レイノス株式会社の実績とは?スカウト連絡がきた人必見!!

こんにちは!

本日は、レイノス株式会社の実績について取り上げてみます。

皆さんは、レイノス株式会社がどういった企業かご存知でしょうか?

レイノス株式会社は国内最大手のスカウト・ヘッドハンティング会社であり、2002年から現在に至るまで移籍のスカウト・ヘッドハンティングで多くの企業に優秀な人材を送っています。

そんなレイノス株式会社は、実際にどれほどの実績を持っているのでしょうか?

今回は、

  • レイノス株式会社の移籍実績
  • どのような電話がかかってくるのか

をご紹介します。

また、レイノスら電話がかかってきて転職する際に失敗しないためのポイントも解説しましょう。
ぜひレイノスからスカウト連絡が来たという方は、参考にしてみてください。

 

 

レイノスからの電話

まず、レイノスからスカウト・ヘッドハンティングがある際には自宅や会社に電話がかかってきます。

電話はどのような形式でかかってくるのでしょう?

レイノス株式会社では、企業から依頼を受けてスキルやその企業に合った人材を探していきます。

条件を満たしている人物にスカウトを行い、エージェントと面談しながら転職を進めていきます。

電話では、どういった状況で電話をかけているのかを細かく説明してくれるので、不明点があればその時点で聞いておくと良いでしょう。

最初は突然の電話になるので戸惑ってしまうかもしれませんが、場合によっては現在の仕事よりも待遇の良い仕事や、やりがいのあるポジションに就ける可能性があります。

怪しいからと言って連絡を取らないより、しっかりと話を聞いてから判断してみましょう。

 

 

レイノスの移籍実績

レイノス株式会社からスカウト・ヘッドハンティングの電話がかかってきた際、不安に感じてしまう方もいらっしゃるかと思います。

本当にレイノスでのスカウト・ヘッドハンティングは安心できるサービスなのでしょうか?

そこで、レイノスの移籍実績をご紹介していきましょう。

 

レイノスの移籍実績

レイノスのスカウト事業の実績を調べてみたところ、2002年からサービスを開始してから約1万人もの移籍を手掛けていることが分かりました。

さらに年間約1500人の移籍を実現しており、様々な業界・分野において優秀な人材をスカウトし、企業へ送っています。

このような実績を持っているためか、依頼件数や移籍数は国内のスカウト・ヘッドハンティング会社においてトップクラスになっているそうです。

 

どんな案件があるのか?

企業から依頼を受けてから独自のリサーチをかけて人材を発掘し、マッチングさせるレイノスですが、スカウトする際には企業からの具体的な提示条件を示すことで、マッチングさせています。

その多くは主任や係長、部長や執行役員クラスまで、ハイクラスの求人案件が豊富に見られます。

具体的にどのような案件が見られるのでしょう?

一部ではありますが、実際にあったハイクラスの案件例をご紹介します。

 

サービス業界(広告含む)

以下、サービス業界からレイノスに依頼された案件中の一例をご紹介します。

ベンチャー広告会社

顧客とのリレーションを強化したり、提案営業力を高めることで新規顧客を開拓したいと考えていたベンチャー広告会社から、営業部長を募集する案件が入っていました。
部長クラスの案件なので待遇が良いことはもちろんなのですが、ベンチャーということもありやりがいのある仕事だと言えます。
この案件での給料は、年収900万円と設定されていました。

その他の例
事業内容 学習塾運営、障害児支援事業、障害者支援法に基づく就労支援、インターネットメディア事業
設立 2000年代
本社 東京
従業員数 1,000名以上
売上高 10~30億円
クライアントに求める条件 役員クラス、年収~1,500万

事業内容 宿泊、遊戯施設運営
設立 1950年代
本社 東京
従業員数 非公開
売上高 30~50億円
クライアントに求める条件 営業部長候補、年収~1,500万

 

事業内容 中古車誌の発行、中古車情報Webサイト運営
設立 1970年代
本社 東海
従業員数 1,000名以上
売上高 10~30億円
クライアントに求める条件 子会社社長、年収~1,300万

大手飲食店

全国にチェーン展開している飲食店になると、それぞれのエリアを統括するエリアマネージャーの存在が必須になります。
飲食業のエリアマネージャーは、直営店舗の売上管理から営業戦略の策定に至るまで、各店舗をまとめて管理していく必要があり、大変な仕事ではあります。
しかし、年収1200~2000万円に設定されており、大変ながらも待遇の良い条件の求人だったと言えます。

化学メーカー

化学メーカーで海外での新規立ち上げを図るために、営業を募集していた案件がありました。
海外での立ち上げに参加するということで、海外赴任にはなりますが、海外で成功を収めるための箪笥でもあります。
こうしたグローバルな案件があるのも、依頼数が多いレイノスならではの魅力だと言えます。

転職で失敗しやすい人の特徴とは

レイノスのスカウト実績についてご紹介してきました。
実績豊富なレイノスなら安心のキャリアアップが望めるでしょう。

ただ、レイノスの案件とは関係なく、転職に失敗しやすい人というのは存在します。
レイノスからスカウトを受けても転職を失敗しないために、失敗しやすい人の特徴を知っておきましょう。

自分自身を分かっていない

漠然と転職したいと考えていても、企業の求めている人材に合わない可能性があります。
自分が何をやりたいのか、これまでどんな努力をしてきたのか、将来的にどうなりたいのかをきちんと分かってから転職した方が良いでしょう。

転職で今の職場での不満を解消しようとしている

今の職場で不満を持っている方は多く、その問題を転職で解決しようとする方がいます。
転職で改善できるという考え方は、違う会社にいっても結局起きてしまうので、あまり良い考え方ではありません。

現在考えている不満を解消するために転職するのではなく、あくまでも自分のキャリアアップのためなど、ポジティブな理由での転職にした方が良いでしょう。

情報不足

転職する際に企業についてそれなりに調べるかと思いますが、やはりここでしっかり調べておかないと後々後悔してしまう可能性があります。

ここで気を付けてほしいのが、インターネットだけの情報で満足しないという点です。
インターネットには様々な情報が閲覧できますが、中には間違った情報も出ています。
気になることや不安なことなどがあれば、会社側に直接聞いた方が確実な情報が得られるでしょう。

転職を検討する上で大切なことは

転職に失敗しやすい人の特徴に当てはまっていないかどうかチェックしてみましたか?
最後に転職を検討する上で大切なことをご紹介していきましょう。

転職を検討する上で大切にしておきたいことは、何度も企業側と擦り合わせを行うという点が挙げられます。
転職に失敗しやすい人は、本当かどうか分からない情報を信じてしまい、入社してみると実際は違っていて後悔してしまったというケースがかなり多く見られます。

そのため、インターネットだけの情報に惑わされないことが大切です。
ではどうやって情報を手に入れたら良いのかというと、直接企業側に質問した方が良いでしょう。
質問することに対して、言ってもいいのかどうか迷ってしまう方は多いかと思います。

しかし、質問によって企業側は相手が本気で転職を考えているのか分かりますし、できるだけ質問には答えられるような準備はしています。
質問することは決して悪いことではないのです。
何度も質問して話し合っていけば、徐々に自分の希望とも擦り合わせていくことができます。
これを繰り返していけば精度が高くなり、理想的な転職に近付くはずです。

また、やりがいや給料などを見て、現状よりも良ければ転職を検討してみましょう。
やりがいというのは、仕事はもちろんですがプライベートがあるからこそ仕事のやりがいにつながっていきます。
そのため、年間休日数や休暇内容、給与の手当状況、褒章制度があるかどうかなども一緒に確認しておきましょう。

レイノスでは満足度の高い転職ができるよう、スカウト・ヘッドハンティング後も細かなサポートを実施しています。
企業との面談時にもレイノスのエージェントが同席し、こだわりや条件などの擦り合わせを行っていけます。
分からないことがあれば、まずはレイノスに相談してみましょう。