森谷式翻訳術で翻訳者を目指せるって本当?

森谷式翻訳術で翻訳家を目指せるって本当?

森谷式翻訳術は多くの翻訳者を目指す人からも、翻訳を依頼する側からも高い関心が寄せられています。

世の中がグローバル化し、流通する情報の量が加速的に増加するにつれ、様々なコンテンツを翻訳する必要性はますます高まっています。

今回は、語学力を武器に自らの力で稼ごうと考えている人に向け、翻訳者になれる「森谷式翻訳カレッジ」と運営会社の「トランスクリエイターズ」について情報をまとめてみました。

森谷式翻訳術やトランスクリエーションとは?

機械による翻訳がある時代とはいえ、まだまだ機械翻訳は日本語として成立しない品質の低さが目立っています。

Webサイトの口コミや商品紹介などの中で、明らかに機械翻訳と分かる違和感のある日本語を目にしたことがある人は多いでしょう。

翻訳は、ただ意味が伝われば良いものではなく、母国語として使っている人が読んで違和感がなく、原文のニュアンスを上手に表現する技術が必要です。

森谷式翻訳術は翻訳テクニックに特徴がある

翻訳者としてデビューを果たすには、当然ながら基本的な語学力と最低限の翻訳スキルが必要です。

英語を和訳つまり直訳することと、翻訳することには実は大きな違いがあります。

翻訳をするには、原文が伝えようとしているニュアンスも含め、コンセプトなどを考慮して創造的な意訳を取り入れなければなりません。

トランスクリエーションとは

森谷式翻訳術の一番の特徴はトランスクリエーションと言えます。

トランスクリエーションとは原文が伝えようとしているメッセージやコンセプトを伝える創造的な翻訳です。

「翻訳(translation)」と「創造(creation)」を組み合わせた造語が森谷式翻訳術のトランスクリエーションで、英語圏では「クリエイティブを他の言語や文化にマッチングさせること」と定義されています。

トランスクリエーションは難しい?

直訳さえすればよい英語学習しかしてこなかった人にとって、創造力が求められるトランスクリエーションはハードルが高いと思われがちです。

直訳は英語力があればできるものの、最適な意訳つまりトランスクリエーションによる翻訳をするには日本語での表現力が欠かせません。

つまり、翻訳の技術はトランスクリエーションが身についているかどうかにかかっていると言っても過言ではないでしょう。

原文の意味だけなく、原文が書かれた意図や戦略、原文に込められたイメージやメッセージ、原文が狙っているブランディングなどの要素を理解し、市場に支持される表現が求められるため、トランスクリエーションは高度な技術です。

しかし、森谷式翻訳カレッジでは難しく高度なトランスクリエーションの技術を確実に身につけられるようにカリキュラムが組まれています。

理論的な解説があり、基本から徐々にレベルを上げて学べるので未経験の人も安心して学べます。

森谷式翻訳カレッジについて知ろう

森谷式翻訳カレッジに参加するとトランスクリエーション技術が身につくため、仕事依頼の絶えない翻訳者になれると多くの人が高く評価しています。

ここからは森谷式翻訳カレッジの概要とコースの種類を確認してみましょう。

森谷式翻訳カレッジの概要

森谷式翻訳カレッジでは翻訳の仕事で求められる「トランスクリエーション」の技術を学びます。

基本的な内容から学習できるので、翻訳未経験の初心者でも最短最速で業界トップレベルの翻訳者を目指せます。

もちろん、翻訳スキルだけではなく基本的な英語力の底上げについても学べるので、今の英語力を底上げし翻訳者として活躍するために必要な英語力までレベルアップが可能です。

また、講師は実際に現役で翻訳者として活躍する実力者なので、実際の翻訳の仕事に即した内容が学べます。

現場で通用する的確な指導・添削が受けられるので、本物の翻訳力が身に付きます。

コースの種類

森谷式翻訳カレッジには、英語の翻訳者育成のコースが設けられています。

今やネットを使ったビジネスは当たり前になり、様々な国の企業が日本向けに商品やサービスを提供する場面は増え続けています。

特に海外資本の会社が運営するサイトなどで、違和感がある日本語などを目にする機会は多いのではないでしょうか。

そのため、森谷式翻訳カレッジでは原文の意味をくみ取り伝える森谷式翻訳術のトランスクリエーション技術を学ぶことができるような内容になっています。

カリキュラムの中には、それぞれ「通常コース」「マンツーマンコース」「セルフプログラム」の3コースが用意されています。

 

口コミや評判

森谷式翻訳カレッジについて受講生の口コミを確認してみましょう。

英語が好きで結婚したあとは英語を使った仕事をしたいと思っていました。

そんな夢みたいなことを考えていても実際にはとても難しかったです。

普通にパートでもしようかなと感じていたときに森谷式翻訳に出会いました。

そこで翻訳者としての道が開かれて念願の英語を使った仕事を得ることが出来ました。

お小遣い程度の稼ぎですが、好きなことを仕事に出来てよかったです。

引用元:https://www.andorranamoto.com/

英語を活かしたいと思っている人にとって、森谷式翻訳カレッジは夢を形にする手段となっていると言えるでしょう。

 

この歳で翻訳者になると夢にも思っていなかったです。

講座もわかりやすく何とか試験も突破して翻訳の仕事をしながら、会社員としても働いています。

翻訳の仕事は労働時間の割には稼げるので休日でやっても20万円くらいは稼げます。

収入源が増えたことにより生活にゆとりを持てて気分よく過ごしています。

引用元:https://www.andorranamoto.com/

森谷式翻訳カレッジで翻訳の仕事を副業にし、しっかり稼いでいる人もいることが分かります。

 

定年も迎えて一通りやり終えた気持ちでいました。

しかし、収入が現役のときに比べてガクッと落ちてしまいました。

これでは貯金を崩すかもしれないと思い軽く稼げる副業を探しました。

そこで翻訳の仕事で出会ったわけですが、英語は苦手ながらも自由に働けるところと収入がいいところに興味を惹かれました。

久しぶりの英語でしたが、翻訳するのがエンタメ系でもあったため毎日楽しく勉強も出来、飽きることもなくやった結果、翻訳の試験に合格して今は翻訳者です。孫にも自慢出来るのがとても嬉しいです。

引用元:https://www.andorranamoto.com/

翻訳の仕事を人生の楽しみにできる点も、森谷式翻訳カレッジで学べるトランスクリエーションだからこそではないでしょうか。

森谷祐二さんについて

多くの人を翻訳者として世に送り出している、森谷式翻訳術を作った森谷祐二さんについては、様々な憶測が出回っています。

革新的な技術やサービスを提供する人について、どんな人物なのかがよく分からないと人は不安になります。

不安な感情は、疑いや恐怖感などネガティブな発想を生んでしまうでしょう。

実際の森谷祐二さんがどんな人物なのか調べてみました。

実力派の翻訳者

森谷祐二さんは1969年生まれのプロ翻訳者で、翻訳の仕事で年収1000万円を稼ぐ実力を認められた人物です。
今現在は翻訳者の育成にも尽力しているようですが、翻訳業のみで年収1000万円を稼ぐことは容易なことではありません。

過労死寸前になった経験

熱心に仕事をする性格から、会社員時代には過労死寸前になった経験をしています。

死を目前にして人生を見直したとき、自分の好きな時に自由に仕事をする環境の大切さに気付きました。

それが、森谷式翻訳カレッジの活動につながったと言えるでしょう。

運営会社のトランスクリエイターズについて

森谷式翻訳カレッジは株式会社トランスクリエイターズが運営しています。

所在地は東京都港区三田2-20-17ジェノヴィア麻布十番グリーンヴェール903、電話番号も会社のサイトに明記されています。

設立年月日は2021年1月7日の生まれたばかりの会社ではあるものの、株式会社化されたきちんとした企業と言えるでしょう。

資格まとめ

今回は森谷式翻訳術で翻訳者を目指せるかについてお伝えしました。

インターネットが当たり前の世の中、グローバル化はますます加速し、質の高い翻訳者のニーズは高まっていくと考えられます。

ぜひ今回の記事を参考に、トランスクリエーション技術を身につけ、多くの発注者に必要とされる翻訳者を目指してみてください。