白石達也のリバティーレジデンツと仮想通貨の見極め方

こんにちは!

本日は、白石達也のリバティーレジデンツと仮想通貨についてご紹介していきます。

読者の皆様は仮想通貨についてどれほどご存知でしょうか?

実際にコインを保有されている方もいれば、興味はあるけど取引はしたことがないという方もいらっしゃるでしょう。

リバティーレジデンツは仮想通貨投資に関する幅広い情報を提供するコンテンツでもあります。

ただ、仮想通貨の中には投資すべきコインだけではなく、詐欺目的のコインも少なくありません。

どうやって見極めるべきなのでしょうか?

今回は白石達也のリバティーレジデンツだけではなく、仮想通貨の見極め方についてもまとめてご紹介していきます。

仮想通貨について興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

白石達也のプロフィールと経歴

白石達也は、若くして有名になった実業家として知られています。

しかし、白石達也に関してそれ以外のことを知っている人は少ないのではないでしょうか。

まずは、若くして成功した白石達也のプリフィールや経歴をご紹介しましょう。

 

白石達也のプロフィール

1986年生まれの白石達也は、某大手航空会社に勤める父と外資系会社のコントローラーの母の間に誕生しました。

非常にエリートな家庭に育ち、進学校に進むなど優秀な成績をおさめていました。

学生時代は、中国の古典や論語に深い興味を示しましたが、身だしなみやおしゃれには興味がなかったため、いじめの標的になり辛い時間を過ごしていました。

高校卒業後は早稲田大学商学部に入学します。

しかし、学校の教育方針に対して大きな疑問を抱きます。

それらの出来事から白石達也は、大学卒業後に教育のあり方や資産作りの大切さに目を向けるようになりました。

そして、様々なセミナーで自己啓発やビジネスを学び、自分自身の考え方を認め、起業することに決めたのです。

地道に学び、努力を続けた結果、白石達也はIROASを創立して成功したということになります。

 

白石達也の経歴

早稲田大学商学部を卒業した白石達也は、在学中からソフトウェアの開発・販売を行っていました。

それをきっかけに、情報商材の販売ビジネスを考え始めたということになります。

学生時代にはしっかりと学び続けていましたが、白石達也が成功できたのは良書に出会えたことも大きな要因となっているのではないでしょうか。

特に、「感情は出した人の方が好かれる、人間は自分が考えたような人間になる」というフレーズに心を打たれ自己啓発書は大きな影響を与えています。

大学卒業後は、父が働いている会社が倒産の危機にさらされたことで、大企業に就職することができても将来的な安定を得ることは難しいと感じるようになります。

自分自身でお金を稼ぐことの大切さを知った白石達也は、伊勢隆一と村上むねつぐの存在を知り、200万円のパートナーズクラブに入会、神龍プログラムの販売を開始しました。

そして代表作である「ランドオブハンモックYouTuber」で記録的な売り上げを残したのです。

インフォトップという情報商材販売の人気サイトで販売され注目を浴びた「ランドオブハンモックYouTuber」は、No.1の人気教材として選ばれるようになっていきます。

「ランドオブハンモックYouTuber」が販売された頃、YouTuberとして収入を得ている人はほとんどいなかったため、非常に注目されました。

斬新な発想が売り上げや知名度を向上させる要因になったのでしょう。

 

現在の白石達也の肩書

白石達也は、IROASというネットでビジネスを学ぶことができるサイトを立ち上げ、運営しています。

IROASでは、著名な実業家からビジネスに関係するノウハウなどを学ぶことができます。

コンテンツも充実していて、コピーライティングやニューロマーケティング、ワードプレスの運用方法、動画制作、医学的に証明された健康学、情報資産の構築方法、古来より伝達される人間のバイオロジーサイクル、深層心理テクニックのメンタリズム、資産構築戦略、集客全般、英語など、多くのことを学べる仕組みが作られています。

その他にも、ネットビジネスに関係する知識や技術を公開し、多くの人に提供しています。

 

白石達也は、周囲から自分の存在を認められず自信を喪失した学生時代を経験しています。

その経験があるからこそ、自由を獲得する喜びを感じ、より多くの人が幸福と自由を手にすることができる教育を作ろうと考えました。

情報商材の他にも多くの起業家をサポートするためのコンサルタント活動をしたり、プロのビデオプロモーターとしての活動も続けています。

 

 

白石達也のリバティーレジデンツとは

リバティーレジデンツは、白石達也が手がけているサービスの1つです。

このサービスは、新しい収入スタイルを確立できるよう学べるプログラムを提供することができるため、今まで会った教材とは全く異なります。

そんなリバティーレジデンツは、IROASで学べるプログラムですがIROAS会員でなくても購入することは可能なので、興味があればチェックしてみましょう。

 

リバティーレジデンツとは?

リバティーレジデンツのテーマは、居住地の自由を手にすることです。

そのため、自由を手にするために質の高い情報を手に入れることができるコンテンツとなっています。

リバティーレジデンツは、仮想通貨に関する専門的な知識を学べるサービスとなり、投資する方法や節税するためのポイントなど幅広く学べるので、仮想通貨に対する知識がゼロであっても安心して知識を習得することができる仕組みになっています。

また、学ぶための柱は、インターネットビジネス・投資・旅行・移住・節税・語学の6種類です。

特にインターネットビジネスと投資には力を注いでいるので、興味をお持ちであれば活用してみると良いでしょう。

 

専門的な知識を学ぶ方法とは?

上記のような幅広い知識を習得するためにリバティーレジデンツはどういった教材を利用しているのかチェックしていきましょう。

仮想通貨に関する専門的な知識としては、100ページほどのPDFファイルを用意されています。

専門的な知識や基本的な事柄もまとめてあるので、仮想通貨初心者の方であっても読むだけで知識を習得できます。

また、3時間ほどのビデオトレーニングコースも用意しています。

読むだけではなく、目で見て耳で聞きながら学べるので、より知識を習得しやすくなるはずです。

その他にも、毎月配信されるニュースレターでも学ぶことができます。

仮想通貨に関することや投資に関することなど、自由を手に入れるために役立つ情報がリバティーレジデンツにはたくさん盛り込まれているので様々な方法で成果の出る学びを深めることができるでしょう。

 

リバティーレジデンツで学べる仮想通貨を成功させるためのポイント

リバティーレジデンツでは、仮想通貨の投資を成功させるために4つのポイントを大切にしています。

それは、なくなっても良い金額を投資に充てること、出口をしっかり決めておくこと、堅実タイプか一発逆転タイプか投資スタイルを決めておくこと、投資のスタイルに最適なポートフォリオを組むことの4つです。

また、リバティーレジデンツではその他にも長期的に資産を増やすことができるオプトインATMシステムを導入しているため、収益が徐々に安定していくはずです。

 

リバティーレジデンツはどんな仕組み?

リバティーレジデンツは、専用のサイトに会員登録することで、様々な講座を受講することができるようになります。

パソコンとインターネットがあれば、好きな場所や時間に学ぶことができるので、仕事や家事の合間にも受講可能です。

また、リバティーレジデンツでは毎月ビジネスアイデアやオプトインATMシステムの稼働ポイントなどを知ることができるレポートを毎月受け取ることができます。

それだけではなく、投資関係の情報や株式を売買するタイミングなど、今後の動きに関するアドバイスも入手できます。

リバティーレジデンツでは、このようにお金を稼ぐために知っておきたい経済の仕組みを好きなタイミングで学ぶことができるだけではなく、仮想通貨に関する正しい知識を身につけることができるでしょう。

 

リバティーレジデンツであれば、オンライン講座で学習することができるため、ちょっとした空き時間を活用することも可能になります。

仮想通貨や経済に関する正しい知識を知り、自由に生きていくためのポイントを知ることができれば、世界のどこにいても不自由なく充実した生活を送ることができるはずです。

 

 

仮想通貨には良いものと詐欺を目的としたものがある

2017年頃を境に仮想通貨のバブル期が到来し、あらゆる仮想通貨や暗号通貨の価格高騰が起こりました。

ビットコインやイーサリアム、リップルなどメジャーコインと言われる仮想通貨以外に、ほとんど詐欺に近いような仮想通貨が着眼たことも事実です。

話題性のある仮想通貨が詐欺や犯罪に使われやすい理由としては、知識がなく技術が理解できていないという部分が大いに考えられるでしょう。

そこで、粗悪な仮想通貨の実態や見分け方についてもご紹介していきます。

 

ICO詐欺による仮想通貨の被害が続出

仮想通貨が話題になってから、仮想通貨やICO詐欺の被害が相次いでいます。

ICO(Initial Coin Office)は仮想通貨を使った資金調達のことを言いますが、仮想通貨は世に普及している期間がまだ浅いため、ルールや規定の整備が追いついていない状況です。

大袈裟に言うならば、実質無法地帯の状態と言ってもおかしくないでしょう。

そこにつけ込み「必ず高騰する」と証言しても現状では、罰する法律は存在していません。

さらに仮想通貨の場合は、お金のように現物がないので詐欺かどうかという見分けがつきにくいのです。

これらの理由から詐欺目的で仮想通貨に目をつける人が急増しており、特に投資初心者は被害に遭ってしまう可能性を高めてしまっているのではないでしょうか。

 

ICO詐欺や怪しい仮想通貨を見分けるには?

仮想通貨の被害遭わないために、ここでいくつかの見分けポイントについてご紹介していきます。

 

セミナーで勧誘を行っているかどうか

詐欺で最もよくある手口で、友人に誘われて投資するというパターンは非常に多いです。

良い仮想通貨はセミナーを開かなくても自然に投資する人が集まってくるものです。

報酬を払ってまで人を集める必要がないので、セミナーや勧誘が行われているようなら詐欺だと疑っても良いと言えるでしょう。

 

ホワイトペーパーが存在しているか

ホワイトペーパーとは、仮想通貨の概要や開発計画などの詳細が確認できる計画書のようなものです。

このホワイトペーパーがない場合は詐欺の可能性が高いので、積極的に購入することはおすすめしません。

 

価格保証や買取保証がある

仮想通貨というのは、お金や不動産のように現物が実在しません。

資金を集める状態にも関わらず、保証があるということをアピールすること自体おかしい行為とも言えます。

少なくともICOにおいては保証はありませんので、価格保証や買取保証を謳ってくるバイヤ―は詐欺の可能性が高いです。

 

上記の項目に該当する・しないで詐欺の可能性を断定できませんが、詐欺に騙されるリスクが少なくなることは確かです。

仮想通貨で詐欺に遭うのは「知識不足」が大きな要因になります。

優良な仮想通貨と粗悪な仮想通貨の違いを比較しながら、詐欺の見分け方を自分なりに考察してみてください。

 

 

正しく仮想通貨を見極めるポイント

近年、仮想通貨による決済ができるお店も増えています。

特にビットコインは有名ですが、仮想通貨自体は数千種類もあると言われています。

非常に数が多い仮想通貨は、誰でも作ることができるのですが、正しい仮想通貨を見極めないとトラブルに発展してしまう可能性もあるので注意が必要です。

正しく仮想通貨を見極めるポイントについてもご紹介していきましょう。

 

仮想通貨を見極める最も大切なポイント

正しく仮想通貨を見極めるために大切になるポイントは、数ある仮想通貨の中で価値が高まりそうなものを選ぶことです。

価値が高まっていくことによって、大きな利益を得ることができるからです。

しかし、価値が下がってしまったり、トラブルを抱えている仮想通貨に手を出してしまうと、資産は一気に無くなってしまうことでしょう。

仮想通貨を始めたばかりの人は、見極め方が分からないことが多いですが、知名度の高い仮想通貨であれば基本的に価値が急激に下がることはないはずなのでおすすめできるといえます。

また、仮想通貨の価格がどのように変動しているのかをチェックすることも大切です。

仮想通貨取引を行っている人に話を聞いてみたり、ネットなどで色々な情報を収集することで、仮想通貨に関する知識を得ることができ、正しく見極めることができるようになります。

 

正しい情報と新しい情報を手に入れる

仮想通貨を正しく見極めるためには、正しい情報と新しい情報を手に入れることができるかどうかも大切です。

仮想通貨自体がまだまだ歴史が浅いため、正しい情報を手に入れるのは難しいかもしれません。

また、仮想通貨をトレードする人口も増えているため、仮想通貨の数も増えています。

さらに、仮想通貨を利用したサービスが増えたり、仮想通貨を取り扱っている企業が増えていることもあり、新しいルールも生まれているのです。

そのため、新しい情報をチェックすることも正しく仮想通貨を見極めるためには必要になります。

 

行き残ることができる仮想通貨は?

バブル最盛期ではどの企業に投資をしても急騰していくという動きがありました。

しかし、市場はバブル崩壊が崩壊したことによって急落してしまい、ドットコム企業の多くは倒産することになってしまいます。

そんなドットコム企業の中でも、残留したのが「Softbank」「Apple」「楽天」「Amazon」「Google」「Facebook」で、今では正当な企業として進化しインターネットが定着しています。

仮想通貨の世界はこの業界と酷似していて、バブルが崩壊しても定着する動きが見られています。

なぜなら、インターネットと親和性も高く、お金としても優れた利点がたくさんあるからだと考えられます。

お金の支払いをプログラムで組むこともできますし、海外との取引も簡単に行うことができるため、利用する人が多くなっているのでしょう。

「グローバル化」や「ビッグデータ化」、「IoT」が発達している世界の流れを見た時、仮想通貨はますます発達していくことでが予想されます。

ただし、ドットコムバブルが崩壊した時のように、生き残れるのは本物の仮想通貨の知識で取引をした場合のみということになることも視野に入れておかなければいけません。

 

今後もしばらくは、仮想通貨の値上がりが衰えることはないでしょう。

仮想通貨は長期的に見ても発達していくことが予想されているため、継続的に仮想通貨を続けるためには、正しい知識がなければ難しくなってしまう可能性があります。

市場規模が拡大するにつれて投資家も多く参入していくため、不安定になることも考慮する必要があるでしょう。

さらに、どのように対処していけば良いのか今後の市場動向や法的な課題、システム的な問題を解消すべく、仮想通貨のプロセスをマスターしておくことで正しく仮想通貨を見極めることができるはずです。

 

 

今回のまとめ

ここまで白石達也のプロフィールや経歴、彼が手がけるリバティーレジデンツの特徴などについてご紹介してきました。

さらに仮想通貨のノウハウを高めるために、詐欺を目的とする仮想通貨の特徴についても触れてきました。

仮想通貨を見極めるための重要なポイントもいくつかご紹介したので、白石達也が提供する情報教材についても理解しやすかったのではないでしょうか。

 

白石達也自身も、仮想通貨に関する知識や情報を公開していますが、初心者が参入するには少し高度な取引だと考えています。

一方、白石達也が開発した「リバティーレジデンツ」という教材プリグラムでは、お金にまつわる歴史をはじめ仮想通貨が誕生するまでの経緯や将来性など基礎的な仕組みを解説しているため、初心者でも参入しやすいといったメリットが得られるようです。

 

リバティーレジデンツで学べることは、仮想通貨に関する専門的な知識も含まれますが、インターネットビジネス、旅行、移住、投資、節税、語学など国外でも安心して暮らしていける知識を習得することができます。

どういった手法で仮想通貨と向き合っていけばよいのかというちょっとしたコツや工夫も解説しています。

リバティーレジデンツは、仮想通貨と同様にインターネットを活用したオンライン講座が基本です。

パソコンやタブレット、スマートフォンがあればいつでも学ぶことができるので、空いた時間や隙間時間に効率良く学ぶことができるでしょう。

 

さらに白石達也は、仮想通貨に関する教材プログラムだけでなく仮想通貨が誕生したこれまでの歴史についても深く追求しています。

「なぜここまで仮想通貨の需要が高まってきているのか?」という彼自身が抱いた疑問を解明していくことによって、仮想通貨の目的や本質的なところを理解していくことにもつながるからなのでしょうか。

彼は「P2Pネットワークでの分散処理」や「秘密鍵によって暗号管理されている」ということを仮想通貨の基盤と考えています。

さらに近い将来、仮想通貨は法定通貨に変わっていくものだということを彼は断言しています。

実際に企業と企業の取引を仮想通貨によって商品購入して決済する方法が用いられているようです。

彼は仮想通貨の将来性を見据えた上で、多種多様な教材プログラムを作り続けているのでしょうか。

今回の記事を読んだことをきっかけに、白石達也が開発したリバティーレジデンツに興味がある方は、彼の仮想通貨取引についての持論や習得プログラムに取り組んでみることをおすすめします。