トライ式高等学院の特徴や魅力|気になる学費をご紹介!

本とペン

通信制高校に通いたい、無理なく通信制高校を卒業したいといった悩みを持っているのなら、
トライ式高等学院への入学も検討されているのでしょうか。

しかし、トライ式高等学院ではどんなことをやっているのか、
メリットはあるのかなど、様々な疑問が浮かぶでしょう。

そこで、トライ式高等学院の事業内容や強み、メリットをご紹介していくとともに、
気になる学費やオープンキャンパスについても解説していきます。

数あるサポート校の中でもトライ式高等学院が気になっているのであれば、
この記事を参考にしてどんなところなのか理解していきましょう。

 

トライ式高等学院の事業内容をご紹介

ドアと窓

トライ式高等学院は、家庭教師のトライ個別教室のトライで知られる
トライグループが提供しているサービスの一つです。

その事業内容について見ていきましょう。

 

概要について

まずは、トライ式高等学院の概要をご紹介していきます。

開校したのは、2010年2月です。

 

・理事長:二谷友里恵氏

・学院長:物部晃之氏

・総務部長:石川士朗氏

・教務部長:木村隆広氏

となり、拠点数は80校となっています。

 

連携通信制高校は以下の通りです。

・鹿島学園高等学校

・日本航空高等学校

・高松中央高等学校

・ルネサンス高等学校

・鹿島朝日高等学校

 

通信制高校のサポート校

トライ式高等学院は、通信制高校のサポート校です。

サポート校とは、通信制高校に通う生徒をサポートすることを目的としており、
卒業に向けて様々な手助けを行ってくれます。

通信制高校となると、自宅での学習がメインとなります。

卒業するためには単位を修得することが欠かせませんが、
レポートの提出や面接指導、試験などを通じて習得していきます。

しかし、学習は独学となり分からない部分は自らが調べて学習を進めていくことになります。

難しい問題があれば自力で解くこととなり、分からなければ諦めてしまうこともあるでしょう。

その結果、授業についていくことができなくなり、
卒業することができないといった悪循環になってしまうことも多いのです。

こうした生徒をサポートするのがサポート校の役割です。

通信制高校は生徒の状況が見えにくいデメリットがあります。

しかし、サポート校が間に入ることで生徒の変化に気付くことができ、
学習や進路の悩みなどにも対応することができます。

 

トライ式高等学院の強みやメリットは何?

赤ペン

トライ式高等学校の強みやメリットをご紹介していきましょう。

 

学習スタイルは3つから選べる

家庭教師のトライで培った指導を活かして学習が進められていきます。

学習スタイルは以下の通りです。

 

・通学コース

キャンパスに通い、他の仲間たちと一緒に学校生活を送れるコースです。

通学日数は週に1回から5回の間で自由に決めることができるので、
自分のライフスタイルに合わせて通えるでしょう。

授業はマンツーマン形式で実施され、分からない点も分かるまで丁寧に教えてくれるので安心です。

 

・在宅コース

人と関わることが苦手な人や通学することが難しい人には在宅コースもあります。

自宅まで教師やカウンセラーが訪問し、学習を進めてくれるのです。

最初は、カウンセラーによるカウンセリングから始まります。

カウンセラーとの面談で第三者と会える状況になれば、
教師との授業がスタートしていくので、不安がある人でも安心でしょう。

 

・ネットコース

オンラインコンテンツを活用して卒業や進学を目指せるコースです。

授業内容はレポートの作成や提出に特化されたものとなるので、
一人で行うことに不安を感じていた人でも安心です。

オンライン家庭教師の指導やキャンパス長との面談を通して目標達成に向けて進んでいきます。

また、トライグループが誇る無料の映像授業トライイットも活用可能です。

 

進路に合わせて選べるカリキュラム

トライ式高等学院では、普通科特進科が用意されています。

 

・普通科

高校卒業を目標にした普通科では、基礎学力を高めるための授業だけではなく、
トライグループならではの多用な学びを提供しています。

中国語やスペイン語といった語学だけではなく、
プログラミング学習でアプリの開発をすることも可能です。

資格取得や芸術などを学ぶこともでき、将来の夢を見つけるきっかけにもなるでしょう。

 

・特進科

志望校合格に向けて学習が進められていきます。

受験対策専門のプロの教師による学習で、
マンツーマン形式なので分かるまで徹底的に学習できるでしょう。

一般的な通信制高校の場合、大学進学率は約16%となっています。

しかし、トライ式高等学院の大学進学率は65.5%となり安心感が違います。

 

学習効率をアップさせるためにトライ式AI学習なども取り入れられ、最先端の学習が受けられます。

カリキュラムも生徒に合わせた内容となっているので、進めやすいでしょう。

 

多彩なイベント

学生生活をより充実させるためのイベントも豊富にそろっています。

部活動も盛んに行われており、サッカーやバスケットボールといったスポーツの他に、
釣り部などもあり趣味を楽しめる内容となっているでしょう。

また、遠足修学旅行体育祭などのイベントも実施されます。

他の生徒と一緒に参加し、絆を深めて色々な思い出を残すことができます。

また、年に2回ハワイ留学も実施されています。

自然豊かなハワイで英語を学び、
時にはハワイを満喫しながら充実した時間を過ごせるでしょう。

これらのイベントは強制参加ではなく自由参加なので、
参加したいイベントのみ足を運ぶことも可能です。

 

学費はどうなっているの?

ぶたの貯金箱

充実したサポートと学生生活を送れるトライ式高等学院なので、学費が気になる人も多いでしょう。

学費としては、入学金に加えてそれぞれのコースにある学費や施設設備費などがあります。

以下を参考にしてください。

 

・入学金:80,000円(税別)

・施設設備費:月2,000円(税別)

・システム費:連携通信制高校によって変動があります

・行事運営費:10,000円(税別)

・学費:特進科1単位あたり32,000円(税別)、普通科1単位あたり18,000円(税別)

 

この他にも、発生する費用があるので問い合わせて確認してみましょう。

 

オープンキャンパスはある?

3人の学生

最後にオープンキャンパスについてご紹介していきましょう。

トライ式高等学院では、中学3年生を対象にしたオープンキャンパスが実施されます。

当日の流れとしては、

・学校説明会

・イベント

・個別相談(希望の人のみ)

となっており、所要時間は約1時間半となっています。

個別相談は、事前予約が必要なので相談したいことがあれば積極的に活用しましょう。

イベントでは先輩と交流することでトライ式高等学院の良さをさらに知ることが可能です。

学校説明会では、通信制高校の仕組みなども聞けるので、
通信制高校がどんな学校なのか知らない人にとっても最適でしょう。

学校生活のことや卒業や進路決定までの流れなども説明され、
トライ式高等学院について深く知れるでしょう。

開催場所や日程については、公式ホームページに記載されています。

参加費は無料で途中退席も可能です。

保護者のみの参加もできるので、
どういった雰囲気で学習できるのか知りたい親御さんにも役立つでしょう。

 

また、「先輩の声を聞く会」も開催されます。

参加対象は中学1年生から2年生のフリースクールを検討している人や
高校1年生から3年生まででトライ式高等学院への転入や編入を検討している人です。

流れとしては、

・学校説明会

・イベント

・個別相談(希望者のみ)

となっており、通信制高校への不安や学校生活の不安、
不登校解消のためのポイントなど、悩んでいることを相談することができます。

オープンキャンパスと同じように、途中退席や保護者との参加も可能です。

トライ式高等学院について気になっているのなら、参加を検討してみましょう。

ホームページ上では資料請求も無料で行っているので、
詳しい内容を知りたい場合に活用することも可能です。

 

まとめ

ノートと鉛筆

ここまで、トライ式高等学院について詳しくご紹介してきました。

学費に関しては特進科と普通科によって違いがあるので、
入学を検討しているのであれば問い合わせフォームを活用することですぐに相談することができます。

通信制高校に通うことに不安を感じていても、
トライ式高等学院の手厚いサポートがあることで、安心して通うことができる点がメリットです。

また、進学を目指している人でも進学率の高さ
トライグループならではの勉強法によって学習が進められていくため、安心感があります。

サポート校を活用することで、独学での学習では得られないようなサポート、
そして豊富なイベントにも参加することで学校生活での思い出を残すことができ、
大きな魅力があると言えるでしょう。

オープンキャンパスや先輩の声を聞く会なども開催されているので、
トライ式高等学院への入学を検討しているのであれば、
参加して学校での様子を自分の目でチェックしてみてください。