坂本よしたか氏が解説しているBTCVとマインベスト社は将来どうなる?

世の中では今BTCV(ビットコインボルト)と呼ばれる仮想通貨に注目が集まっています。

億の資産を持つ大物トレーダーでセミナーにて何人もの億万長者を生み出してきた坂本よしたか氏も、BTCVは今一番熱い仮想通貨と言うほど魅力を持っています。

今回はそんなBTCVと非常に密接な関係にあるとされるマインベスト社との関係性をご紹介していきます。

マインベスト社の将来にも触れていくので、最新の仮想通貨市場を知りたい方はぜひ最後までチェックしてみてください。

 

 

BTCVとマインベスト社の関係性

 

BTCVはマインベスト社によって開発された通貨で、これまで仮想通貨の世界でNo.1の実績を誇っていたBTC(ビットコイン)に変わる存在だとして注目を浴びています。

開発したマインベスト社というのはマイニング事業を取り扱う企業です。

マイニングとは取引データの承認作業のことを指しています。

仮想通貨の多くは暗号資産としてブロックチェーンの技術を用いて非常に安全な取引を実現しています。

出金や取引等など仮想通貨に対して行われた一つひとつのことを、きれいに取引データとして記録していき、取引データは誰も改変することができない程安心安全な機能となっています。

そしてそんな取引データの記録を承認する人をマイナーと呼びます。

マイナーは専用のマシンにて承認を行うことで初めて取引の送受信ができるようになっていたのです。

そんなマイナーが取引承認作業をすることによって、まだ発行されていない新規の暗号資産を報酬として得られます。

それはまるで鉱石の発掘に似ていることからマイニングと名付けられ、多くの人がマイニングからも資産の形成につなげています。

マイニングを取り扱う企業はかつてたくさん存在していました。

日本ではGMOやDMMといった企業が参入していきましたが、残念ながら生き残ることができずに終わってしまったのです。

そもそもマイニングには莫大な電力を要します。

取引データを記録するための記録を、多くのパソコンによって支援してもらうのがマイニングの事業内容ですので、マイニングを扱う企業は常に膨大な量のパソコンを起動していくこととなり非常に電気代がかかります。

電気代の高い日本では生き残れる企業がいなかったということとなり、今でもマイニング事業を続けられる企業は電気代の安い国ばかりが挙げられるのです。

そうした問題点もあって多く合ったマイニング企業はバブル崩壊でなくなりましたが、無事生き残ることができたマインベスト社では、今まであった通貨では多くの人がマイニングで恩恵を得られないとして新たな通貨を開発します。

それがBTCVだったのです。

BTCVとマインベスト社は家族のような関係性であり、マイニング事業によってこれからの仮想通貨で必要とされていることが理解できているマインベスト社が生み出したのですから、人気を集めない理由がありません。

BTCVはBTC以上の安全性でなおかつ取引時間の短縮といった時間調整、さらには分散性にも優れており、少人数の人が多く購入するのではなく、たくさんの人に分散できるシステムを持っています。

これによりマイニングの恩恵を受けやすくなり、たくさんの人がマイニングで資産を増やす喜びを獲得できるようになっています。

 

 

坂本よしたか氏が解説している内容の分析

 

BTCVは数ヶ月で月商1,000万円を手にすることができた実業家、坂本よしたか氏も利用している通貨です。

坂本よしたか氏はこれまでにたくさんの仮想通貨テクニックを見出してきており、それをセミナーにて解説してきました。

そしてBTCVが世に出てからBTCV専門のタイムマシーンプロジェクトというのを発足しています。

これは1100日間のマイニングで多くの資産を形成するプロジェクトです。

坂本よしたか氏いわくタイムマシーンプロジェクトを利用すれば39.6%を目指せるとも述べているのです。

この企画がどのような評価を受けているのかは、まだ実際に試した人がいないようで詳しい内容や評価を見つけることはできませんでした。

しかしながら、39.6%というトレーダーならば注目せざるを得ない数値でしょう。

BTCVがもたらす分散性による高い流動性は、坂本よしたか氏が教えるテクニックによってBTC以上の高い価値を生み出すことはできるでしょう。

それに加えてマイニングを行うのですから、その数字も夢ではないかもしれません。

 

 

BTCVのメリットデメリット

 

BTCVの開発やBTCVを推す人物についてここまでご紹介してきましたが、肝心のBTCVについて詳しく知りたい方もいるでしょう。

続いてはBTCVのメリットやデメリットを解説していきます。

 

・メリット

メリットには様々なことがありますが、特に他の通貨に優れている点というのが安全性です。

これまでシェア率No.1を誇っていたBTCでは所持している分を安全に管理できるよう秘密鍵というシステムを有しています。

この秘密鍵はBTCであると1つなのですが、BTCVにおいては3つになっているのです。

高いセキュリティによる安全性は他の通貨と比べると非常に安心して所持し取引できます。

以前ハッキング問題によって多くの人を苦しめた仮想通貨だからこそ何よりも安全を第一にされています。

そしてBTCVでは承認時間によって得られる安全性も優れており取引時の承認時間に24時間を費やすものの、多くの時間をハッキングリスクに備えることに使われるため、その安全性はより増しているのです。

BTCであれば承認時間は10分でしたので、いくら安全に取引できると言われても24時間の承認時間と比べると何だか不安を覚えることでしょう。

ただアクティブな運用をしたい人のためにBTCVも10分の承認時間に切り替えることが可能です。

どちらも選べる操作性の高さも評価されており、さらには送金のキャンセルも可能であると知ったら、BTCVを選ばないわけがないでしょう。

そして多くの人に分散しやすくが故に通貨価値の変動がアクティブにもなるため、多くの資産を獲得できる可能性だってあるのです。

 

 

・デメリット

一方でデメリットとなると流動性の高さから大損する可能性もあるということが考えられます。

せっかく安全に優れた通貨で運用したとしても、資産をすべて失うほど負けてしまってはトレーダー人生を危ぶまれます。

坂本よしたか氏が解説するテクニックを要すれば億万長者も夢ではないのですが、無知でBTCVに手を出すのは危ないといえるでしょう。

初心者の方はまずは慎重に取引を進めていくようにすべきです。

 

 

将来予測

 

どんな仮想通貨でも将来性がなく、後々誰も手にすることをしなくなったら儲けも何も出ません。

そのため有力なトレーダーは将来性を見据えて通貨を選んでいるのです。

では、気になるBTCVの将来性についてですが、これは大いに期待できるとたくさんのトレーダーが発言しています。

その理由は、たくさんのトレーダーが活用しているマインベスト社が作り出したことや、それによって生み出された画期的な安全機能、そしてマイニング効果が高いことが挙げられます。

これだけトレーダーの期待を寄せるものがBTCVに凝縮されているのですから、将来性がないわけありません。

今は新型コロナウイルスの影響を受けて株式投資や不動産投資から仮想通貨に切り替える人が増えています。

新規参入が多いことから、ますますBTCVを活用する人も増えるでしょう。

多くの人が扱うBTCVとなり、より活性化していくことは間違いありません。

マインベスト社同様に多くの期待に応えるために莫大な資産の数々がトレーダーの理想を実現してくれることでしょう。

 

マインベスト社によって生み出されたBTCVは、仮想通貨の魅力を存分に感じられる通貨です。

これまでの通貨にはなかった機能性と安全性の高さは非常に多くのトレーダーから選ばれる理由です。

坂本よしたか氏も活用している人物の一人で、彼は自身の開発したプロジェクトを併用すれば39.6%もの利益をもたらせるとのこと。

大物トレーダーが称賛するほどのBTCVは今後も市場に大きな影響を与え、BTCに変わる存在となり得るでしょう。

ぜひ、BTCV運用を行ってみてはいかがでしょうか?