東亜産業が生み出す製品が評判で面白いので紹介します!

be creative

東亜産業はこれまでに集中力で飛ばせるドローンやメガネ型のアイマッサージャーなど
ユニークな製品を開発してきました。

しかし、一体どんな会社なのか、またどのようなヒット商品を出して来たのか
詳しく知らない方が多いでしょう。

そこで今回は面白い商品を多く世に送り出している、東亜産業について色々と調べてみました。

会社概要からヒット商品の紹介、面白い製品を開発できる理由についてご紹介します。

会社や商品に対しての口コミもまとめているので、
東亜産業や開発製品に興味がある方はチェックしてみてください。

 

東亜産業って何をしている会社?

 

東亜産業は1996年に設立された東京都千代田区に本社を構える会社です。

従業員の数は2019年8月時点で114人となっており、同期売上高は約60億円にも上りました。

本社以外にもいくつか拠点があり、国内では福岡に工場や物流センターが計4つあります。

さらに海外にも各分野での生産工場や協力会社が複数存在します。

 

主な事業内容はOEM・ODM事業です。

OEMとは、自社ブランドを他社で製造する事業のことです。

例えば、自分の工場を保有しない会社が自社ブランドを製造したい時や、
自社工場でつくれないものを他の工場で生産してもらいたい時に利用される事業になります。

一方、ODMは製造だけではなく、自社ブランドの製品を作りたい企業に
製品の設計を提供する工程が加わった事業です。

 

つまり、東亜産業は自社ブランドの製品を作りたい会社に向けて、
商品開発から設計、デザイン、販売までを一貫して行っている会社です。

製造可能な商品の幅は広く、電化製品から化粧品まで開発・製造を行っています。

幅広い製品の製造が可能な理由としては、国内に3つの工場、
そして中国に7つの自社工場を持っているからです。

各分野の自社工場を持つため、コスト面でもスピード面でも
顧客のニーズにマッチした生産体制が整えられています。

東亜産業が生み出したヒット製品の数々!

 

東亜産業ではユニークな製品の開発・製造を行ってきました。

その中でも特にヒットした製品があるので、いくつかご紹介しましょう。

 

インスタントタピオカ

2019年11月に東亜産業のインターネット通販にて販売が始まりました。

社会的なブームを巻き起こした本場台湾のタピオカミルクティーを自宅でも気軽に楽しめます。

この商品は近くにタピオカミルクティーの専門店がない人や行列に並びたくない人たちを中心に人気を集めました。

インスタントタピオカはアレンジが自在にできるところが魅力です。

例えば、容器は耐熱使用なので熱湯を注げばホットタピオカミルクティーを味わえます。

他にも果物やプリン、クッキー、仙草ゼリーを入れるなどして、自分なりのカスタマイズを楽しむことが可能です。

国内製造で、保存料や合成着色料を使っていないので安心して飲めます。

 

レンズ付きアイリフグラス

装着すると38~42℃の蒸気が目元を包むように温めてくれるホットアイグラスです。

東亜産業のアイリフグラスはレンズが入っているので、
疲れた目を温めながらテレビの視聴や読書、スマートフォンなどの操作ができます。

さらに、目元を振動する機能もあるので、マッサージ効果にも期待できます。

振動の強さごとに4つのモードがあり、
その時の気分や状況に合わせて適切な振動の強さやヒーターのみのモードに設定可能です。

普通のアイマッサージャーとは違いゴーグルのようなスタイリッシュなデザインなので、
機能と見た目の良さがインスタグラマーの間でも人気を集める理由となっているようです。

 

マインドテックドローン

マインドテックドローンは赤外線センサーが搭載されたヘッドリンクを頭に付けることで、
自分の集中力(脳波)でドローンを操作できる画期的な製品です。

集中すればするほど飛行は安定するので、遊びながら楽しく集中力の訓練ができると
育成面で期待されています。

また、2台あればどれだけ浮上させられるか親子で競い合うのも楽しい遊び方です。

ドローンには高度制限機能が備わっているので、
約2.5mまでの高さまでしか飛ばせない仕様となっています。

さらに、5分間操作がないとヘッドリング側の電源が自動的にOFFになる機能もあります。

 

口コミも調査してみた!

内緒話

たくさんのヒット商品を開発してきた東亜産業ですが、口コミ評判はどうなっているのでしょうか?

商品に寄せられた口コミをいくつかピックアップし、東亜産業の評判を見ていきます。

 

雨の日や寒い日に特にタピオカ飲みたいとき、とても便利で、自宅やオフィスで5分でタピオカを飲める。上品な味、まるで店で作ったもの。タピオカ自体が甘くない。ミルクティーはイギリスローヤルミルクティーのような上品な味、ちょうど良い甘さ。アフタヌーンティーの時に洋菓子と一緒に食べるが最高。持ち歩くもOK。出荷が速くて、梱包も非常に丁寧で、かなり満足な買物経験。

引用元:https://review.rakuten.co.jp/item/1/370045_10000072/eyna-i0to5-kzv_3_752727464/?l2-id=review_PC_il_body_05

インスタントタピオカに対する口コミです。

インスタントというと質素な味をイメージするかもしれませんが、紅茶の香りや味も非常に上品という感想でした。

また、甘くないタピオカと紅茶の甘さが程よいそうです。

この内容から東亜産業はインスタントだからと妥協せず、品質にこだわって製品を作っていることがうかがえます。

お湯の量を自分で調節できるので、好みの味を作りやすいですよね。

何より、時代のニーズをとらえた商品開発をしていると言えます。

 

いろいろな製品があって、目を完全に覆うタイプが多いなか、こちらの商品にする決め手はマッサージャーをつけながら何か違う事もできる”ながらリフレ”です。たしかに同時進行できるので、時間の節約になりますね

振動が気持ちいいです!大変満足です

引用元:https://review.rakuten.co.jp/item/1/370045_10000060/eyna-i0t8v-i71_3_783429766/?l2-id=review_PC_il_body_05

アイマッサージャーというと目を完全に覆ってしまうタイプがスタンダートです。

しかし、レンズ付きのアイリフグラスは目を覆わないので、
ながら作業をしながら目元をリラックスできるところに人気があります。

最近は時間の節約を意識する人が多いので、その傾向を汲み取った商品と言えるでしょう。

実際、料理中やテレビを見ている時に目を癒すことができ、満足感を得ている人は多いです。

 

おもしろい製品を世に送り出せるワケとは?

 

東亜産業はただ面白いだけではなく、
消費者が満足できる製品を世に送り出していることが口コミから分かりました。

なぜ、こんなにもたくさんのユニークな商品を世に送り出せるのでしょうか?

その理由は、商品企画や開発から製造まで一貫体制で生産できるシステムを持つ
製造会社であるからと考えられます。

 

東亜産業では、商品開発部・デザイン部・品質管理部・営業部の全てが配置されています。

商品開発では、常に新しい発想とアイデアを創出しており、これまでにも独特な新技術を生み出してきました。

また、商品のアイデアは現場だけではなく、トップを含めあらゆるところからの意見を参考にしているようです。

色々な意見を聞ける環境であるため、「こんな製品があったらいいな」という発想が生まれやすく、
独創的な製品開発が行えるのでしょう。

 

また、東亜産業は複数の子会社や自社工場があるので、
独創的な商品を実現できる力があります。

例えば、化粧品や医薬部外品は佐賀県にある東和化粧品株式会社が
製造業や販売業の許可を取っているので、化粧品や医薬部外品の新製品を提案できます。

他にも、国内の子会社では電子タバコの製造や医療機器の製造を行うことが可能です。

また、海外では中国に協力会社や工場があり、そこで日用品や電気製品、珪藻土製品、
精密機器、容器製造など幅広く生産できる体制が整っています。

 

まとめ

 

今回は東亜産業のユニークな商品や口コミなどについてご紹介しました。

人気商品には、気軽に本場の味が楽しめるインスタントタピオカや、
作業とリラックスタイムを両立できるレンズ付きアイリフグラス、
集中力で操作ができるマインドテックドローンなどがあります。

東亜産業が生み出した商品は社会や顧客のニーズを反映したものが多く、
口コミでは商品に満足しているという内容が多かったです。

そのため、多くの人々に愛される商品を生み出している会社だと言えます。

独特な製品づくりができる理由は、商品企画や開発、製造、
そして販売できる環境が全て整っているからだと分かりました。

開発では現場やトップなど色々な意見を聞いているので、
様々なニーズや課題の解決に向けた製品の発想が生まれやすいのでしょう。

 

また、国内外に多数の工場や子会社とのつながりがあるので、化粧品から医薬部外品、
日用品、精密機器、家電など色々な商品を製造・販売できる環境も整っています。

他では実現が難しいであろう製品も独自の発想力や技術の開発力などを活かし、
実現してきているのです。

 

保有する自社工場が多いので、コスト面や製造スピード面も優れており、
それが自社ブランドの製品を作りたいと思う会社からの信用にもつながっているのでしょう。

これからも独創的な発想力や優れた実現力を活かし、
便利で魅力的なヒット商品を出し続けていく会社だと思います。