひとつです。
しかし、そのためには仕事に割かなければいけない時間も多くなるため、プライベートとのバランスが崩れてしまう可能性もないとは言い切れません。

今後の展開やマッチする人材を考察

ベンチャーコントロール社に関する最新情報をネット上では見つけることができませんでした。
しかし、会社自体は幅広い取り組みを行っており、これまでに「すごい起業塾」などの実績もあります。
今後も、企業を目指す人のためにサポートをするような取り組みを実施する可能性が高いです。
ベンチャーコントロール社では、社員のやる気などを大切にし、頑張った分だけしっかりと評価しています。
そのため、安定よりも正しい評価を求めている人の向いている会社だと言えるでしょう。

この記事のまとめ

・ベンチャーコントロール社は幅広い事業を展開している
・現在は採用活動を行っているか定かではない
・やる気が合って実力主義な会社で働きたい人に向いている