白石達也のリバティーレジデンツや他のコンテンツを調査!

こんにちは!

本日は、白石達也が開発したコンテンツについて取り上げてみます。

読者の皆さんは、白石達也がどのようなコンテンツを開発してきたかご存知でしょうか?

最近のものだと、近年注目されている仮想通貨をうまく活用し、自身の資産運用につなげる「リバティーレジデンツ」があります。

しかし、白石達也が開発したのは何もリバティーレジデンツだけではないのです。

では、どういった情報商材を開発してきたのでしょう?

今回は白石達也が開発したリバティーレジデンツやその他のコンテンツについて詳しくご紹介していきます。

現在、白石達也の情報商材やリバティーレジデンツが気になっているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

白石達也が開発したリバティーレジデンツとは

数ある情報商材の中で大きな反響を呼んでいるリバティーレジデンツは、白石達也が手掛けるIROASのプログラムの1つです。

白石達也が開発したリバティーレジデンツについて、特徴やメリットをご紹介します。

 

リバティーレジデンツとは

居住地の自由を意味するリバティーレジデンツが目指している成功は、日本に住んでいても外国に住んでいても、その住んでいる場所に捉われずに自由にお金を稼ぎ、生活の苦労や制限から解放される収入革命を起こすことです。

リバティーレジデンツでは収入に革命を起こすため、仮想通貨投資をはじめとした成功に必要となる様々な知識を学ぶ教材プログラムとなります。

学べる内容は主に6つの分野で構成され、それぞれ「投資」「節税」「ネットビジネス」「語学」「旅行」「海外への移住」についての正しい知識を習得することが可能です。

IROAS会員向けのプログラムとして開発されたリバティーレジデンツは、IROAS非会員でも購入できます。

近年注目される仮想通貨について興味がある人は、誰でもリバティーレジデンツでの学びをスタートできるのです。

 

リバティーレジデンツの特徴

オンラインを活用した学習プログラムのリバティーレジデンツは、インターネット環境とパソコンがあれば、時間や場所の制限なしに学ぶことができる点が特徴です。

ビジネスの知識は様々なセミナーなどでも習得ができるものの、開催地や開催時間が限定されるセミナーには参加できない人も多いでしょう。

忙しい毎日の隙間時間を有効に活用し、時間や場所を問わずに学習に取り組むことを可能としている点がリバティーレジデンツの最大の特徴と言えます。

また、初心者にとってハードルの高い仮想通貨投資について、正しい知識を分かりやすく学べるため、実践につながりやすく成果が出やすい点もリバティーレジデンツの特徴です。

世界中どこにいても場所に制限されず、時間にも制限されずに自由にお金を稼ぐというリバティーレジデンツの目指す成功を実現するために、インターネット環境を最大限に活かしてコンテンツを提供しています。

 

リバティーレジデンツ購入後のメリット

リバティーレジデンツは主に仮想通貨投資を始めとした様々な知識を習得できるプログラムですが、購入することで特典が利用できるメリットがあります。

情報商材であるリバティーレジデンツが、革命的な商材として注目されているのは、特典を活用することで実践をサポートしているためです。

リバティーレジデンツ購入後に利用できる特典をご紹介します。

 

オプトインATMシステム

LINEやLPをシェアすることで権利収入を獲得できるのがオプトインATMシステムです。

アフィリエイトリンクの生成、リンク紹介という手順で少しずつ余剰金を増やすことができます。

オプトインATMシステムのLINE@版の場合、友達に紹介して登録が完了するという条件がクリアされれば権利収入を獲得できます。

いつの間にか余剰金が増えていくシステムなので、大きなメリットとなるでしょう。

 

仮想通貨101のこと

初心者にとってはハードルの高い仮想通貨投資について、取引と資産運用に関する様々な知識や注意すべきポイントなどの情報が提供される、レポート形式のコンテンツが「仮想通貨101のこと」です。

仮想通貨の原則と原理を学び、お金の歴史や仮想通貨の未来などについて学ぶことのできるコンテンツとなっています。

現在はテキストスタイルのコンテンツですが、今後は映像を使った分かりやすい解説動画も制作が予定されています。

 

リバティーレジデンツの特典は、この他に「常に最安値で世界旅行する方法」や「世界最高水準の都市で引退生活を送るノウハウ」などのコンテンツがあります。

白石達也が開発したリバティーレジデンツでの学びを通して、様々な制限から解放された自由で豊かな人生を手に入れることができるのです。

 

リバティーレジデンツで学べることは

白石達也によって手掛けられたプログラムである「リバティーレジデンツ」は、オンラインの情報商材となっていて、“何にも縛られず、自ら自分の運命を切り開き、思いのままに生きていくこと”がコンセプトとなっています。

これによって自由で自分らしいお金の稼ぎ方ができます。

この革命的なリバティーレジデンスでは、どのようなことを学べるのでしょうか?

詳しくご紹介しましょう。

 

リバティーレジデンツの仕組み

情報ビジネスの革命児である白石達也によって生み出されたリバティーレジデンスは、居住の自由をテーマにしてどこにいても収入を得られるような知識を習得できるプログラムとなっています。

最近の投資市場の中では、仮想通貨の投資の割合が高くなりつつあり、これもインターネットができる環境が整っているだけで、世界中のどこでも同じように投資をすることができます。

ただ、仮想通貨や投資に対しての知識がなければ、世界中のインターネットができる環境にいるというだけになり、収入を得ることにはつながらず、時間だけを無駄に過ごして活かすことはできなくなります。

自由な時間を過ごしながらどこにいても収入を得るためには、まず仮想通貨投資の知識を習得し、経済全体の仕組みを知ることが重要です。

リバティーレジデンツでは安定した資産運用ができるように、仮想通貨の知識を基礎から学ぶことができ、投資の方法や節税対策などを体感的に知って身につけることができる仕組みとなっています。

 

お金に動いてもらうことを学べる

投資は基本的にお金に動いてもらうことであり、これによってお金を得るために労働するのではなく、投資という形でお金に動いてもらうようになります。

投資=ギャンブルのようなイメージを持っている方も多くいるため、どうしても投資には損という言葉も一緒に付きまとってしまいます。

しかし、よく考えてみてください。

預金はそのままのお金を眠らせておき、金利の低い現代ではそのままの状態を維持するだけなのです。

しかし、その眠ったままのお金にも価値はあり、その部分を活かすことでどんどん増やしていくことができます。

このお金の動かし方や働き方を知っている人は、経済的な自由を手に入れて不労収入を増やしていくことができるのです。

最も多いのは資産運用や権利収入、オーナーなどであり、株式やFXなどの投資によって運用していき、権利収入は著作権や印税などであり、これは簡単に収入にすることはできないでしょう。

オーナー業も同じように、自分で立ち上げたビジネスを他人に任せることで収入になりますが、そこに至るまでの多くの知識の習得や経験、苦労などが欠かせなくなり、オーナーになるまでには多くの成功も必要になってきます。

これらを考慮すると、やはりリバティーレジデンスで投資のノウハウや簡単に取り入れられる知識を習得することが、お金に動いてもらうことを学ぶのに最適だと考えられます。

 

経済的な自由は何かを学べる

経済的な自由は、上記にも書いたようにお金に働いてもらうことで不労収入を得ることができ、経済的な自由も手にすることができます。

経済的な自由とは不労収入があるだけでなく、不労収入によって生活が豊かになるという意味も含まれています。

もし不労収入によって今までの生活を豊かに変えることができれば、居住地も今のままでいる必要もなくなり、海外に移住ということも可能です。

しかし、移住となるとそこで生きていくための知恵やノウハウも必要になってきますが、これも会員プログラムを利用することで習得することができます。

経済的な自由によって、あらゆる事柄を自由に変えていくことができるため、経済的な自由を得ることが人生においても大きな学びとなることは確実でしょう。

それくらいリバティーレジデンツで学べることは多くあります。

 

白石達也が開発した他の商材は

様々な分野の知識を習得している白石達也は、リバティーレジデンツの他にも開発した商材があります。

白石達也が開発した他の商材について、ご紹介していきます。

 

ランドオブハンモックyoutuber

白石達也の代表的な情報商材である「ランドオブハンモックyoutuber」は、ダイレクトレスポンスマーケティングについて学ぶことはできる商材になっています。

広告そのものは、特定のターゲットに照準を合わせて内容を伝えるのですが、ダイレクトレスポンスマーケティングの場合は、相手にアクションを起こしてもらうことを目的にしている広告となります。

これはYouTubeを活用した集客方法でもあり、動画で集客して販売につなげていくことができます。

初期投資として、サーバー&ドメイン代やメルマガスタンド代が必要となってしまいますが、ランドオブハンモックyoutuberで学んだノウハウによって、その基礎から学ぶことができます。

ステージ1では自動化ATMシステムを作るところから始まり、自動化の仕組みを作ることや再生回数の伸ばし方などを習得していき、様々な場面で活用していける仕組みを知ることができます。

ノウハウを習得してランドオブハンモックyoutuberで稼ぐ人も多く、この商材で講師にまでなっていく人もいます。

今のままで満足できない場合は、さらにこれらを学ぶことで新しい戦略をノウハウを習得できるでしょう。

 

LINE@ATMシステム

多くの利用者が存在して今となっては欠かせないアプリの1つでもあるLINEで、権利収入を得られることができるのが「LINE@ATMシステム」です。

LINE@ATMシステムは、集客→教育→販売→不労取得化という流れになっていて、LINE@・MLM・インターネットビジネスを融合させた権利収入を得ることができる内容になっています。

今はメールよりもLINEで連絡を済ませてしまう方がほとんどで、メルマガのように登録する手間がなく、利用者側もLINEの方がより身近に感じることが多いでしょう。

それが、友人や知人からなど身近な立場からもシェアされやすくなっているため、多くのメリットが得やすくなっています。

またステップアップメッセージも白石達也によって用意されているので、自分で難しいことを考えることもなく、初心者でも始めやすいようになっています。

また自動的な報酬が生まれる仕組みとなるため、このネットワークビジネスの仕組みを取り入れて最大限に活かすことができれば、大きな不労収入になることが確実でしょう。

 

今仮想通貨に注目が集まる理由

仮想通貨は白石達也が開発した教材とよく似ています。

いつの間にか世に普及し、いつの間にか浸透していったバブル絶頂期のような動きがあるようです。

なぜ、現在ここまで仮想通貨が注目されているのかその理由について検証していきいましょう。

 

誰でも簡単に始めることができる

仮想通貨という言葉は今となっては世界中に通用する言葉です。

しかし、実際に投資を行っていない人は手続きがややこしい、流出事件などからくる危険性を理由に取引を開始していないだけではないでしょうか。

仮想通貨は最も手軽に取引できる投資と言われています。

仮想通貨の取引所ごとに最低売買単価は決まっていますが、日本円で67円程度から売買することができるので、少額から投資できるという点が注目されているようです。

 

世界共通で利用できる唯一の通貨

仮想通貨は日本全国に留まらず全世界で利用できる共通の通貨です。

法定通貨は日本では「円」アメリカでは「ドル」といったように国によって異なりますが、仮想通貨は国境がありません。

どこの国でも両替することなくそのまま取引することができるので、日本にいながら世界共通の通貨を利用することができます。

また、両替手数料など無駄な出資を省くことができるのも仮想通貨の利点と言っても良いでしょう。

 

24時間取引が可能

仮想通貨の取引を行うためにはそれぞれの通貨を管理している仮想通貨取引所、または交換所で売買取引を行います。

株式投資の場合は9:00~15:00など取引時間が決まっていますが、仮想通貨の場合は24時間いつでも取引することができます。

送金に関しても金融機関を経由せず手続きすることができるので、システム上での操作一つで送金を完了させることができるのです。

 

決済手段としての期待が高まりつつある

日本では2017年4月に「改正資金決済方」が施行されました。

これをきっかけにビックカメラやエイチ・アイ・エスなど一部の店舗に仮想通貨による決済を導入する動きが見られています。

どちらの店舗もビットコインでの決済方法を利用していますが、ビットコインは世界中で利用できるといった大きなメリットを持っています。

海外旅行に行った先で現金を支払う必要がないため、現地で日本円を通貨に両替する必要がありません。

また、ビットコインは匿名性が高い仮想通貨なので、クレジットカードのように暗証番号やカード番号などの情報を渡さなくても決済の手続きが完了します。

 

有名大手企業が次々に参入

仮想通貨事業に参入した企業の中には、有名大手企業と呼ばれる「GMOインターネットグループ」や「SBIホールディングス」なども仲間入りしました。

無料チャットアプリで話題のLINEやフリマアプリのメルカリなども送金や決済などで仮想通貨の採用を検討しています。

個人だけでなく企業での取引も仮想通貨を取り入れていくという発議もあることから、仮想通貨は将来性の高い通貨であるという認識が強くなってきています。

 

通貨価値がなくならない

仮想通貨は法定通貨と違って国が発行しているものではないため、通貨の供給量は事前に決められています。

法定通貨の場合は供給量によって価値を変動し造幣を自由自在にコントロールされてしまい、通貨価値が減ってしまうといったリスクを伴います。

しかし、仮想通貨の場合は最初から総量が決められているので、一気に価値が下がるといった現象は起こりにくいのです。

 

このように仮想通貨は様々な要因によって話題となりましたが、元々日本人は投機好きな性質を持っています。

これは日本人が預貯金などの安全資産を多く保有している事が背景となっているようです。

FXの市場参加者で最も多いのは日本人であることから、もともと持った性質から引き寄せているとも言えるでしょう。

仮想通貨の取引実績やユーザーが増え続けることによって、今後ますます仮想通貨が注目されることは間違いありません。

 

今回のまとめ

今回は、白石達也が開発したリバティーレジデンツの仕組みや、お金の価値についてまとめてきました。

彼が手掛ける商材は「自由」を手にするための情報としてお金の稼ぎ方やものの捉え方を変えていくことから始まると考えています。

日本人はお金を保有する性質が他国よりも強いです。

確かにお金を使わなければ手元に残るお金が減ることはありません。

しかし、彼はお金を得るためにはお金を動かすことが大切だと証言しています。

そのためにお金の動かし方や働き方、投資方法などお金に関する情報商材をたくさん開発しています。

経済的な自由を得るためにはあらゆるジャンルの知識を習得し、自動的な報酬を手に入れることで大きな一歩を踏み出すことができるのではないでしょうか。

 

そして、今話題沸騰中の仮想通貨もまた、自動的な資金調達に欠かせない手段と言えます。

世界共通で利用できるといった利点を活かし、日本だけでなく世界中にまで普及することができる唯一の通貨です。

リバティーレジデンツでは仮想通貨に関する専門知識についても紹介していますが、この他インターネットや旅行、投資、語学など海外で活用できる知識も豊富です。

仮想通貨を初めて売買する人に向けて、仮想通貨とうまく向き合っていくためのコツや注意点なども紹介しています。

そんなリバティーレジデンツを有効に扱うことができれば、投資に必要な世の中の動きや経済市場などを分析できるようにもなります。

どんなに新聞や書籍などで知識を補おうとしても、実践しなければ何も習得することはできません。

リバティーレジデンツで最新の情報や知識を学びながら、自身の資金形成に活かすようにしてください。

リバティーレジデンツだけに限らず彼の情報教材はネット環境さえ整っていれば24時間いつでも学ぶことができます。

出勤前の時間や家事の合間を利用して気軽に情報を入手することが可能です。

専用サイトで会員登録の手続きをすれば誰でも受講することができるので、白石達也の情報教材や仮想通貨に興味のある方は利用してみましょう。

今回は白石達也が提供している情報教材や仮想通貨の魅力について検証してきましたが、本当の魅力を体感するには実際のプログラムや教材を利用するのが一番の近道です。

特に資金調達や投資を中心としたノウハウが多いので、これから仮想通貨を始めようと検討中の方はぜひ彼のコンテンツをチェックしてみてください。