トスワークからスカウトヘッドハンティングの電話があったらどうすればいいか?

トスワークは、電話やメールを使ってヘッドハンティングを行っている会社です。

トスワークからの電話は会社にかかってくるため、怪しいと思ってしまう人もいるでしょう。突然スカウトやヘッドハンティングの電話がかかってくれば驚いてしまうものです。

しかし、トスワークからの電話は怪しいものではありません。

トスワークからスカウトの電話がかかってきたということは、あなた自身の実力や実績が認められたということでもあります。
そのため、電話がかかってきたら担当者との面談だけでもしてみてはいかがでしょうか?

今回は、もしもトスワークからスカウトの電話が来た場合、どのように対応すべきなのか詳しくご紹介していきましょう。

トスワークの会社概要と事業システム

「企業と皆様をつなぐ架け橋となり、素晴らしい未来の創造をお手伝いする」という企業理念に基づいて事業を行っている会社です。

2012年11月12日に設立されていて、現在は121名の従業員が在籍しています。トスワークが行っている主な事業は、スカウト事業です。

登録型の人材紹介や人材派遣と似たようなイメージを持つ人もいるかもしれませんが、トスワークではサーチ型のスカウトサービスを行っています。

トスワークならではの手法で行っているスカウトは、スカウトエージェントとして事業を行っている関連会社との提携が欠かせません。

クライアントから関連会社へスカウト依頼をし、どのような人材を求めているのか丁寧にヒアリングします。

そして、関連会社のヒアリングを基にトスワークが条件に合う人材を探すのです。適した人材が見つかったら、電話やメールなどでアポイントメントをとり、クライアントの事業に関する説明などを行います。

その際に、興味を持っていただけた人に対してクライアントとの面談日程を調整するという流れになっています。

スカウトエージェントとして事業を行っている関連会社との連携をしっかりと取ることによって、それぞれの人材に適した会社を紹介できているのです。

人材紹介と何が違う?

トスワークで行っているスカウト事業は、一般的な登録型の人材紹介や人材派遣とは異なります。

一般的な登録型の人材紹介や人材派遣の場合は、求職者が登録することで企業とマッチングするという手法が多くなっています。

それに対してトスワークの場合は、サーチ型のスカウトサービスを行っているのです。サーチ型のヘッドハンティング・スカウトサービスは、クライアントである企業から依頼を受け、独自の手法で即戦力として活躍できる人材を紹介します。

従来の転職市場ではなかなか出会えない即戦力で高収益な人材を採用したいと考えている企業にとって非常に魅力的な方法だと言えるでしょう。

一般的な登録型の人材紹介や人材派遣では年収300万円~600万円クラスの人材が対象になりますが、サーチ型のスカウトサービスは年収1,000万円クラスの人材が対象になるという点も大きな違いとなっています。

トスワークがクライアントに紹介する人材は、トスワークが独自のリサーチ手法で探し出しているため、他とは違う優秀な人材を紹介できるという強みもあります。

クライアント企業の理想に合うと考えられる人材を選出し、ヒアリングも行っているのでマッチングできる可能性も非常に高いです。

建築・不動産業界、小売業界、サービス業界、金融業界、食品業界、化学業界、医薬品業界など幅広い業界を網羅できているのも、トスワーク独自のリサーチ手法によってこれまでに多くの実績を残してきたからだと考えられます。

職場に電話がかかるのはどうして?

トスワークからのスカウトは、職場に電話がかかってくるケースが多いです。職場にスカウトの電話がかかってくると怪しく思ってしまう人もいるでしょう。

しかし、トスワークでは新聞やウェブサイトなどに掲載されている情報からターゲットを探しています。

新聞やウェブサイトなどに掲載されている人は、その分野において実績を残していたり、スキルが長けていたりする可能性が高いため、トスワークの目に留まります。

携帯電話の番号は、個人情報なのでトスワークが手に入れることはできません。

そのため、トスワークから職場にスカウトの電話がかかってきても怪しく思う必要はないと言えるでしょう。

スカウトの電話がくることは頻繁にあることではないので、怪しく思うかもしれませんがトスワークの場合はそうでないことを知っておきましょう。

スカウト担当者には会った方がいいの?

トスワークからヘッドハンティングの電話がかかってきたら、担当者に会うべきか悩んでしまう人もいるでしょう。

トスワークから電話が来た時にアポイントメントの約束を促されますが、興味がなかったり、条件が自分自身の望んでいる内容と違ったりしている場合は無理に話を聞く必要もありません。

つまり、条件に納得できないのであれば断っても問題ないのです。

しかし、自分自身の市場価値がどのくらいなのか、スカウトの詳しい条件はどうなっているのかといったことを知るために、面談をしてみても良いでしょう。

スカウト事業を行っている企業の担当スタッフと面談することによって、より自分と向き合えるようになったり、今後の人生を再度考え直すきっかけになったりします。

突然かかってきたスカウトの電話に対して不信感を感じてしまう気持ちもよく分かります。

スカウト担当者との面談をすることによって、今までは知らなかった自分の魅力に気が付ける可能性もあるでしょう。

また、今以上に活躍ができる場で働ける可能性を切り開けるタイミングでもあります。企業との面談をするかどうかに関わらず、スカウト担当者との面談を行うメリットを感じることはできます。

そのため、スカウト担当者との面談はできるだけしておいた方が良いでしょう。

まとめ

企業理念に基づき事業を展開しているトスワークでは、スカウトヘッドハンティングを行っています。

トスワーク独自の手法で行われているサーチ型のヘッドハンティング・スカウトサービスは、一般的な登録型の人材紹介や人材派遣と違い、クライアントの企業から依頼を受けて人材の紹介をしています。

従来の転職市場だと出会うことが難しい即戦力で高収益な人材を採用するためにも有効な方法です。

そんなトスワークは電話やメールを使ってヘッドハンティングを行っているため、怪しいと感じてしまうかもしれませんが、新聞やウェブサイトから情報を集めているため怪しい電話ではないということをぜひ覚えておいてください。