坂本よしたか氏も保有?ビットコインボルト(BTCV)は購入すべきか?口コミを分析。

ビットコインボルト(BTCV)は、2019年12月に生まれた新しい仮想通貨です。

仮想通貨が持つ資産としての価値を安全に保管するという目的で、ポーランドに本社があるMINEBEST社によって独自開発されました。

今回は、そんなビットコインボルト(BTCV)は購入すべき仮想通貨なのか、坂本よしたか氏も保有しているのか、口コミにはどのようなものがあるのか、将来性やメリットはどうなのかといった疑問に答えていきましょう。

 

 

ビットコインボルト(BTCV)は購入すべきか?

 

ビットコインボルト(BTCV)は、これまでビットコインの弱点だといわれていた部分をカバーできる仮想通貨として注目を集めています。

まずは、ビットコインボルト(BTCV)は購入すべき仮想通貨なのかという点について見ていきましょう。

 

・ビットコインボルト(BTCV)が支持される可能性があるか

ビットコインボルト(BTCV)のような仮想通貨が多くの人から支持されるためには、幅広い分野におけるコミュニティが重要です。

セキュリティや使いやすさを進化させていく開発者がいるか、プロモーションやマーケティングはどのようになっているのか、仮想通貨の発行を担っているマイニングをする企業や人はどのくらいいるのかといった点を確認する必要があります。

これらの要素がバランスよく整っている仮想通貨は、将来的に支持される可能性が高いと考えられるでしょう。

ビットコインボルト(BTCV)に関しては、まだ発展途上なのでこれらの要素が順次整っていくと考えれば、指示される可能性が高く、購入すべき仮想通貨になり得ます。

 

・進化していくための環境は整っている

ビットコインボルト(BTCV)が進化するための環境は、実はすでに整っています。

開発しているMINEBEST社がOrbs Hexaグループと提携しているからです。

Orbs Hexaグループは、日本でも大きな注目を集めたエイダコイン「CARDANO」の開発を行っていることから、仮想通貨業界を牽引するグループとして知られています。

そんなOrbs Hexaグループが関わっているということは、ビットコインボルト(BTCV)が大きな成長を遂げる可能性は非常に高いと言えるでしょう。

 

・マイニングマシンの開発企業と複数提携している

安定したマイニングを実現するためには、マイニングマシンの供給力が重要なポイントになります。

マイニングマシンを開発・提供している企業はいくつもありますが、その中の1社だけに頼っている仮想通貨はリスクが高いです。

しかしビットコインボルト(BTCV)を開発したMINEBEST社の場合は、BITMAIN(ビットメイン)、Canaan Creative(カナン・クリエイティブ)、Innosilicon(イノシリコン)、MicroBT(マイクロBT)と提携しています。

そのため、より安定したマイニングマシンを供給できていることが分かります。

 

 

■坂本よしたか氏も保有?

 

坂本よしたか氏は、BTCVプロジェクト(タイムマシーンプロジェクト)をプロデュースしています。

これは、ビットコインボルト(BTCV)を1,100日間毎日もらえるというもので、無料で公開されていました。

ビットコインボルト(BTCV)を提供するようなプロジェクトを手掛けているということは、坂本よしたか氏自身もビットコインボルト(BTCV)を保有していると考えられます。

なぜかというと、そうでなけれればプロジェクトに参加した人にビットコインボルト(BTCV)の魅力やメリットを伝えることができず、プロジェクト自体に魅力を感じてもらえない可能性が高くなってしまうからです。

そのようなことを踏まえて考えてみると、坂本よしたか氏も保有していると考えられるのです。

 

 

■口コミを分析

 

ビットコインボルト(BTCV)の購入を迷っている人の中には、その口コミについても知りたいと考えている人が多いはずです。

そこで続いては、ビットコインボルト(BTCV)の口コミを分析していきましょう。

 

“ビットコインボルトが怪しいと思ってる人も結構いると思います。。。。

その意見はよく分かるし自分自身絶対安全!とは言いきれません。

しかし、事実少しずつ確実に価格は上昇しています!

早く始めれば始めるほど元本回収は早まりリスクも減ります。DMで相談等どうぞ!

#BTCV

#マイニングシティ”

引用元:https://twitter.com/dadadadadada81/status/1297677590384111617

 

ビットコインボルト(BTCV)を含む仮想通貨に対して怪しいのではないかと不安に感じる人は確かにいます。

しかし、仮想通貨に限らず私たちの身の回りにはリスクが全くないものは基本的にありません。

そんな中で少しずつでも上昇しているビットコインボルト(BTCV)は魅力的だと感じる人もいるのです。

 

“個人的には紹介勧誘なんかせずに自身で利益出た分一部再投資してアカウント下に増やしていった方が、心情的にも利益的にもGOODかなと。

自分はそれで原本回収し切りました。

あとは利益だけ^^/

「前からやってるのに原本回収できないのあり得ない」と書いてる方いましたが、この月利でどこまで下手にやるとそうなるのか謎です。。

ちゃんと自分で算数の計算や情報が取れてないんじゃないかと思います。”

引用元:https://tsukahikaku.com/hyip/city/

 

ビットコインボルト(BTCV)のマイニングを行っているマイニングシティにはこのような口コミが寄せられています。

ビットコインボルト(BTCV)自体まだ生まれたばかりの仮想通貨なので、まだ成果を感じられていないという人も少なくありません。

しかしこの口コミにあるように、原本回収ができている人もいます。

そのため、ビットコインボルト(BTCV)での投資は将来的に見ても見込みがあると考えられます。

 

 

■将来性やメリットを解説

 

ビットコインに関するプロジェクトの多くは、決済手段として便利な機能性を高めてくことを目標とするものです。

しかしそのような目標を持っているにも関わらず、実際は価値の保存手段として使っている人の方が多くなっています。

そのような状況の中でビットコインボルト(BTCV)は、価値の保存手段としてのメリットを活かすための変更を加えて、世に送り出されました。

買い物をした時の支払いに使うことはできないため万能な仮想通貨とは言えませんが、将来的にもその価値を残し続けるための保存手段としては最適な仮想通貨なのです。

これまでビットコインに関しては、どのような目的を持って使用すべきなのか議論されることが多く見られました。

交換や決済の手段として優れた仮想通貨なのか、価値の保存手段として優れた仮想通貨なのかという2つの意見で議論されてきました。

今もその議論は続いていて、答えは出ていません。

しかしビットコインボルト(BTCV)は、ビットコインが持っている価値の保存手段としてのメリットを活かす仮想通貨として生み出されたため、価値の保存手段として優れた仮想通貨だと言えます。

 

ビットコインボルト(BTCV)は、世に送り出されてから間もない仮想通貨ではありますが、世界的にも大きな注目を集めています。

現在も9つの取引所に上場していますが、今後はさらに多くの取引所に上場する可能性も高いでしょう。

そのため、将来性も期待できる仮想通貨だと言えます。

 

 

2019年12月に生まれた新しい過疎通貨・ビットコインボルト(BTCV)は、これまでの仮想通貨とは違い、資産としての価値を安全に保管するという目的で開発されました。

坂本よしたか氏もビットコインボルト(BTCV)を活用したBTCVプロジェクト(タイムマシーンプロジェクト)というプロジェクトをプロデュースしていることから、保有していると考えられます。

そんなビットコインボルト(BTCV)は、ビットコインのメリットをより強化した仮想通貨となっていて、世界的にも大きな注目を集めています。

そのため、将来性もかなり期待できる仮想通貨だと言えるでしょう。

坂本よしたか氏のSNSを以下にまとめたので、気になる方は見てみてください。

YouTube

LINE

Instagram

Twitter

Facebook