坂本よしたか氏がビットコインボルト上昇を予測!その理由は?

仮想通貨に興味のある方ならBTCVという言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

BTCV(ビットコインボルト)とは、ポーランドの本社を構える仮想通貨企業のMINBEST社が開発した仮想通貨であり、価値の保存手段という点に重点を置いている仮想通貨です。

企業の経営コンサルティングやウェブサイトの運営などを行っている企業のライトニングプレミアムの社長である坂本よしたか氏は、BTCVに対して今後価値が上がっていくというような独自の見解を示しています。

しかし、BTCVがどんなものか分からないという方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回はライトニングプレミアムと坂本よしたか氏について振り返りながら、BTCVがどんなものか、なぜ坂本氏は今後価値が上がっていくと予想しているのかをご説明します。

PCを触る女性

坂本よしたか氏がどんな人物かおさらい

ライトニングプレミアムを運営する坂本よしたか氏がどのような人物なのか、今一度おさらいをしておきましょう。

・スピード出世からの借金
坂本よしたか氏は愛知県春日井市出身で、両親は飲食店を経営していました。

家が貧しかったため、中学を卒業後すぐに働き始め、多くのアルバイトを経験します。

その後飲食店に就職すると、わずか1年で店長に就任するというスピード出世を果たしました。

しかし、社内の抗争に巻き込まれると飲食店を退職し、別に企業へ転職します。

ここでも坂本氏は素晴らしい成績を上げ、会社の業績を立て直しますが突如倒産し職を失ってしまうのです。

32歳の頃から坂本氏は自身でコンサルティング会社を興すと、順調に業績を伸ばしていきましたが、坂本氏は契約金詐欺に遭い1700万円の借金を背負うことになりました。

・転売で逆転
借金を返す方法を模索していた坂本氏はAmazon転売というものに出会い、せどりゲームを始めます。

せどりゲームを始めて2ヶ月後に月商1000万円を売り上げると、半年後に月商2400万円を達成しました。

その後は持ち前の集中力と我慢強さを活かし、借金を全額返済するとせどりを軸に新たな事業を再開します。

事業を起こすだけでなく、自分を窮地から救ってくれたせどりのノウハウを教えることも行い、これまでに5000人以上に総額300億円を稼がせる実績を上げています。

ライトニングプレミアムについてのおさらい

坂本よしたか氏が現在運営しているライトニングプレミアムがどんな会社なのかも、おさらいしていきましょう。

・会社概要
株式会社LIGHTNING PREMIUM(ライトニングプレミアム)は愛知県名古屋市栄に本社を置き、2011年8月に設立されました。

事業内容は主に経営コンサルティング・景品企画開発と販売・ウェブサイトやインターネットコンテンツの企画や開発、運営・それに付帯する一切の業務です。

「資産完全増殖」や「億万長者」といった投資に関するセミナーを開催しており、すでに投資家として実践している方はもちろん、投資初心者に向けた内容のセミナーなども開催しています。

・行動指針
ライトニングプレミアムは行動指針として、「PDSA」を掲げています。
PDSAとは、従来のPDCAサイクルの「CHECK(確認)」である部分を「STUDY(研究)」に変えたものです。

環境の変化が激しい時代では計画の前提となった基準がすでに変わっていることも考えられるため、検証を行う必要があるという考えです。

「学習し、進化する組織」としてPDSAサイクルを回していくことがふさわしいとしています。

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)の特徴

坂本よしたか氏は、ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)に注目しています。

ビットコインは聞いたことがある方でも、ビットコインボルトについては初めて聞いたという方もいるでしょう。

ここでは、ビットコインボルトの概要や特徴についてご紹介します。

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは、ポーランドに本社を設置する仮想通貨関連会社・MINEBEST(マインベスト)社が、2019年12月に独自開発した仮想通貨です。

ビットコインボルトが誕生した背景には、個人間でも安心して直接取引できるようにするという目的がありました。

資産を安全に保有するために、最新技術のブロックチェーンを導入し、自らの資産を保護できる通貨です。

円やドルとは別概念で存在するため、電子マネーとは考え方が異なります。

ビットコインボルトには“ビットコイン”の文字が入っていますが、ビットコインから派生して生まれたのではなく、独自技術のブロックチェーンよって新たに誕生しました。

しかし、基礎部分はビットコインと同様に開発されており、2,100万枚の総発行枚数やプルーフ・オブ・ワーク(PoW)採用などの部分では、ビットコインに近い存在と言えます。

ビットコインとビットコインボルトとの違い

ビットコインボルトは、ビットコインとは別に誕生した仮想通貨です。

それではなぜビットコインがすでに存在しているのに、ビットコインボルトが開発されたかというと、ビットコインでは安全性を十分に確保できないからです。

実際、実際仮想通貨で資金をやり取りするうえで、セキュリティ面を気にする方は多いでしょう。

ビットコインは現在の仮想通貨の基軸ではありますが、安全性の面ではやや不完全と言えます。

その問題点を克服して生まれたのが、ビットコインボルトです。

具体的にビットコインボルトには、以下のような特徴があります。

・3つの秘密鍵
ビットコインボルトに3つの秘密鍵を備えることで、高度な安全性を確保しています。

秘密鍵とは仮想通貨には不可欠のもので、パスワードのような存在です。

秘密鍵がないと仮想通貨を送金できませんし、秘密鍵を他人に知られてしまうと勝手に通貨を使用されるリスクもあります。

銀行通帳の暗証番号を他人に知られてしまうと、悪用される危険があるのと同じです。

自分の資産を安全に管理するために、秘密鍵は欠かせません。

これまでの仮想通貨では秘密鍵は主に1つだけでした。

しかし、ビットコインボルトでは3つの秘密鍵を設定して、セキュリティが強化されています。

盗難に対するリスクも軽減され、従来よりも直接取引が安全に行えるようになっています。

・取引確認時間の延長

ビットコインでの取引承認時間は10分でしたが、ビットコインボルトでは24時間に延長されています。

承認時間を長くすることで、ハッキングなどの危険を少なくする狙いです。

ブロックチェーンでは、承認時間が短いほど取引履歴の計算が容易になるため、外部からの攻撃可能性が高まります。

スピード送金を重視するのではなく、あえて送金時間を延長させることでより安全性を向上させているのが特徴です。

ただし、取引内容によっては早く送金したい場合もあるでしょう。

ユーザーの利便性を高めるため、ビットコインボルトには高速送金機能も付いています。

ビットコイン同様に10分で取引を完結できるため、急ぎの案件を済ませることもできます。

状況に応じて使い分けると良いでしょう。

・送金キャンセル機能

ビットコインボルトには送金キャンセル機能が追加されています。

ビットコインでは、アドレスを誤って送金したり、金額を間違えたりした時に通過を取り戻すのが一苦労でした。

その点、ビットコインボルトには送金後の取り消しが可能であり、24時間以内であれば送金をキャンセルできます。

おそらく従来の仮想通貨システムでは送金後の取り消しができないことで、煩わしさや不安を感じていた方もいるでしょう。

しかし、送金キャンセル機能があるビットコインボルトでは心配要りません。

仮想通貨の取引で、ユーザーが安心して送金ができる仕組みが構築されています。

・半減期(減少期)のタイミング

仮想通貨には、通貨の発行量を減少させて希少価値を高める目的から、半減期(減少期)が定められています。

ビットコインは金をモデルにして作られたとされる仮想通貨であり、金は希少価値の高い好物です。

その理由は毎年発掘量が減少していくからであり、ビットコインやビットコインボルトもこの図式にならって、半減期(減少期)を設けています。

しかし、両者の半減期(減少期)のタイミングは異なります。

ビットコインの半減期は約4年周期ですが、ビットコインボルトは約6カ月周期です。

加えてビットコインボルトの場合、半減期でもらえる報酬が半分になるわけではないため、減少期と呼ばれます。

ビットコインボルトの取り組み

発行される仮想通貨が大衆に受け入れられるようにするには、セキュリティやコミュニティなどの形成が必要です。

開発者・宣伝広告・マイナーの3つが、バランス良く展開されなくてはいけません。

ビットコインボルトを開発したマインベスト社は、Orbs Hexaグループと協同で事業に取り組んでいています。

Orbs Hexaグループは仮想通貨業界をリードする組織であり、開発力は十分と言えるでしょう。

マーケティングなどの自社宣伝に関しても、マインベスト社は業界に強い影響力を持っています。

ビットコインボルトのCEOであるイエール氏は、仮想通貨業界の国連と名高い「デジタルマイニング協会」で会長に就任している方です。

そのためマイニングに関する最新情報が常に入手可能で、通貨の宣伝力も高いと言えるでしょう。

マイニングとは仮想通貨のやり取りを記録し、取引承認を行う作業のことです。

仮想通貨では銀行と違って、第三者機関を経由せずに直接取引を行ないます。

しかし、誰から誰にコインが送金されたか分からなければトラブルになるため、仮想通貨の世界ではマイナーと呼ばれる記録者が存在します。

そのマイナーが行う仮想通貨の取引に関する記録・取引承認作業を採掘になぞらえて「マイニング」と呼ぶのです。

また、マインベスト社ではマイニングの安定化を図るため、複数のマイニングマシン開発企業と契約しています。

マインベスト社では複数の企業にマイニングを依頼して、リスク分散を行っています。

安定した供給力を確保し、パートナーシップも大事にすることで、通貨を利用しやすい環境を整えています。

マイニングシティBTCVの特徴

ビットコインボルトについて詳しくご紹介したところで、坂本よしたか氏が注目しているマイニングシティBTVCについて知りたいという方も少なからずいるでしょう。

ここではマイニングシティBTCVとはどんな場所なのか、坂本よしたか氏の今後の見解を交えながらご紹介していきます。

ビットコインボルトをマイニングできるマイニングシティとは?

マイニングシティはビットコインやビットコインボルトなどのクラウドマイニングサービスを提供している企業です。

マイニングとは取引データを承認する作業のことで、作業に対する報酬がビットコインやビットコインボルトなどの暗号資産で支払われます。

大量の石の中から金を採掘することに似ているため、マイニングと呼ばれています。

ビットコインボルトに関しては、マイニングに少額から参加できる点が大きな強みです。

仮想通貨に対する投資には、取引所で売買を繰り返す方法や新しい仮想通貨の投資するICOという方法などがあります。

その中でもマイニング投資は近年注目を集めており、評判や口コミを見ても高評価を得ていることが多くなりつつあります。

しかしマイニング投資といっても、様々な企業がそれぞれのマイニング方法を行っているためどれがいいのかわからないという方も少なくないでしょう。

そんな方々におすすめなのが、マイニングシティでのマイニング投資です。

・マイニングシティはクラウドマイニングを採用

以前までは個人レベルのコンピューターでもマイニングに参加ができ、報酬を得られていました。

しかし、現在はマイニング競争が激化して個人レベルのコンピューター計算能力では追い付かなくなってきました。

そんな時に生まれたのがクラウドマイニングという考え方で、マイニングマシンを並べてマイニング工場を運営するやり方です。

マイニングシティは、クラウドマイニングを運営している企業の中でも世界トップクラスの企業です。

マイニングを行う際にはマイニングマシンなどを購入して機会を運用していく必要がありますが、マイニングシティはマイニングプランを購入した会員向けにマイニングに必要となるハッシュレートのレンタルを行っています。

そうすることで、会員は自分が希望するマイニングプランを購入するだけで手軽にマイニングできます。

また、高性能なコンピューターをみんなでお金を出し合って購入し、マイニング工場全体をシェアしてマイニングプールで新規発行されたビットコインボルトを分配する仕組みをしているのです。

継続的にマイニングシェアができるようにするには、非常に重要な役割と言えます。

・なぜマイニングシティがおすすめなのか

仮想通貨と言っても様々な種類があり、その用途もそれぞれ違います。

そのため、マイニングを行っている企業の中にはビットコインボルトとは異なるマイニングプールも存在します。

数ある仮想通貨の中で、どの仮想通貨のマイニングに参加するのかが重要なポイントになると言えます。

なぜマイニングシティがおすすめなのかというと、価値ある仮想通貨のマイニングに参加して実績があること、継続的にマイニングマシンを増強できる資金力があるか、の2つのポイントを押さえているからです。

マイニングシティはビットコインボルトという次世代の仮想通貨マイニングにおいて世界トップクラスの実績を誇っています。

またコンピューターの性能や計算能力を上げていく仕組みがある点も、おすすめするもう一つのポイントです。

マイニングシティへ参加した出資者からの資金は、継続的にマイニング報酬を安定させるためにマイニングマシンのメンテナンス費用に充てられています。

価格変動を気にすることなく、着実にビットコインボルトを増やしていけるのです。

マイニングシティで収益を伸ばす方法

マイニングシティでは得られる収益が分散されていて、大きく分けて3つあります。

ここでは、その3つの収益についてご紹介しましょう。

・マイニングにより得られる収益

マイニング投資は通常、マイニングにより得られる収益が主になってきます。

マイニングシティも他のクラウドマイニングを行っている企業と同様に、マイニングによって収益を得ることができます。

・マイニングシティ会員を増やすことで得られる収益

マイニングシティでは紹介ボーナスというものが存在し、マイニングシティ会員を増やすことでボーナスとして収益を得られます。

しかしマイニングシティで紹介ボーナスをもらうためには、コツがいるようです。

マイニングシティには大きく分けて、チームツリーとバイナリツリーの2種類があります。

チームツリーは紹介した分だけボーナスを貰えて、バイナリーツリーは紹介者が出た後にアカウント内で自分で配置していくシステムです。

チームツリーは簡単にボーナスを貰えますが、バイナリーツリーは組み方を間違えると貰えるはずのボーナスがもらえなくなるので注意しましょう。

・ビットコインボルトが通貨として価値が上がることで得られる収益

ビットコインボルトが仮想通貨として価値が上がることでも、収益を得られます。

現在のビットコインボルトの価値は上昇傾向にあるため、今後も期待できるでしょう。

坂本よしたか氏の今後の見解と考察

坂本よしたか氏は、クラウドマイニングサービスの中でもマイニングシティBTCVを推しています。

また坂本よしたか氏は、マイニングシティBTCVが今後価値が上がっていくと予想しています。

なぜマイニングシティBTCVの価値が上がると予想しているのか、考察をしていきましょう。

・多くのマイナーを獲得することでさらに大きな取引所へ上場する可能性がある

ビットコインボルトはビットコインの次世代を担う仮想通貨と言われている通り、発展途中の仮想通貨だと言えます。

マイニングをするマイナーの数もまだ多くはないため、ビットコインボルトの価値が上がると共にマイナーも増えていくでしょう。

マイナーが増えることにより、今よりも大きな取引所へ上場できる可能性が高くなります。

坂本よしたか氏はビットコインボルトの将来性に期待していると、考えられるでしょう。

・マイニングシティBTCVは世界トップクラスのコンピューターを保持している

マイニングシティBTCVは、世界トップクラスのコンピューターを保持していて、マイニング工場全体をみんなでシェアしています。
継続的なマイニング報酬を安定させることが、マイニングシティにはできるため坂本よしたか氏はマイニングシティBTCVに期待していると考えられるでしょう。

まとめ

坂本よしたか氏とライトニングプレミアムの振り返り、ビットコインボルトとマイニングシティBTCVについてご紹介してきました。

坂本よしたか氏は、せどりのノウハウを教えるセミナーやアフィリエイトを行い、人生を逆転させた人物です。

さらに、現在は仮想通貨にも注目しています。

特に注目しているのはビットコインボルトで、マイニングシティが発行するマイニングシティBTCVは今後さらに伸びていくと推測しているようです。

その理由として、世界トップクラスの実績を誇っていることと、高スペックなコンピューターの性能を保持していることが挙げられます。

高スペックなコンピューターを保持することで、継続的にマイニング報酬を安定させられます。

しかも世界トップクラスの実績を持っていて、少額から投資に参加できる手軽さも坂本よしたか氏が注目している点だと考えられるでしょう。

今後も坂本よしたか氏が紹介する投資案件について、随時調査していきます。
また新しい情報が入り次第ご紹介していくので、ぜひチェックしてみてください。