株式会社オープンハウス・代表取締役社長 荒井正昭氏の評判は…?

ネクタイを締める男性

荒井正昭氏は、株式会社オープンハウスの代表取締役社長を務めている人物です。

さまざまな事業を行っているため、名前を聞いたことがあるという人も中にはいるかもしれません。しかし、荒井正昭氏がどのような人物か詳しく知らないという人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、荒井正昭氏の経歴やオープンハウスの会社概要SNSに関する情報評判について解説していきます。

荒井正昭氏がいったいどのような人物なのか知りたいという人は、ぜひ目を通してみてください。

オープンハウス社長、荒井正昭氏の経歴

引用元:https://recruit.openhouse-group.com/new-graduate/people/president.html

 

はじめに、株式会社オープンハウスの代表取締役社長である荒井正昭氏の経歴からみていきましょう。

出身地や学歴について

荒井正昭氏は、1965年に群馬県新田郡藪塚本町(現在の太田市)で生まれました。
両親は不動産業を営んでいて、幼い頃は司法書士になりたいという夢を持っていました

父親は1週間に2日ほどしか出勤していなかったにも関わらず、裕福な家庭だったと言います。
幼少期の経験から、荒井正昭氏自身も両親のように高収入を得て、裕福な生活を送りたいと考えていました。
幼い頃からなりたいと思っていた司法書士であれば、かなり高い年収が期待できます。

荒井氏は結婚願望も強く、22歳で結婚したいという思いも抱いていたそうです。
そんな荒井正昭氏は、群馬県桐生南高等学校を卒業してから上京し、司法書士を目指すために大学に進学しようとしていましたが受験に失敗し2浪しています。
上京してから勉強をせず、遊びに夢中になったことが原因です。

母親からは群馬に戻るように促されることもありましたが、司法書士になるという夢を諦めることができず、東京で学費を稼ぎながら司法書士を目指すため専門学校に入学しようと考えます。
しかし、アルバイトでは思ったように稼ぐことができない。という厳しい現実を思い知ることなるのです。

就職後の経歴について

アルバイトで思ったように稼げないと知った荒井正昭氏は、不動産会社に就職することにしました。
就職先は、株式会社ユニオンハウスです。

ユニオンハウスでは営業職として働き、不動産業のやりがいや営業の楽しさを実感します。
ユニオンハウスでは10年にも渡り、仕事をしていました。

その後、さらに実力を付けたいという思いから1997年に株式会社オープンハウスを設立
荒井氏は最終学歴が高卒でありながらオープンハウスで着実に実績を積み上げ、現在では大きな売り上げを残す会社へと成長させました。

荒井正昭氏の評判

オープンハウスの代表取締役社長である荒井正昭氏の評判が気になるという人もいるでしょう。
最後に、荒井正昭氏の評判についてご紹介します。

時代の先を読む能力に長けており、決断も早い
向上心が高くやる気に満ち溢れている体育会系の社員も多くいるので彼らには
尊敬する人として崇められていると思う。

引用元:https://jobtalk.jp/companies/38545/answers/1063634

荒井正昭氏は、早い決断を下す人なのでスピーディーに動ける体育会系の人からの支持が厚いことがこの口コミから窺えます。

住宅販売の営業出身ということもあり、人を見る目に長けている。毎週木曜日に朝礼のスピーチがあるが、話がシンプルで分かりやすい。

また、社内のイベントでは自らマイクを持つ場面も多く、サービス精神が旺盛であるが、見方によっては目立ちたがりだと思われるかもしれない。社長には「社長が人間的に好きだ」という人は非常に多い。

引用元:https://jobtalk.jp/companies/38545/answers/972057

サービス精神が旺盛で、社員との距離が近いことがこの口コミから分かります。
その人柄が好きな人も多いため、社員に付いていけるのだと考えられます。

新卒採用のイメージが強いが、中途にも力を入れるとのことで、一次面接から社長面接でした。年商数百億ともあろう経営者の方から褒められた時はものすごく嬉しく自信につながりました。

朝礼でも営業マンに天才はいらない、努力でもトップセールスになれると話していたのがとても印象的でした。上場できた理由が分かります。今後もまだまだ発展していくと思います。

引用元:https://jobtalk.jp/companies/38545/answers/932674

最初から社長との面接があるのも特徴的なポイント。社長の人柄を知れる良い機会でもあると言えるでしょう。

オープンハウスはどういった会社?

続いては、オープンハウスの会社概要についてみていきましょう。

会社概要

株式会社オープンハウスは、1997年9月に設立されました。
代表取締役社長は荒井正昭氏が務めています。
従業員数は、2021年9月末現在で4,092名となっています。

主な事業内容は、不動産売買の代理・仲介事業や新築戸建て分譲事業、マンション・ディベロップメント事業、不動産投資事業、不動産金融事業、これらの業務に付随する業務です。
主な免許は、宅地建物取引業免許と不動産特定共同事業を取得しています。

加盟団体は、公益社団法人 首都圏不動産公正取引協議会、一般社団法人 不動産流通経営協会、一般社団法人 全国住宅産業協会です。

売上高

株式会社オープンハウスの最近の売上高をみてみると、右肩上がりとなっているのがわかります。

売上高
2015年9月期…1,793億円
2016年9月期…2,472億円
2017年9月期…3,046億円
2018年9月期…3,907億円
2019年9月期…5,403億円
2020年9月期…5,759億円
2021年9月期…8,105億円

沿革

1997年 株式会社オープンハウスの代表取締役社長に荒井正昭氏が就任し、城南・都心エリアをメインとした不動産流通業を開始する。
不動産流通業界の世界的なネットワークであるセンチュリー21へ加盟する。
2001年 株式会社オープンハウス・ディベロップメント(旧社名・創建ビルド)で新築戸建て物件の販売を開始する。
2004年 総床面積300坪の路面店舗をオープンする
2007年 株式会社アイビーネットを伊藤忠商事株式会社から買収し、不動産金融業に進出する。
2008年 株式会社オープンハウス・ディベロップメントでマンションの販売を開始する。
2011年 株式会社OHリアルステート・マネジメントを設立して、不動産投資業に進出する。
2012年 センチュリー21のフランチャイズ契約を解消して、自社ブランドによる営業をスタートする。
2015年 株式会社アカサワホームを連結子会社化する。
2018年 株式会社ホーク・ワンを完全子会社化する。
2019年 群馬クレインサンダースの運営会社である、株式会社群馬プロバスケットボールコミッションの資本に参加する。
2021年 株式会社プレサンスコーポレーションの株式を追加取得して、連結子会社化する。
株式会社OHリアルエステート・マネジメントの称号を株式会社オープンハウス・リアルエステートに変更する

 

荒井正昭氏のSNS情報

今回、荒井正昭氏のSNSに関する情報は見つけることができませんでした

しかし、オープンハウスのSNSアカウントはあったため、会社に関する情報はSNSでも集められるようになっています。
オープンハウス公式のSNSアカウントでは様々な情報を発信しているため、どのような会社か気になる人は要チェックです。

採用に関する情報も発信していますが、手掛けた物件に関する紹介も行っています。
そのため、オープンハウスについて知るためには企業SNSをチェックするのがおすすめです。

荒井氏個人のSNSもはじめる可能性も十分あるため、気になる方はこまめにチェックしてみると良いでしょう。

まとめ

ジャンプする男性

株式会社オープンハウスの代表取締役社長を務めている荒井正昭氏は、株式会社ユニオンハウスで仕事をしたことをきっかけに不動産業に対する関心が高まっていきました。
より大きな実力をつけるためにオープンハウスを設立し、上場企業へと成長させた実績の持ち主でもあります。

株式会社オープンハウスが不動産売買の代理・仲介事業や新築戸建て分譲事業、マンション・ディベロップメント事業、不動産投資事業、不動産金融事業といった多岐に渡る事業を行えているのも、荒井正昭氏のこれまでの経験やノウハウがあるからだと言えるでしょう

評判を見てみても、社員から尊敬される人物であることが分かるため、会社・荒井氏ともに今後の躍進が期待されます。