再生可能エネルギーで注目を集めるアール・エス・アセットマネジメント株式会社|

~1.事業内容編~

 

アール・エス・アセットマネジメント株式会社は、高村勇一が代表を務める会社で、太陽光発電などの再生可能エネルギーを活用した事業を行っています。

再生可能エネルギーというと、エコなイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。

クリーンなエネルギー開発を行い、少子高齢化や過疎化が進んでいる地域の活性化にもつなげられる可能性を秘めている事業は、現在の日本社会に必要なものだということもできるでしょう。

しかし、アール・エス・アセットマネジメント株式会社という会社がどのような経歴を持ち、具体的にどにような事業を行っているのかを知っている人はそこまで多くないはずです。

そこで今回は、アール・エス・アセットマネジメント株式会社の事業内容をメインにご紹介しましょう。

 

 

アール・エス・アセットマネジメント株式会社について

 

アール・エス・アセットマネジメント株式会社は、2013年3月に設立された会社です。

太陽光発電設備などの再生可能エネルギーファンドに対して、アレンジメント事業やインベストメント事業、それに付随する関連業務を行っています。

そんなアール・エス・アセットマネジメント株式会社は、2011年3月に発生した東日本大震災で日本の電力供給に対する考え方を改めなければいけないという考えのもと設立されました。

これまでの安さを求めた電力供給ではなく、質を向上させた電力供給が必要な時代がやってくると考えたのです。

質の高い電力を供給するためには、太陽光発電のような安全でクリーンな電力供給が必要になると考えたアール・エス・アセットマネジメント株式会社は、太陽光発電設備などの再生可能エネルギーに特化した事業を手掛けています。

それだけではなく、日本のインフラ改革への交換も考えています。

 

現在日本では、太陽光発電のコストが下がってきていますが、欧州諸国と比べるとまだまだ割高です。

そのため、これまでの安さを兼ね備えた状態で、再生可能エネルギーによる電力供給が求められるということになるでしょう。

アール・エス・アセットマネジメント株式会社では、そのような課題をクリアできるような試みも行っています。

例えば、少子高齢化や過疎化が進んでいる地域において、地域行政や住民の理解を得ながら、遊休地の有効活用をするといった取り組みがその1つです。

そのような取り組みをすることによって、地方創生にもつながります。

つまり、安く質の高い電力供給を実現させるだけではなく、日本の活力を高めるためにも効果的な事業をアール・エス・アセットマネジメント株式会社が行っていると言えるのです。

 

アール・エス・アセットマネジメント株式会社の事業では、コストを抑えたクリーンなエネルギー供給を実現できます。

ただコストを抑えたクリーンなエネルギー供給を実現するだけではなく、それを継続していくための事業も行っています。

そのため、再生可能エネルギーを活用した事業で、日本の未来をより良くしようと考えている会社だと言えるのです。

再生可能エネルギーの分野でさらなる発展を続け、日本の電力供給を変化させていくことが期待されます。

 

このようなことから、アール・エス・アセットマネジメント株式会社は、未来を見据えたエネルギー開発に従事している会社だということがわかります。

実績もある会社なので、きちんとした事業を行っていると言えるでしょう。

 

これまでの経歴や経営理念について

 

アール・エス・アセットマネジメント株式会社は、これまでにいくつもの再生可能エネルギー設置を行ってきました。

続いては、アール・エス・アセットマネジメント株式会社の経歴・沿革や経営理念をみていきましょう。

 

 

■アール・エス・アセットマネジメント株式会社の経歴は?

 

アール・エス・アセットマネジメント株式会社は、2014年8月に長崎県南島原市に最初の太陽光発電設備を設置しました。

その出力規模は、1,100.0kWです。

その後は、完工予定も含めると北海道・東北地方に8ヶ所(北海道、青森県、福島県、山形県、宮城県、岩手県)、中部・北陸地方に14ヶ所(静岡県、山梨県、新潟県、富山県、長野県、愛知県、三重県、石川県)、関東地方に29ヶ所(栃木県、茨城県、千葉県、埼玉県)、近畿・中国・四国地方に14ヶ所(岡山県、山口県、兵庫県、鳥取県、愛媛県、奈良県、和歌山県、広島県)、九州地方に12ヶ所(長崎県、熊本県、鹿児島県、福岡県、大分県)に設置しています。

太陽光発電以外にもバイオマス発電や風力発電に関する事業も行っていて、バイオマス発電は2ヶ所、風力発電は3ヶ所に設置されています。

 

 

■アール・エス・アセットマネジメント株式会社の経営理念は?

 

アール・エス・アセットマネジメント株式会社は、「安全かつ安定した電力供給への貢献」という経営理念に基づいた事業を展開しています。

アール・エス・アセットマネジメント株式会社の事業は、再生可能エネルギーの普及を大きな目的として掲げていまするため、このような経営理念が生まれたのでしょう。

再生可能エネルギーへの投資を行うことで、再生可能エネルギーが普及していくことを期待した事業を展開していると言えます。

アール・エス・アセットマネジメント株式会社が経営理念に基づいた事業を覆ない、安全で安定した電力が供給されるようになると、再生可能エネルギーの電力供給の割合が増えます。

つまり、アール・エス・アセットマネジメント株式会社が展開するアレンジメント事業やインベストメント事業によって、業界自体が活性化することも期待されているのです。

 

 

事業分野をざっくりご紹介

 

アール・エス・アセットマネジメント株式会社のメイン事業は、アレンジメント事業とインベストメント事業で、太陽光発電やバイオマス発電、風力発電などの再生可能エネルギーを活用した電力供給の開発や設置を行うというものです。

最後に、アール・エス・アセットマネジメント株式会社の事業はどのようなものかみていきましょう。

 

■アール・エス・アセットマネジメント株式会社のアレンジメント事業とは?

 

アール・エス・アセットマネジメント株式会社のアレンジメント事業は、アセットマネージャーが中心となり、ファンドストラクチャー構築業務や運営管理業務を行う事業です。

「安全かつ安定した電力供給への貢献」という経営リネンに沿ったスキームを構築するためのも必要な事業だと考えられています。

アール・エス・アセットマネジメント株式会社は、投資家に大きなリターンをもたらせるような仕組みを構築するためにも、ファンドストラクチャー構築業務や運営管理業務に力を入れていると言えるのではないでしょうか。

アール・エス・アセットマネジメント株式会社と投資家、双方にとってより良い未来を実現しようと考えているとも言えるでしょう。

 

 

■アール・エス・アセットマネジメント株式会社のインベストメント事業とは?

 

アール・エス・アセットマネジメント株式会社は、太陽光発電設備を持つ特別目的会社に対して、匿名組合出資を行うことで、安定した収益の確保を目指しています。

アール・エス・アセットマネジメント株式会社では、匿名組合出資を採用しているため、投資のリスクを下げられます。

これから投資を始める人にとっても、優しい取り組みをしている会社だということがわかります。

 

 

■アール・エス・アセットマネジメント株式会社が手掛ける再生可能エネルギーは?

 

アール・エス・アセットマネジメント株式会社は、太陽光発電、バイオマス発電、風力発電などの再生可能エネルギーを活用した電力供給の開発や設置を行う事業も展開しています。

その他にも、地熱発電や水力発電に関する事業も行っています。

アール・エス・アセットマネジメント株式会社には豊富な実績があり、そこで培ったノウハウや情報を活かした事業を行っていると言えるでしょう。

今後も、ニーズに応えたサービスの展開が期待されます。