KRGホーム株式会社って?貸別荘の魅力や評判などをご紹介!

皆さんは、KRGホーム株式会社がどのような会社かご存知でしょうか?
KRGホーム株式会社は、一般住宅をはじめ、貸別荘や温泉付き分譲地などを手掛けています。

「これからの人生を楽しむ家」をコンセプトに掲げ、ライフスタイルに合った理想の家づくりを行っていることが特徴です。
これからの人生を楽しむ家というのは、一体どのような住まいを指すのでしょうか?

そこで今回は、KRGホーム株式会社の会社概要や手掛けている住まいについてご紹介していきましょう。
KRGホーム株式会社がどのような会社が気になっている方や、別荘や貸別荘に興味があるという方はぜひこの記事を参考にしてみてください。

KRGホーム株式会社とは?

KRGホーム株式会社設立されたのは、平成19年12月10日です。
本社は東京都港区に構えており、大阪府には分譲地管理を行うグループ会社「KRGランド株式会社」があります。
では、KRGホーム株式会社の業務内容を見ていきましょう。

■KRGホーム株式会社の業務内容

住宅の企画・設計・施工・運営などに携わっているのは、住宅メーカーの特徴ではないでしょうか?
そんな中、KRGホーム株式会社の業務内容にはどのような特徴があるのかご紹介していきます。

まず、KRGホーム株式会社は、2×4工法を住宅設計している2×4UNITE住宅を手掛けているのが特徴です。
2×4工法は柱のない広々とした空間が実現できる工法であり、大手住宅メーカーも採用しています。
強度が高い上、ランニングコストを考えた設計が可能です。

また、住宅展示場の企画・施工運営や、一般建築・ログハウスの建築技術における研究や建築譲渡業務・建築資材や建設機器の販売、地域開発・都市開発、シェアハウスの企画・設計・施工・運営・コンサルティングなど業務は多岐に渡ります。
不動産の流動化を進めるため、売買・仲介・タイムシェアシステムのコンサルティングなども行っています。

■シニア世代を対象にしている

「これからの人生を楽しむ家」とは、老後を迎えたシニア世代を対象にした住まいを指します。
KRGホーム株式会社は、セカンドライフを楽しむ家にするために、リゾート住宅専門会社として充実した人生を送ってほしいと考えているのです。

セカンドライフを考える上で重要となるのが住まいを計画する環境ではないでしょうか?
その方によって、老後をどのように過ごすか理想は変わります。
自然に囲まれた環境で暮らしたい・温泉の近くで暮らしたいなど、老後の人生を歩もうとするシニア世代にとって居心地が良いと感じる家にすることが大切です。

KRGホーム株式会社は、夫婦2人で暮らす家シリーズの提案を行っており、これまでの設計思想の概念に捉われることなく、自由にオリジナル住宅を計画しています。

・掃除がしやすい
・1人の時間も大切にしたい
・動物と暮らしたい
・開放的なベランダが欲しい
・自由に使える多目的スペースが欲しい
・家庭菜園を楽しみたい

こうした様々な要望やニーズに応えることこそが、これからの人生を楽しむ家につながっているのです。
KRGホーム株式会社は、これから第2の人生を歩むという2人に、魅力的で理想の家を叶えようと考えています。

KRGホーム株式会社の「貸別荘」や「温泉付分譲地」とは?その評判は?

貸別荘と言うと、富裕層でなければ所有できないものと感じる方もいるかもしれません。
そんな中、KRGホーム株式会社は和歌山県の南紀白浜エリアに目を向け、誰でも貸別荘の運営に携われるようサポートを行っています。
和歌山県は、旅行先検索ランキングでトップになり、中でも南紀白浜エリアは過去10年で最高の観光客数を実現しています。
このエリアは、日本三古湯の温泉地であり、アドベンチャーワールド・とれとれ市場など観光スポットが豊富で、都会からのアクセスも良好です。

しかしその一方で、宿泊施設不足が懸念されているため、貸別荘運営が注目されているのです。
貸別荘は、毎月の収入を得てセカンドライフを豊かにできるという魅力があります。
別荘を持ちながらも、貸別荘として運用すれば、ローン返済の負担軽減にもつながるでしょう。

また、KRGホーム株式会社では温泉付分譲地も展開しています
世界的に愛されている土地、静岡県あじろ南熱海が丘に目を向け、所有する全区画を温泉付分譲地としたのです。
自宅でかけ流し温泉が堪能できるほか、土地が安いため温泉プールを作ることもできるのが特徴です。
あじろ南熱海が丘は首都圏からのアクセスも非常に良く、毎年多くの観光客が訪れています。
自然豊かな立地で、毎日温泉が楽しめる温泉付分譲地は全国に多くはないでしょう。

KRGホーム株式会社の分譲地は、管理事務所やセキュリティセンターを完備しており、巡回パトロールや防犯カメラ設置など、セキュリティ対策も万全です。
災害時やトラブルなどの際には、管理会社が対応してくれるので安心できます。

共有施設が充実しているのも特徴で、ドッグランやパークゴルフ、公園などがあり、住んでいるうちにその周辺が発展していく可能性が高いです。
水道・道路といったインフラ整備はもちろん、安心安全の住環境はKRGホーム株式会社ならではと言えるでしょう。
特に、あじろ南熱海が丘は、都会の喧騒を忘れストレスのない非日常空間が実現できる場所でもあります。
山や海に囲まれて、豊かな人生を送っていきたいと考えている方にとって、魅力的な分譲地と言えます。

このように、KRGホーム株式会社はシニア世代を対象により有意義な生活を送ってもらえるよう、オリジナル住宅や貸別荘・温泉付分譲地などを幅広く展開しています。
後述しますが、近年では南紀白浜エリアの白浜ホープヒルズが注目を浴び、人気が出てきています。
プライベートを大切にし、セカンドライフを存分に楽しめるような提案をしているKRGホーム株式会社は、シニア世代の心強いパートナーと言えるでしょう。

「白浜ホープヒルズ」について調査

広大な海を眺めつつ温泉を楽しめるリゾート地として知られる和歌山県南紀白浜地域には、KRGホームが運営している「白浜ホープヒルズ」があります。
まずは「白浜ホープヒルズ」についてご紹介していきましょう。

■和歌山県の南に位置する南紀白浜

和歌山県の南側に位置する南紀白浜は年間を通して穏やかな気候であり、海や山に囲まれた自然の多い地域です。
降水量も少なめで、リゾート地としても最高の天候で快適な環境に恵まれています。

南紀白浜を代表する海水浴場「白良浜」からも近く、西日本のハワイのような存在であり、大きな魅力の1つでもあります。
白良浜の砂は、オーストラリア西海岸から運ばれてきた砂であるため、サラサラの白砂で夏になると青い海とのコントラストがとてもきれいなことで有名です。
白良浜が多くの人に愛されていることで、2000年の夏にはハワイ州ホノルル市のワイキキビーチと友好姉妹提携を結ぶまでに至りました。
日本だけでなく世界からも愛されているということが言えるでしょう。

■白浜ホープヒルズの貸別荘

南紀白浜の魅力をお伝えしたところで、白浜ホープヒルズの貸別荘の魅力についてご紹介していきましょう。

・青葉61号棟

最大定員10名まで宿泊できる青葉61は、自然豊かな街並みと海が見渡せる貸別荘です。
広々とした2LDKの間取りには、和室や陶器風呂など趣深い設備が揃っています。
また、最新デザイナーズ物件なのでまるで新築物件で生活しているような、気持ちの良い気分で過ごせるでしょう。
なお、青葉61からアドベンチャーワールドまで徒歩1分の立地となっているため、アドベンチャーワールドにも遊びに行きたいという方にもおすすめです。

・銀杏45号棟

銀杏45号棟は木の香りを存分に満喫できるような、木目調の内装となっている貸別荘です。
2階にはロフトもあり、まるで隠れ家的な感じで使うことができるでしょう。
ウッドデッキが用意されており、そこからは白浜の海も望めます。
こちらはペットOKの物件で、別料金を支払う必要がありますが、お手頃な価格でペットと素敵な時間を過ごせるでしょう。

・海風

海風は定員5名(最大8名まで)が利用できる2LDKの貸別荘です。
比較的新しい物件であり、まるでホテルのような寛げる空間となっています。
1階は全てバリアフリーに対応しており、年配の方も安心して利用できるでしょう。
また、広く取られたベランダからは海を一望でき、リゾート気分を満喫することができます。

他にも白浜ホープヒルズにはたくさんの貸別荘が見られ、それぞれに魅力が備わっています。
共通点としては、全棟に天然温泉が付いていることです。
源泉は天狗谷温泉であり、神経痛や関節痛、筋肉痛などの効能があります。
旅の疲れを癒やすのに最適でしょう。

■お好みのエリアで生活を選べる

白浜ホープヒルズでは、この環境の中でもお好みに合わせて生活空間が選べるようになっています。

・シーサイドエリア 海の街

窓からの景色は海岸がいいと考えている方は、シーサイドエリアがおすすめです。
街並みは海とのコントラストがきれいな緑地もあり、遊歩道にはインターロッキングを施し、雨水を吸収させて水害や地盤沈下を緩和させる施工がされています。

公園にはバーベキューデッキもあり、街全体で仲良くなれる環境整備がされています。
また、街並みは生垣を低くしたオープン外構で開放感があり、ふた付きの側溝やバリアフリー対応の歩道など、快適性や利便性を高めた環境で安心で安全な街作りとなります。

・サンシティエリア 丘の街

シーサイドエリアよりも高台に位置いているサンシティエリアは、美しい白浜の景色を窓から思う存分眺められるのが特徴です。
これは傾斜を利用しているため、自分だけの景色を楽しめるようになっていますが、景色以外にも陽当たりが良くなり、明るい日差しを多く住宅内に取り込めるようになります。

また、風通しが良く、新鮮な空気を取り込みやすくなります。
傾斜になっているため個性的な住宅設計が自由に出来て、上手に活用すれば本来の敷地面積以上に有効利用できるでしょう。
プライバシーも確保しやすく、多くのメリットが得られるでしょう。
この傾斜地には、KRGホームの木の家「ログハウス」との相性が良く、このログハウスは耐久性にも優れているだけでなく、1年中快適な空間で生活できます。
周辺の環境と同じで木の温もり溢れる住宅となり、リラックス効果も十分に期待できるでしょう。

白浜ホープヒルズ周辺に様々な観光地があり、またゆったりとした生活を送れる環境整備もされています。
エリアによってその良さが異なるため、実際に足を運んでから確かめてみると良いでしょう。

続いて「あじろ南熱海ヶ丘」について調査

KRGホームの運営するあじろ南熱海ヶ丘は、どのような特徴があるのでしょうか?
続いては、あじろ南熱海ヶ丘はどんな土地・環境なのか、人気となっている理由や貸別荘としての運用についても合わせてご紹介していきましょう。

■日本有数のリゾート地にある、あじろ南熱海ヶ丘

あじろ南熱海ヶ丘は、静岡県熱海市多賀字湯ヶ洞に位置している邸宅地です。
熱海は日本の中でも有数なリゾート地であることは有名で、都会の喧騒を忘れさせてくれる特別なブランド地でもあります。
伊豆半島を網羅できる立地から、あじろ南熱海ヶ丘はとても人気のある邸宅地となっています。

アクセスしにくいのではないかと懸念される方も少なくないですが、あじろ南熱海ヶ丘は抜群のアクセスの良さを誇っているリゾート地です。
どこから訪れるかにもよりますが、電車でも車でも飛行機でもアクセスしやすいルートが整っていることから、リゾート地でも訪れやすい立地だと言えるでしょう。

あじろ南熱海ヶ丘は、リゾート地としても名高いことから温暖な気象が特徴的です。
春の訪れも一足早く感じることができるほど温暖な気象となっていることから、寒い季節に訪れてもほっと一息つくことができるでしょう。

海からほど近くに駅があり、駅から海辺までは何と徒歩5分となっています。
潮の香りも感じられるほど近くに海を感じることができるでしょう。
海を目の前にしていることから、新鮮な魚介類を堪能できたり、港町ならではの風情を感じながら過ごすことができたりすることから、非常に魅力的な別荘地であると言えます。

また、あじろ南熱海ヶ丘の最大の特徴としては天然温泉が分譲地の全区画に付いていることです。
伊豆半島と言えば温泉地としても有名なので、一度は熱海で温泉を嗜んだことのある人も多いのではないでしょうか?
あじろ南熱海ヶ丘では、そんな温泉の源泉を各戸で満喫することができます。
自分の持っている別荘で、かけ流し温泉が楽しめることはそうありません。
温泉は古くから日本で自然治癒力を高めるものや、様々な薬効が期待できるものとして重宝されてきました。
そんな温泉が自由に楽しめるのは、あじろ南熱海ヶ丘ならではの特徴とも言えるでしょう。

KRGホームの提供しているあじろ南熱海ヶ丘は、セキュリティセンターと管理事務所が分譲地入口に設けられています。
分譲地内の安全を確保するだけでなく、不意のトラブルにも早急に対応することのできる設備が整っていることから、安心・安全・快適に配慮した分譲地となっていることが分かります。

■あじろ南熱海ヶ丘が人気の理由とは

あじろ南熱海ヶ丘は国内有数のリゾート地であり、温泉地帯であることは前述しましたが、それ以外にもあじろ南熱海ヶ丘が人気となっている理由があるのです。
アクセスの良さはもちろん、あじろ南熱海ヶ丘の近隣には8ヶ所もゴルフ場があったり、バーベキューを楽しめる展望バーベキューデッキなどもあることから、大人の遊びを楽しめる別荘地として高い人気を誇っています。

もちろんゴルフ以外にも、対岸の熱海から毎年花火が打ち上げられたり、自然豊かな土地でバードウォッチングを楽しめたり、カルチャーやレジャーなども積極的に開催していることから、リゾート地での遊びが充実していると言えます。

また、万が一風邪を引いたり、怪我をしてしまったりしても近隣に大型病院と同等の設備を誇る病院がいくつも建てられているのです。
身近な病院が23ヶ所もあることから、医療面での心配も少なく済みます。

他にも、あじろ南熱海ヶ丘へ送迎してくれる無料送迎バスの運行もしていることから、より利用しやすい、利用したくなる別荘地となっているでしょう。

■KRGホームのあじろ南熱海ヶ丘分譲地では貸別荘運用ができる

別荘地を購入した自ら利用するのは、統計でおよそ年間35~50日間しかないという結果が出ています。
せっかく購入した別荘なのに、年間で35~50日しか使わないのはもったいないと感じてしまう方もいるでしょう。
そこで、あじろ南熱海ヶ丘で建てた別荘を利用しない時には、貸別荘としての運用も視野に入れることができます。
土地柄も良く、人気も高い別荘地であることから、別荘を利用したいという方も少なくありません。
そのため、あじろ南熱海ヶ丘で建てた別荘を利用しない期間、貸別荘として運用することで購入時の負担を軽減することにもつながります。

一定期間貸別荘として運用すること以外にも、利用しなくなった別荘を運用して収益を得る手段としたり、初めから貸別荘経営を目的として別荘を新築したりする方も多くなっています。
新しい資産運用の手段としても話題となりつつある貸別荘経営で、資産運用を検討してみてはいかがでしょうか?

貸別荘とする際に、広告や別荘の管理などが大変ではないかと考えるでしょう。
しかし、貸別荘システム「Rvilla」を利用することで面倒なメンテナンスや申請などを任せることができるのです。
別荘で自らもリフレッシュしながら、貸別荘としての資産運用の手段にもなり得ることから、有益性が高いと言えるでしょう。

まとめ

今回は、貸別荘や温泉付分譲地を販売しているKRGホーム株式会社についてやその事業内容、さらには実際にKRGホームが運営している白浜ホープヒルズやあじろ南熱海ヶ丘について詳しくご紹介してきました。
KRGホーム株式会社は、別荘地や分譲地を販売しているだけでなく、過ごしやすい土地・訪れやすい立地で住宅を建設する業務も行っています。

利用したくなるような別荘地である白浜ホープヒルズやあじろ南熱海ヶ丘は、非常に魅力的なポイントが随所に感じられ、別荘を建てるには絶好のスポットとなっていると考えられます。
数多くの別荘や貸別荘を手掛けているKRGホームだからこそ、安心して別荘を建てることができるのではないでしょうか?

貸別荘は新しい資産運用方法としても近年話題となっており、ホテルとは違い1棟まるごとレンタルするのでより快適に過ごせる宿泊施設として人気が上昇しています。
貸別荘運用を行うことで、購入時の土地代や建築費を賄うことができるため、運用しやすいことも魅力的です。
これから資産運用の1つの手段としてより注目されていくことが考えられるので、今後さらに成長を見込める会社となっているでしょう。