ハウスクラフトで家を建てるメリットとは?

三重県内には様々な住宅メーカーがあり、どこを選んでいいのか分からないという方も多いかと思います。

こだわりの家を建てたい、家族が理想とする家を建てたいという場合は、信頼できる住宅メーカーに相談することが大切です。

信頼できる住宅メーカーを探すためには、その住宅メーカーで家を建てた時にどんなメリットがあるのかを調べるようにしましょう。

今回は、三重県内でも人気の高い『ハウスクラフト』についてご紹介します。

ハウスクラフトで家を建てるとどんなメリットが得られるのでしょうか?

三重県で家を建てようと考えている方はもちろん、住宅メーカー選びに悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

ハウスクラフトの特徴

ハウスクラフトは、何年経っても家族が心地良いと感じる家づくりを目指し、三重県内に多くの家を建て続けています。

そんなハウスクラフトでは、どのような家づくりができるのでしょうか?

ハウスクラフトの特徴についてご紹介していきましょう。

実際に家を建てた人の声

まずは実際に家を立てたことのある人の声をきいて、ハウスクラフトの特徴を掴んでいきましょう。

▼家づくり相談中

いろんな人の家を見に行けて勉強になったし楽しかった

実際に家づくりのイメージをわかせやすいようにモデルハウスの見学会を頻繁に行っているようです。

▼着工中

引き渡し式もとっても楽しかったです。ありがとうございました。

ただ家をつくるだけじゃなく、思い出も作れてよかった。

家の設計をたのんで終わりではなく、家を建て進めている間にも沢山の催し物があるみたいですね。

ハウスクラフトが考える家づくり

ハウスクラフトは、「想いの先にある家づくりを」をコンセプトに家づくりを行っています。

ハウスクラフトが考える家は、家族が集まり帰ってくる場所です。

心安らぐ空間を作るために、その家族の「想い」を汲むことで満足のいく家づくりができると考えています。

現在マイホームを建てたいと考えている人は多いでしょう。

しかし、満足できる家を建てるためには様々な想いが出てきます。

予算は決まっていても、間取りやデザインだけではなく、耐震性に優れている家や性能の高い家など、家族が安心して暮らせる空間にするためにも多くのこだわりが出てきます。

その想いを現実にするために、ハウスメーカーや工務店に足を運んでもオプションが増えたり仕様が変わることで予算がオーバーしてしまう家庭は多くいます。

我慢をして家づくりをしても、満足いく家は作れないのではないでしょうか?

家づくりの段階から楽しく、そして幸せに過ごせるようハウスクラフトでは土地に合わせた間取りや構造を提案していきます。

年月が経ってもいつでも快適に過ごせるような家づくりを一緒に考え、家族一人ひとりの「想い」を大切にした家づくりを行っているのです。

想いを叶えるための自由設計での家づくり

ハウスクラフトでは、家族の想いを形にするために自由設計での家づくりを提供しています。

基本の間取りがないので、土地に合わせて快適性を備え、想いを詰めた家づくりを行っています。

その際には、ハウスクラフトで家を建てた人たちの「暮らす家」を実際に見て想像力を膨らませ、家族に合わせたデザインを提供していくのです。

しかし、土地の大きさによって家づくりには違いがあります。

小さい土地では広い家を建てることができないと考えている人も多いでしょう。

ハウスクラフトでは例え小さい土地であっても間取りやデザインを考えることで広さを感じられる家づくりができると考えています。

反対に広い土地であってもこだわりや間取りによっては狭く感じてしまうこともあります。

そうした場合には面積以上に広さを実感できるように設計を考え、「広がり」を意識した家づくりを提案してくれるのです。

そのためにも、こだわりを見つめ直すことで「本当にいるのか」を家族と一緒に考え設計をしてくれます。

後悔しない家づくりを行うためにも、ハウスクラフトが一緒になってライフスタイルをデザインし、家族に合わせた住みやすい家を提案してくれるのです。

「想い」を実現するための家づくりの方法

家族の想いを実現に導くため、ハウスクラフトでは自社で施行管理を行い、家づくりを進めていきます。

家づくりでは「信頼」も重要なポイントです。

デザインや間取りを信頼できる担当者に提案してもらうだけではなく、技術のある人間に施工してもらわなければ不安も多くなってしまいます。

ハウスクラフトでは、想いを実現するための職人にも自信を持っています。

使っている素材だけではなく、工法や組み方に考えやこだわりを持つ職人で、家族の幸せを願い施工してくれるのです。

家族の想いが込められた家づくりでは、時に「あえて行う」という選択肢も出てきます。

家族の想いや要望を現実化するためには最善策として、しっかりと説明をした上で家づくりを行っているのです。

満足できるような家づくりの提案や説明が職人からあることで、満足感だけではなく安心感の高い家づくりが行えるのでしょう。

高性能・高機能な住まいの提供

ハウスクラフトの標準仕様や標準設備についてご紹介していきます。

地震の多い日本なので、耐震性を持たせることは家づくりで大切でしょう。

ハウスクラフトの基礎は「鉄筋コンクリート造ベタ基礎」を採用しています。

耐震性だけではなく、湿気やシロアリの侵入を防止する効果もあるので、快適性もアップするでしょう。

また、ハウスクラフトでは家を支えている土台や柱でヒノキが使われています。

奈良にある法隆寺や薬師寺の塔でも使用されているヒノキは、伐採してからも200年間強く、その後は1000年かけて弱くなる性質を持っていると言われています。

防虫性と抗菌性が高く、木材腐朽菌にも侵されにくい性質を持っているため、何年経っても安心して生活できる住宅を提供してくれるのでしょう。

このほかにも、横からの水平応力やねじれに強いオリジナルの剛床工法や災害から守ってくれる準不燃材料を使用した耐震パネルを使い、家づくりを行っています。

マシュマロ断熱材を採用して高気密高断熱を実現し、遮熱高断熱サッシを用いて快適な暮らしも提供してくれるのです。

もちろん、家づくりを行っている作業現場では検査をしっかりと行うことで安心・安全な想いの詰まった家づくりを行っています。

標準仕様や標準設備でも高性能・高機能となっているので、快適に過ごせるのことが考えられます。

三重県No1の実績を誇るハウスクラフト

家族の想いを形にするために、高性能・高機能な家づくりを提供しているハウスクラフトは創業以来、多くの家族に住宅を提供してきました。

その結果、2017年には第三者住宅検査機関による工務店グランプリで三重県でNo.1の成績を収めたのです。

全国でも7位となり、ハウスクラフトの施行力が高いことが証明されたのです。

創業以来、常に右肩上がりに成長していることも信頼を得ている証なのでしょう。

家族の想いを大切に、ライフスタイルに合わせた家づくりを行うハウスクラフトは、間取りやデザインの提案力だけではなく職人の高い技術力が大きな魅力となっています。

標準仕様や標準設備でも満足いく結果となり、多くの提案があることで、素人では考えられなかった快適な空間を作ってくれるのです。

その結果、三重県No.1のハウスメーカーとして多くの家族を幸せにしています。

ハウスクラフトは今後も多くの家族の想いを乗せた家づくりが行われることで成長を続けていくのでしょう。

ハウスクラフトの保険と保証

注文住宅を建てる際に、保険や保証が備わっているか気になる方も多いのではないでしょうか?

万が一が起きてしまった時のためにも、保険や保証が備わっていた方が安心です。

ハウスクラフトでも住宅建築に関する様々な保険・保証を用意しています。

建築工事総合保険

建築工事総合保険とは、建築業者が加入している保険で、住宅を建築する際に火災が発生してしまった場合、改めて建築するための費用を賄うための保険になります。

保険対象は建築費用以外にも、焼けてしまった建材の処分費用やその他新たに建築に関することでかかってくる費用など、様々な費用を補償してくれます。

基本的には火災によって保険金が下りますが、他にも建築中に台風が上陸し、強風によって建物が倒壊してしまったり、落雷によって焼損してしまったりした場合も保険金の対象です。

また、建材の盗難や放火、建物に車両が飛び込み損害を受けた場合にも保険金を受け取れるようになっています。
ただし、何でも保険金が下りるというわけではありません。

例えば建築に携わった人間の故意、もしくは過失によって損害が生じた場合や、地震や津波、噴火などの自然災害、建材の錆や劣化による損害などには対応していないのです。

それでも着工から引き渡し日までは建築工事総合保険のおかげで、火災や台風などが起きたとしても費用面で安心できます。

建築工事総合保険はあくまでも建築中のリスクに対応するものですが、完成後の住宅には一般的な火災保険が付けられるようになります。

ただし、完成後の住宅に付けられる火災保険は基本的に任意です。

それでも近年は日本で異常気象や災害が発生するケースも多いため、火災や台風などに備えるためにも火災保険には加入しておきましょう。

ちなみに、ハウスクラフトでは中立の立場で一人ひとりに合った火災保険を紹介しています。

火災保険の内容が知りたい、補償金額がどれくらいになるのか知りたいという方は、ハウスクラフトに相談してみましょう。

損害保険

ハウスクラフトの損害保険は、施工期間中に第三者への賠償及び建築中の建物や資材に対する補償となります。

具体的にどういった保険内容になっているのかというと、例えば建築中、誤って隣家に建材が落ちてしまい住宅が損壊してしまったとします。

こういった場合に損害保険が適用されるのです。

また、建物や建材が盗難や外部から損傷を受けた場合にも対応してもらえます。

損害保険もハウスクラフトが加入しているものなので、安心して任せられるでしょう。

住宅瑕疵担保責任保険

住宅瑕疵担保責任保険とは、住宅品質確保法に基づき建築完了から10年間で住宅に欠陥が見つかった場合、建築を行った事業者に保険金にて直してもらえる保険です。

補償の範囲に入っているのは、基本的に住宅の構造耐力上主要な部分(土台や基礎、柱、床版など)や雨水の侵入を防止するための部分(屋根や外壁、開口部など)になります。

住宅瑕疵担保責任保険に関しても、ハウスクラフトが保険加入の手続きを行っているため、特に消費者が手続きしたり、保険金がかかったりすることはありません。

万が一10年の間にハウスクラフトが倒産してしまった場合でも、きちんと保険金が消費者に支払われるのでその保険金を使って他の業者に補修してもらうことができます。

 

その他の保険・保証

ハウスクラフトでは建築中から建築後に至るまで、様々な保険が用意されており、リスクに備えた施工が可能となっていますが、この他にも保証が用意されています。

地盤保証

住宅を建築する際に基礎は非常に重要な部分となりますが、土地や住宅に基づいた基礎が提案できるよう、ハウスクラフトでは必ず地盤調査を行っています。

地盤調査を行ってから改良が必要だと判断された場合は、改良工事を行った後に保証書を発行してもらえます。

保証書が発行されると、不同沈下の再発を防ぐ地盤補強工事や不同沈下によって生じた建物の不具合を補強する工事、工事を行っている間の仮住居費用やその他身体や財物にかかる賠償費用などを全て補償してもらえるのです。

 

シロアリ保証

シロアリ保証とは、住宅の竣工後10年以内にシロアリによる住宅被害が発生してしまった場合、最高1000万円の補償をしてもらえる保証です。

ハウスクラフトでは住宅を守るシロアリ対策として、基礎パッキン工法という土台と基礎の間にパッキンを敷き込む方法を採用しており、なおかつ基礎や土台の湿気をできるだけ減らせるよう、自然の気流を活用した『全周換気』を取り入れています。

シロアリ被害を徹底的に減らすために様々な対策に講じているため、10年という長期間の保証を用意できるのです。

 

ハウスクラフトではこのように建築中からその後も一貫した保険・保証サービスが用意されています。

ここまで保証を取り揃えているのはハウスクラフトが確かな技術を持っているためです。

一般的な建築会社でもここまで充実した内容の保険・保証を用意しているところは少ないです。

ハウスクラフトの注文住宅なら、安心の施工を受けられるでしょう。

ハウスクラフトのアフターサービス

保険・保証によって安心のサービスを提供しているハウスクラフトですが、長いお付き合いができるようにアフターサービスの内容も充実させています。

ハウスクラフトではどのようなアフターサービスを実施しているのでしょうか?

アフターサービスの重要性

依頼する建築会社を決める際に、価格やデザインなどで決めている方も多いのではないでしょうか?

しかし、建築会社を選ぶ際に重要になってくるのは価格やデザインだけでなく、アフターサービスが充実しているかも大切です。

なぜ、アフターサービスが重要なのかというと、住宅は住んでいく内にどんどん劣化していき、不具合が生じてしまうためです。

新築時は「家を大切にしよう」という気持ちがあっても、2~3年もすればそういった気持ちは薄まってしまいます。

アフターサービスがなければ、そのまま家が放置される状態になってしまい、劣化や不具合が生じたとしても素早い対応が行えず、症状が悪化してから発覚するといったケースも少なくありません。

しかし、アフターサービスを実施している会社では定期的なメンテナンスを提供しているため、これまで気が付かなかった不具合も早期に発見することができるのです。

アフターサービスが充実していることで、住宅の長寿命化につながります。

建築会社を選ぶ際にはアフターサービスの内容も注目しておくべきポイントなのです。

ハウスクラフトのアフターサービス内容

ハウスクラフトで提供しているアフターサービスは、10年保証となっており、定期的な点検を実施しています。

アフターサービスの10年保証に加えて上記でも説明した瑕疵担保責任保険にも加入しているため、万が一不具合が発生していても安心です。

どのような点検を行っているのか、内容を詳しく見てみましょう。

6ヶ月点検

6ヶ月点検は住宅が完成してから6ヶ月目に行われ、様々な設備の不具合を点検していきます。

例えば、サッシがきちんと稼働し施錠することができるかどうか、床鳴りや軋み、建具の開閉や建付けに不具合は出ていないかなどを見ていきます。

また、外部排水や床下配給の水漏れ、ベランダの雨漏れなど、基礎や建材の劣化につながりやすい水漏れ関連の点検も欠かさず実施しています。

 

1年点検

1年点検では6ヶ月点検の内容に加えて、外壁や屋根材、その他樋・軒天・天井などに不具合が生じていないかをチェックします。

これらに割れや剥がれが生じている場合は、雨漏りが発生してしまうリスクが高いです。

1年点検で不具合が見つかったら、すぐに対応してもらうようにしましょう。

 

2年点検

2年点検では1年点検時の項目を全てチェックし、なおかつ基礎の状態なども確認していきます。

基礎は住宅を支える重要な部分です。

長寿命化を目指すためにも、ハウスクラフトでは基礎の確認を怠りません。

 

5年点検

住宅が建築されてから5年目ともなると、経年劣化によって問題が生じてくる確率が高まります。

特に屋根や外壁部分などは常に紫外線や雨風に曝されているため、割れや剥がれ、欠損、シーリングの劣化などの問題が出てきてしまうでしょう。

5年点検ではこういった部分を中心に点検していきます。

また、給排水部分基礎・床下部分もきちんとチェックし、床下に至ってはシロアリがいないかどうかも確認していきます。

 

10年点検

10年点検では5年点検時の項目を中心にチェックしていき、問題がないか見ていきます。

特に基礎の状態についてしっかりと確認し、問題があれば直ちに修復を行ってくれるでしょう。

専門のアフターサービス部隊が対応

建築会社の中には新築を建てている人とアフターサービスを実施している人の役割分担ができておらず、1人でどちらも担っているケースがあります。

もちろん、家を建てる上で役割分担がなされていないのは特に問題ではありませんが、建てた人とメンテナンスを実施する人を分けた方がしっかりとメンテナンスを実行してもらえるため、分かれていた方が良いでしょう。

ハウスクラフトでは専門のアフターサービス部隊を用意し、定期点検を実施しています。

また、ハウスクラフトでは定期的に点検を実施していますが、もし点検時ではない時に不具合が発生した場合はすぐにアフターサービスの担当者へ相談してみましょう。

場合によっては補償金を使って不具合を修正できるかもしれません。

ハウスクラフトなら安心の我が家が作れる

近年は低コストを重視した建築会社が多く、中には1000万円以下で一戸建てを作れるような時代になっています。

費用が少ないことは良い部分であるのは間違いありませんが、実際に会社側の目線で考えてみると費用が少ない中で賄っていかなくてはならないため、アフターサービスが十分でないところも多く見られます。

さらに、それだけでは賄えないので建材や施工で妥協する部分が出てきてしまうのです。

このようなケースでは住宅の長寿命化を目指すのは難しいでしょう。

ハウスクラフトでは家族や一人ひとりの想いを大切にしつつ、安心感のある我が家を作っていくことができます。

我が家は心が安らぐ場所であるべきなので、費用面やサービス面に不満があっては理想的な家づくりができたとは呼べません。

アフターサービスだけでなく、保険・保証なども充実しているハウスクラフトだからこそ、安心の我が家が作れると言えるでしょう。