RSアセットマネジメントの業務内容とは?クリーン電力で日本に貢献

RSアセットマネジメントは、太陽光発電を中心とした再生可能エネルギーファンドに対する業務を手掛ける会社です。

環境に配慮した暮らしが叫ばれる昨今、クリーンエネルギーへの需要が高まり、関心を示す人も多くなってきました。

それに伴い太陽光発電の設置や運用、環境ビジネスに興味を持った方もいるでしょう。

そこで今回は、RSアセットマネジメントの業務や事業内容についてご紹介します。

 

RSアセットマネジメントの業務に興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

RSアセットマネジメントの企業概要

 

RSアセットマネジメントは、太陽光発電をはじめとする環境にやさしく、クリーンな電力供給を展開している会社です。

ここではRSアセットマネジメントの企業概要についてご説明します。

 

企業情報

 

・会社名:アール・エス・アセットマネジメント株式会社

・所在地:東京都港区赤坂5-4-7 THE HEXAGON 9階

・設立:2013年3月

・資本金:5,000万円

・事業内容:太陽光設備等の再生可能エネルギーファンドに関する業務

RSアセットマネジメントは2013年に設立された、比較的若い会社です。
東京に拠点を構える会社は、太陽光設備等の再生可能エネルギーファンドに関する業務を行っています。

世間が電力供給に深い関心を寄せたのは、2011年3月に発生した東日本大震災でした。
RSアセットマネジメントは、安価なものではなく、質の高い電力を供給しようとしている企業です。

日本のインフラ改革を目指しており、電源構造の変化をもたらすことで、人々が安心・安全に暮らせる社会を構築しようとしています。

 

RSアセットマネジメントの業務・事業内容

 

RSアセットマネジメントでは、太陽光設備等を中心としたクリーンな電力供給を行っています。

主な事業は、アレンジメント事業とインベストメント事業の2種類です。

その他にこれら事業に付随する業務も手掛けています。

 

アレンジメント事業

 

アレンジメント事業とは、再生可能エネルギー事業に関する支援や助言、関係当事者の選定や調整を行う事業です。

アレンジメント業務は、適切な資金管理ができるアセットマネージャーによって行われます。

RSアセットマネジメントでは、やがて日本の将来を担うであろう若い世代のアセットマネージャーを採用しています。

企業理念である「安全かつ安定した電力供給への貢献」のコンセプトに基づいた、仕組みづくりを目指している企業です。

アレンジメント事業は、以下のファンドストラクチャー構築業務と運営管理業務の2つに分類されますが、どちらも金融商品取引業及び貸金業に該当する事業は含みません。

 

・ファンドストラクチャー構築業務

ファンドストラクチャー構築業務は、投資家の出資リターンを最大化する仕組み構築を目指した業務です。

社外の弁護士や会計士等から助言を受けて考案した投資シミュレーション等を基に、投資家と十分な話し合いを重ねて、最適な運用方法を決定していきます。

ただし、RSアセットマネジメントの基本理念は「安全かつ安定した電力供給への貢献」であるため、投資手法はあまり過度なものにならないよう調整されています。

日本のインフラ改革や環境に配慮した暮らしが実現するような、投資計画が取られている点が特徴です。

具体的な仕組みとして太陽光発電投資においては、電力会社とは20年間の固定買取制度を結んでいます。

固定買取制度とは、太陽光や風力などの再生可能エネルギーで発電した電気を、電力会社が固定価格で買い取る制度です。

国が担保しているため、10年なら10年間、20年なら20年間は決まった価格で電力会社が買い取ってくれます。

不動産投資では、店舗の退去や即時売買のしにくさから、継続的な収益は難しいですが、太陽光発電投資では安定した収益モデルが築けます。

太陽光設備の設置候補地の選定、設備設置、期中メンテナンスに関しては、特別目的会社(SPC)が一括して、提携会社に委託します。

特別目的会社(SPC)とは、資金調達や投資家への利益分配のために設立される会社です。

通常の会社とは異なり、利益を追求することはありません。

特別目的会社(SPC)経由で、経験豊富な提携会社に業務を委託することで、発電設備の初期コストを抑えることができ、将来的な経費削減が可能となります。

また特別目的会社(SPC)事業では、銀行等からノンリコースローンによる借入可能な商品のみを投資対象とできます。

ノンリコースローンとは、特定の事業から発生するキャッシュフローのみを返済原資とするローンのことです。

これにより少額投資に対してもレバレッジを効かせて、投資リターンを増やせます。

 

・運営管理業務

運営管理業務は、特別目的会社(SPC)による資金運用状況、設備メンテナンス状況等を報告する業務です。

スピーディーな情報提供と透明性の高いレポーティングを行います。

レポート作成を通して、投資家の資金がクリーンな電力供給とやさしい環境づくりの実現に貢献していることを実感してもらっています。

 

インベストメント事業

 

インベストメント事業とは、投資に関わる事業です。

太陽光発電設備を保有している特別目的会社(SPC)を対象に、匿名組合出資を行い、電力買取に基づく、安定した収入確保を実現します。

匿名組合出資では出資額の範囲でしか責任を負わないため、追加の出資は必要ありません。金融商品取引業及び貸金業には該当しない内容の事業です。

RSアセットマネジメントの発電に関する事業分野

 

RSアセットマネジメントは太陽光発電を含め、複数の事業分野を展開しています。

ここでは、RSアセットマネジメントが参入している事業分野と特徴についてご紹介します。

 

・太陽光発電

RSアセットマネジメントの主な発電設備です。

太陽光は地域による設置制限も少なく、風力等と比較して可動域も狭くなっています。

日射量の多さに影響はされますが、自動的発電できる点は大きなメリットです。

RSアセットマネジメントでは、用地交渉から企画、運用までトータルサポートしています。

大手エンジニアが対象地に合わせて、最適な太陽光発電システムの施工・保守を行い、環境にも配慮するので安心です。

各投資家の事業性・経済性を向上させるように取り組んでいます。

発電施設は北海道や千葉、福岡など全国に多数あるなど、他の発電設備よりも導入しやすい点がメリットです。

 

・バイオマス発電

バイオマス発電とは、生ゴミや廃油といった動植物等から生成される生物資源を活用した発電方法です。

RSアセットマネジメントでは、安定したバイオマス燃料を確保する目的で、2017年3月に合弁会社「MINE BIOMASS SYNERGIES PTE. LTD.」を設立しました。

マレーシアやシンガポールなど、東南アジアのパートナー企業を中心に事業を展開しています。

バイオマス発電は、カーボンニュートラルの考えを基礎としており、環境負荷を減らす手法として支持されています。

カーボンニュートラルとは、バイオマスが燃焼する前には二酸化炭素を吸収して成長しているため、長期的な視点では二酸化炭素の排出量は変化しないという考え方です。

 

・風力発電

風力発電は、高効率で電気を生み出せる設備として注目されています。

風の力を利用しているため環境負荷も小さく、発電コストも低いのがメリットです。

RSアセットマネジメントでは、小型風力、洋上風力を含めた風力発電事業の開発を行っています。

自然エネルギーである風は化石燃料と異なり、枯渇する可能性がないため、将来的に市場がさらに成長する可能性を秘めています。

 

・地熱発電

地熱発電は、地中の熱を利用して発電する方式です。

火力発電ではタービンを回す蒸気を生成するため、石炭や石油を燃焼させる必要がありますが、地熱発電では地球自体が持つエネルギーを使います。

RSアセットマネジメントでは、開発期間が短く、低リスク・低コストなバイナリー発電を開発しています。

低沸点媒体の利用により、低温の蒸気や熱水の利用が可能です。

 

・水力発電

水力発電は太陽光発電と同じく、二酸化炭素を発生させないクリーンな発電手法です。

資源の少ない日本で、昔からエネルギー供給源として利用されてきました。

水力発電に関しては、中小規模(1,000kW 以下) の河川や農業用水路が適しているとされており、RSアセットマネジメントでも候補地選定・実施設計を進めています。

太陽光発電と比べて許認可に時間はかかりますが、安定した電力確保が期待できます。

 

市場調査や海外環境ビジネスも手掛ける

 

RSアセットマネジメントは、再生可能エネルギーファンドに対する実績や知識を活用して、市場調査や海外環境ビジネスも手掛けています。

 

・市場調査、コンサルティング

RSアセットマネジメントは、クリーンエネルギーの供給を実現させる、高度な専門性と豊富な経験をもとに市場調査やコンサルティング業務も行っています。

テクノロジーが進歩する傍ら、企業の責任はもちろん、一人ひとりにも環境への配慮は求められています。

蓄積されたノウハウと情報を活かし、環境分野でのビジネス構築を支援しています。

利用者のヒアリングからスタートアップの準備まで、トータルサポートが可能です。

 

・海外環境ビジネス

技術や機械の進歩により、発展途上国の中には、目紛るしい勢いで経済成長している国もあります。
特にアジア各国では、環境への負荷が懸念されています。

RSアセットマネジメントでは、世界のエネルギー問題や環境問題に対し、実績と経験を活かした環境事業を展開しています。

パートナー企業と連携を図り、地域の拡大や需要に沿って、再生可能エネルギーを導入していく事業です。

 

RSアセットマネジメントは、太陽光設備等の再生可能エネルギーファンドに対する事業を展開している企業です。

企業理念である「安全かつ安定した電力供給への貢献」をもとに、クリーンエネルギーの供給を通じて、日本のインフラ構造を改革しようとしています。

東日本大震災以降は、電力の価格だけでなく、「どのように供給されるか」にも関心が高まるようになりました。

暮らしに安心と安全をもたらすには、太陽光や風力、バイオマスなどのクリーンな電力供給へのシフトが不可欠です。

RSアセットマネジメンは、持続可能な発展に向けて、日本の将来がさらに良くなるよう業務を推し進めています。