アールエスアセットマネジメントの気になる口コミ・評判は?

こんにちは!

本日は、アールエスアセットマネジメントの口コミや評判について取り上げてみます。

読者の皆さんはアールエスアセットマネジメントについてどのようなイメージを持たれているでしょうか?

アールエスアセットマネジメント株式会社と言えば、太陽光発電や風力発電、バイオマス発電などといった再生可能エネルギーによる投資のサポートなどを行っています。

近年、若い人の間でも資産運用に関して興味を持っている方は多いかと思いますが、再生可能エネルギー投資は世界的にも注目されている事業です。

そんな再生可能エネルギー投資を行うアールエスアセットマネジメントはどのような企業なのでしょうか?

今回は、アールエスアセットマネジメントの口コミや評判、さらに強みとなる部分まで分析していきます。

アールエスアセットマネジメントについて気になっている方は、ぜひ参考にしてみてください。

アールエスアセットマネジメントの事業内容

アールエスアセットマネジメントでは先程もご紹介したように、再生可能エネルギー投資をメインに事業展開しています。

アレンジメント事業

アレンジメント事業は、アセットマネージャーを中心に再生可能エネルギー事業のアレンジメント業務を担っています。

再生可能エネルギー投資はあまり儲からないというイメージを持っている方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、アールエスアセットマネジメントではファンドストラクチャーを構築することで出資リターンの最大化を図っています。

他にも特別目的会社によって資金運用の現状を把握したり、設備メンテナンスなどの情報をタイムリーに投資家へ提供するための運営管理業務などもアレンジメント事業に含まれます。

インベストメント事業

インベストメント事業では、TK出資による投資で、売電収入を目的に安定性の高い利益確保を行う事業です。

様々な再生可能エネルギーでの売電収入に加え、新たな環境分野へとビジネス構築していくための市場調査やコンサルティング、さらに大手企業との連携によって再生可能エネルギーを用いた世界の環境事業についても展開しています。

同業他社で注目を集める企業について調査

再生可能エネルギーを取り扱うアールエスアセットマネジメントですが、実はこの他にも国内には再生可能エネルギー投資事業を提供している会社がいくつか存在しています。

どのような会社が見られるのか、アールエスアセットマネジメントの同業他社の中でも注目を集めている企業について調査してみました。

リニューアブル・ジャパン株式会社

リニューアブル・ジャパン株式会社は、平成24年1月に設立された企業で、太陽光発電や風力発電などを中心に、関連器材の輸入事業やコンサルティング事業なども担っています。

全国各地に事業所を持っており、発電所数は全部で34ヶ所あります。

プロップテック株式会社

プロップテック株式会社は、平成27年に設立された企業で、太陽光発電を中心とした投資事業を行っています。

元々パワーハウス・インベストメント株式会社という名前でしたが、現在は変更されています。

こちらの特徴としては11ヶ月という短期間での運用が可能だということです。

再生可能エネルギー投資の場合は、そのほとんどが長期的な投資スタイルになるのですが、こちらでは11ヶ月と期間が決められているので取り組みやすいと言えます。

リニューアブル・ジャパン株式会社

リニューアブル・ジャパン株式会社は、アールエスアセットマネジメントとかなり特徴的には似ていたのですが、実績数を見るとアールエスアセットマネジメントは太陽光だけで72ヶ所の発電所が設置されているので、実績だけを見ればアールエスアセットマネジメントの方が優位だと言えるでしょう。

また、プロップテック株式会社はアールエスアセットマネジメントとは異なる点も多いのですが、太陽光発電に限られているという点や平成27年設立なのでまだそこまで発電所数も多くないという点がネックな部分となります。

アールエスアセットマネジメントの口コミと評判を集めてみた

アールエスアセットマネジメントの口コミと解説

東日本大震災以降、再生可能な自然エネルギーを活用した大型の発電設備は急増してきています。

そんな中で、アールエスアセットマネジメントは地球環境問題への配慮と同時に、事業性・経済性をしっかりと捉えた太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギーを活用した発電方法のサポートを行っているのです。

“アールエスアセットマネジメントは地方公共団体や民間所有の土地を活用し、地域と密に協力関係を構築しながらファンド案件を次々に開拓し、特別目的会社を通じて案件を運用しているようです。投資案件の運用手法としては長い歴史を持ち、太陽発電などの再生可能エネルギーの発電設備を運用する手法として今後さらに注目を浴びるのではないかと考えています。”

持続的な運用を実現していくために、再生可能エネルギー発電設備に関するファンドを構築しているアールエスアセットマネジメントは、特別目的会社からの資金運用状況・メンテナンス情報を提供することを可能にしています。

アールエスアセットマネジメントは、アレンジメント事業の一環として、ファンドストラクチャー構築業務というものがあります。

より有効であるストラクチャーを構築していくことで、イニシャルコストや資金管理コストの軽減を図り、収益性を向上させているのです。

イニシャルコストや管理には多くの資金が必要となります。

しかし、特別目的会社からのサポートを受けることにより、出資者にとっても安心して電力供給に貢献しつつ収益を得ることができるのです。

“アールエスアセットマネジメントは人々に欠かせない電気に注目し、ほかの会社のように太陽光発電のみに固執するのではなく幅広い発電方法に可能性を感じていることが良く分かります。”

実際にアールエスアセットマネジメントは、太陽光発電だけに留まることなく、風力・水力・地熱・バイオマスなど、様々な再生エネルギーを普及させるために事業を展開しています。

それぞれ再生可能エネルギーにはメリット・デメリットがあるとされていますが、それぞれが普及することで環境への負荷を減らし、エネルギーの供給を増やしていこうとしているのです。

日本は、エネルギーの供給の8割強が海外から輸入している化石燃料となっています。

原子力を除けば、日本のエネルギー自給率は4%と非常に低いです。

また、従来のエネルギー源である石油・石炭・天然ガスなどのエネルギーを生産する際には、有害物質による影響で環境に大きな負担がかかってしまいます。

限りある資源を大切にするだけでなく、地球環境を保護していくために、再生可能エネルギーは世界中で注目されているのです。

地熱・バイオマス発電とは

アールエスアセットマネジメントが進めている発電方法の中には、地熱やバイオマズ発電も含まれています。

これらには馴染みのない方もいるかもしれません。

地熱発電は火山帯など地下にあるマグマ熱によって発する蒸気から発電する仕組みです。

火山帯の多い日本は地熱大国と言われており、安定的な国産エネルギーでありつつも、開発には障壁が多くなっています。

また、バイオマス発電は可燃ゴミ・生ゴミ・下水汚泥などを燃やしたり発酵させる時に発生するエネルギーで発電する仕組みです。

廃棄物を活用することで無駄をなくし、自然環境への負担も軽減されるため、持続可能な資源循環を行うためにも必要とされています。

特に地熱・バイオマス発電は日本の土地にも非常に適した発電方法ですが、一般的には知られていないのが現状です。

アールエスアセットマネジメントは、そこにいち早く注目し、開発期間の短さと低コストで発電できるこれらの発電事業にも投資しています。

資源が枯渇することがない再生可能エネルギーは、将来的に日本の有力な発電方法になっていく可能性が高いです。

 

安全な発電方法への投資が大切

 

東日本大震災によって、日本の原子力発電所の電力設備は大きな被害を受けました。

その影響で、計画停電や電力不足解消に向けた取り組みが強化される中、国民には原子力発電そのものの不安が高まっていったのです。

原子力発電所の事故の影響で火力発電所の代替を余儀なくされましたが、今度は温室効果ガスの排出量が増加し問題になっていきました。

そこで、現在は地球環境に対してクリーンなエネルギー、つまり地球温暖化の原因となる物質・大気汚染の原因となる物質を排出しないエネルギーが注目されるようになったのです。

原子力発電は発電の際に有害物質を発生させませんが、今後何らかの事故が起こってしまえば放射性物質が漏れてしまうという大きなリスクがあります。

再生可能エネルギーは、クリーンエネルギーの中でも永続的に利用可能なエネルギーのことを言いますが、そのエネルギーこそが太陽光発電・風力発電・水力発電・地熱・バイオマス発電なのです。

アールエスアセットマネジメントは、そんな再生可能エネルギーの分野に積極的な投資を行っており、先進的な取り組みをしている企業です。

この中でも、太陽光発電は海外と比較してもコストが割高であり、課題も多いと言われています。

しかし、アールエスアセットマネジメントは課題を踏まえながら、再生可能エネルギーを通じて日本を発展させていこうと考えているのです。

東日本大震災のような事故を起こさないためにも、安全な電力の必要性を再認識し、低コストでクリーンなエネルギーを供給し続けることが今後求められていくでしょう。

アールエスアセットマネジメントは、環境にも優しい再生可能エネルギーに関する事業を積極的に進めているため、安全性も信頼性も高いです。

再生可能エネルギーに関しては、日本政府も注目しており、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」を導入しています。

これは再生可能エネルギーで発電した電気を、電力会社が一定価格で買い取ることを約束するもので、コストの高い再生可能エネルギーの導入をサポートする制度でもあります。

これをきっかけとして、再生可能エネルギーに注目が集まりつつあるものの、効率的な投資を行っている企業が少なくないのが実態です。

アールエスアセットマネジメントは再生可能エネルギーファンドにおけるマネジメント能力を活かし、再生可能エネルギーの普及を目指しています。

アールエスアセットマネジメントの強みを分析

アールエスアセットマネジメントは、アレンジメント事業とインベストメント事業という2つの事業を行っている会社です。

その2つの事業から見られるアールエスアセットマネジメントの強みはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

 

 

アールエスアセットマネジメントが力を入れているアレンジメント事業

 

アレンジメント事業は、アールエスアセットマネジメントが一番力を入れている事業です。

このアレンジメント事業は、太陽光発電などを利用した再生可能エネルギー事業で、電力を安定供給するための仕組みを作ることが目的になっています。

その目的を達成するために業務を行うのがアレンジメント事業なのです。

そんなアレンジメント事業の中には、ファンドストラクチャーの構築を行う業務があります。

太陽光発電などに投資を行う人に対して、大きなリターンを還元できるような仕組みを作り、投資家にとってメリットの大きい投資ができるようなサポートを行っているということになります。

アールエスアセットマネジメントがそのようなサポートを行う中で、太陽光発電を設置する候補地の選定からメンテナンスまでトータルでサポートを行っています。

これらのレポートをトータルでできるのは、提携会社に委託しているからこそといえるでしょう。

サポート体制がきちんと整っているアールエスアセットマネジメントでの投資は、初期コストだけではなく管理コストも抑えることができるため、ローリスク・ハイリターンな投資を目指すことができるのです。

このようなサポートを行うことによって、再生可能エネルギーの活用方法を多くの人に知ってもらうきっかけにもなります。

そんなきっかけ作りをすることもアールエスアセットマネジメントが持つ社会的意義であり、アールエスアセットマネジメントならではの事業を作るポイントになっているのではないでしょうか。

 

 

安定した収益を目指すインベストメント事業

 

アールエスアセットマネジメントは、インベストメント事業という事業も行っています。

インベストメント事業では、太陽光発電の設備を既に持っている会社向けのサービスを行っており、安定した収益を目指すために必要な匿名組合出資でサポートしています。

匿名組合出資という出資方法は、投資家が借り手に対して投資を行うというもので、アールエスアセットマネジメントを通じて、売電によって得た収入の一部が投資家の手に渡るというものです。

匿名組合出資は、出資分のみの投資になるため投資リスクは低いと言えます。

そのため、リスクが大きいと思われがちな投資でもローリスクで取り組むことができます。

また、アールエスアセットマネジメントの競合他社ではこのような投資が積極的に行われていますが、アールエスアセットマネジメントでは弁護士や会計士といった有識者からのアドバイスをもらい、出資者と協議をしてからの投資になります。

つまり、きちんとした投資シミュレーションを行った上で投資をするため、よりリスクを低くすることができると言えるでしょう。

そして、適切な投資の仕組みを作ることができるので、安心して投資家は取り組むことができるのです。

 

 

再生可能エネルギー事業への積極的な取り組み

 

アールエスアセットマネジメントは、太陽光発電だけではなく、バイオマス発電や風力発電、地熱発電、水力発電といった様々な再生可能エネルギー開発を行っています。

どの発電に関しても、大手企業との共同開発などを行って積極的な取り組みを行っているのです。

大きな注目を集めているバイオマス発電で資源を循環させる社会を目指したり、市場拡大が見込まれている風力発電の開発を行うなど、再生可能エネルギーに関する開発に余念がない会社だと言えます。

また、地熱発電や水力発電に関しては、自然への負荷も小さく、安定した電力を供給できるメリットがあるため、開発に取り組むということはアールエスアセットマネジメントにとっても大きなメリットがあるでしょう。

そしてそれは、投資家にとってのメリットにもなると考えられます。

特に地熱発電は、電力の源泉が枯渇することがなくローコストで発電ができると言われているため、これから開発を進めていくには適した発電方法です。

それに対して水力発電は、認可や許可が必要になってしまうため、どのような場所で行うべきなのか候補地の選定を行っている段階にあります。

専門知識を持つプロフェッショナルな人々と協力して太陽光発電事業に成功しているアールエスアセットマネジメントは、水力発電事業においても成功する可能性は高いと言えるでしょう。

 

アールエスアセットマネジメントは、これまでに多くのノウハウや情報を手にしてきました。

専門的な知識や実績があるからこそ、新たな事業への参入もすることができると予測できます。

新たな事業へ参入するためには、これまでに手にしてきたノウハウや情報が活かされることでしょう。

そしてそれは、アールエスアセットマネジメントを利用する顧客のニーズに合ったサービスの提供にもつながっています。

 

 

海外環境ビジネスにも参入

 

アールエスアセットマネジメントは、海外環境ビジネスにも参入しようと考えています。

現在、世界的にエネルギー開発や環境問題対策に関する注目度が高まっています。

エネルギー開発や環境問題対策の中に潜んでいる課題は、今までアールエスアセットマネジメントが得たノウハウを活かすことで解決の糸口も見つかります。

また、大手企業との連携も行っているため、それぞれが抱える課題に応じた解決策を提示することができるでしょう。

そして、再生可能エネルギーをメインに、環境事業全般をサポートしていくことになると考えられます。

このことからアールエスアセットマネジメントは、日本国内だけではなく、世界的な事業を展開していくという展望を持っていることが分かります。

エネルギー開発は日本だけが行っても環境問題の対策にはなりません。

そのため、世界規模でエネルギー開発をしていく必要があり、それをサポートしていくのがアールエスアセットマネジメントの役割と言えるのではないでしょうか?

総括

アールエスアセットマネジメントは、再生可能エネルギーに関する事業を積極的に行っている会社です。

アールエスアセットマネジメントと似たような事業を行っている会社ももちろんありますが、その中でもアールエスアセットマネジメントはレポートによる状況把握や海外進出など幅広い業務を行っています。

市場調査やコンサルティングなどによって、幅広いニーズに応えることができるという点もアールエスアセットマネジメントならではの強みです。

また、アジアを中心にエネルギー開発や環境問題対策などを行って海外進出も実現しています。

このことから、順調に成長している会社ということも予測できます。

これまでの実績を活かした事業を行っているアールエスアセットマネジメントは、それぞれの国が抱えている課題やニーズを汲み取ってサービスの提案ができるため、多くの国でさらなる活躍を期待することができるでしょう。

そんなアールエスアセットマネジメントは、競合他社と比較した場合においても世界的な活躍ができる会社だと考えることができます。

つまり、グローバルな働き方をしたいと考えている人にとっては大きな魅力を感じることができる会社であり、今後の成長がさらに期待できる会社となっていくのではないでしょうか。