プリントパックはどんな会社?給与や福利厚生、求められる人物像を調査してみた!

今やインターネットを駆使して様々なことができるようになっていますが、印刷業界も着々と進化し続けています。

ネットで印刷を依頼できるネット印刷サービスを展開する会社は多く見られますが、その中でもプリントパックは他のネット印刷会社とは一線を画すほどの高品質な印刷技術を売りにしています。

そのため、多くの人に選ばれており、評価も高い印刷業者です。

しかし、プリントパックという名前は知っていても、詳しい企業情報を知っている人は少ないのではないでしょうか?

そこで今回は、有名なプリントパックがどのような企業なのか詳しくご紹介していきましょう。

プリントパックの事業に少しでも興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

プリントパックの事業内容について

まずは、プリントパックの詳しい事業内容やこれまで歩んできた沿革についてご紹介していきましょう。

■プリントパックの事業内容

1970年6月に創業されたプリントパックは間もなく創業50周年を迎える、歴史ある企業です。

事業内容はインターネット窓口から依頼があった印刷を行う印刷通販事業をメインに事業を進めてきました。

北海道から沖縄まで日本全国に渡ってデザイナーやクリエイター、個人から中小企業、上場企業といった様々な人に利用され事業を拡大していきました。

そんなプリントパックは京都の向日市に本社を構えています。

印刷工場は京都市内に3つ、東京、群馬、福岡、千葉の4つの工場、そして東京、大阪、札幌に支店を置き営業を行ってきた会社です。

こうして本社がある京都だけではなく、各地の工場や支店を置くことで全国どこへでも素早い依頼がこなせるようになっています。

安い・早い・簡単・安心のサービスがプリントパックの強みになっており、どの印刷業者よりも優れた強みを持って事業を行っています。

こうした価値が選ばれているプリントパックは長年多くの人の愛されてきました。

これからも創業当時から変わらない強みを活かし、さらなる企業成長につなげていくことでしょう。

■プリントパックが大きくなっていった経緯

プリントパックは創業当時小さな会社として始まりました。

創業が始まった1970年代ではまだまだ印刷技術が確かなものではありませんでした。

ほとんどの印刷会社では不良品の発生率が10%~20%と多く、たくさんの印刷企業が頭を悩ませていたのです。

しかし、そんな難しいとされていた印刷業務の中で0.01%以下の不良品発生率を誇る印刷会社プリントパックが誕生しました。

精密な検査を行いながら印刷事業を展開していたプリントパックは、少しでも疑わしく評価されないものは商品として出さなかったそうです。

この時代では今ほど多くの印刷会社があったわけではなかったため、プリントパックの素晴らしい印刷技術は瞬く間に広がりました。

そしてどんどん知名度を上げていったプリントパックは、自社の会社案内を作成しようと馴染みのあるデザイン会社に見積りを依頼したのですが、あまりにも高い金額になっていることに驚いきました。

これでは、どの会社も印刷物を思うように作ることができないと気付いた社長は、誰にでも気軽に作れる価格で印刷物を提供しようと決意したのです。

そして、価格を安くしながら印刷技術はさらに向上していき、どの企業にも引けを取らないほど優れた印刷物を届けられる企業へと成長を果たしています。

創業から約50年経ちますが、こうして今も評価をされ続けているプリントパックは、創業当時から変わらない「顧客に良い物を届ける」という志でたくさんの人に愛されているのです。

プリントパックの職種について

プリントパックでは顧客に選ばれる印刷技術を届けるために各部署が協力し、一つひとつ丁寧な印刷を心掛けています。

ここからは、プリントパックの高品質な印刷物を制作し、顧客に届けている各職種について詳しく説明していきます。

■製造部

製造部では機械エンジニアとして印刷業務を行ったり、生産計画として生産工程の全体を見渡したりして、効率化を担う仕事が行われています。

印刷はプリントパック専用の最先端印刷機器を用いて印刷が進められています。

仕事は多くの工程が機械によって自動化されていますが、断裁・加工・製本を行うエンジニアによって一つひとつ丁寧に作業を行い、印刷物の品質を高めています。

生産計画ではデータチェックオペレータによって依頼があった入稿データに不備がないかの確認を行い、修正が必要となった場合はすぐさまカスタマーサポートを通じて顧客に連絡が渡るようにしています。

同時に工程計画や版面設計を行い用紙や印刷工程に無駄が出ないよう心掛け、コスト削減にも努める仕事です。

■営業部

営業部ではカスタマーサポートや販売戦略立てていく仕事です。

顧客の電話やメールでの問い合わせに応えていき、満足につながるようにしています。

また、WEBや広告デザイン業務も行い、自社サイトの運営及び改善を行いながらプリントパックの印刷技術の素晴らしさを伝えています。

さらには、印刷業界の市場を調査して素早い価格見直しを行っているのも営業部です。

業界トップの安さを誇るプリントパックは、営業部によっても保たれているのです。

■管理部

管理部では人事・総務・経理といった会社大きく支えるポジションを担うほか、情報セキュリティやネットワークエンジニア、コンピュータプログラミングを行う事業部となっています。

より良いサービスを実現するための企画を行い、社員一人ひとりが働きやすくなる環境になるようにも手掛けています。

また、年中無休で稼動し続ける自社サイトと社内システムを管理しており、サーバやネットワークに関するスペシャリストが監視・保守・運用・新規構築といった大事な役割も果たしています。

こうして様々な管理業務が、顧客に満足してもらえる印刷物を届けるためのものとしてつながっていきます。

製造部、営業部、管理部の3つの職種によってプリントパックの素晴らしさは保たれています。

どの事業部もやりがいのあることばかりで、すべての業務が顧客の満足度につながっていくのです。

プリントパックの福利厚生について

プリントパックは、充実した福利厚生が魅力的な会社でもあります。

続いては、プリントパックの福利厚生について見ていきましょう。

■採用職種

プリントパックで応募している職種は全部で3コースに分かれています。

・特別(S)コース
特別(S)コースは、将来的に経営やマネジメントに携わる仕事や、技術系の部(機械部など)のチームリーダーを目指せるコースです。

・総合(A)コース
プリントパックのいくつかの部門の中でマネジメント業を行いたいと考えている方や、技術面に特化し一流の技術者を目指したい方向けのコースです。

・エリアマネジメントコース
エリアリーダーやその地域での管理職、一流の技術者を目指すための勤務エリア限定コースとなっています。

総合(A)コースとエリアマネジメントコースでは、入社後に経験を積んでから特別(S)コース移動することもできます。

特別(S)コースに最初から入った場合は他のコースに変更することはできません。

また、総合(A)コースはエリアマネジメントコースに移れないので注意が必要です。

■給料(初任給)

・特別(S)コース
大卒…23万1,000円
院了…24万1,000円

・総合(A)コース
大卒…23万7,200円~27万4,000円
院了…24万7,000円~28万4,000円
高校卒・専門学校卒…20万6,200円

・エリアマネジメントコース
<大卒>
東京以外…20万9,300円
東京…22万1,400円

<院了>
東京以外…22万200円
東京…23万2,400円

<高校卒・専門学校卒>
東京以外…19万7,700円
東京…20万9,900円

■諸手当

・住宅手当(毎月2万円)
・通勤手当(毎月3万円まで)
・家族手当(配偶者1万円)
・子弟教育手当(子ども1人につき5,000円、大学生は2万円、高校生は1万5,000円)
・奨学金返済支援手当

住宅手当は通勤可能範囲外地域からの引っ越しが必要な場合、一時金として20万円まで支給されます。
ただし、地域によって異なります。

■昇給

プリントパックの昇給は毎年1回です。
7月に行われています。

■賞与

プリントパックの賞与は、年2回支給されています。
業績などによって支給回数は変わる可能性がありますが、過去5年間は年2回支給された実績を残しています、
また、決算賞与の支給もあるので、賞与がかなり充実した会社だと言えるのではないでしょうか。

■休日休暇

プリントパックの休日は、週休2日となっています。
年末年始休暇やゴールデンウィーク、夏季休暇、慶長休暇なども備わっています。

■保険

プリントパックでは、社会保険を完備していて、厚生年金基金に加入します。

■その他の福利厚生

ここまでご紹介してきた制度などもとても充実していますが、その他にも充実の制度を設けています。

財形貯蓄制度や定期健康診断などはもちろんですが、親睦会レクリエーションや表彰制度、バースデーケーキプレゼントといった独自の取り組みも行っているのです。

またプリントパックでは、ブラザーシスター制度という制度も採用しています。

ブラザーシスター制度は、新入社員に先輩社員が指導役として付き、マンツーマンで業務指導などを行うものです。

仕事に関する悩みや不安はもちろんですが、社会人生活における悩みにも相談できるように設けられました。

プリントパックの福利厚生はこのように、かなり充実したものとなっています。

働きやすさを考慮しているからこそ社員が定着し、会社自体も成長しているのです。

子弟教育手当や奨学金返済支援手当などの手当てが充実しているという点も大きな魅力です。

プリントパックで求められるのは一体どんな人物像なのか

プリントパックでは、「印刷の革新に挑むリーダー」を目指したいと考えている人物を求めています。

ピーター・ドラッガーはかつて、「(インターネットがもたらした)現段階での情報革命は、15世紀の印刷革命に比べれば衝撃度はまだ小さい。

グーテンベルクが発明した印刷技術によるコストの削減は今の比ではない」と述べているように、印刷技術の発展によってコストは大幅に削減できるようになっています。

印刷技術の発展に寄与したグーテンベルグの印刷技術は、社会の構造すら変えたと言われているのです。

プリントパックはそのような印刷業界にさらなる革新をもたらすための挑戦を続けてきました。

今では当たり前になっている印刷の通販は、プリントパックが生み出したイノベーションです。

印刷業者に依頼すると時間がかかってしまったり、費用がかなり高くなってしまったりといったケースも多くあったのですが、印刷の通販を実現することで安く早く印刷できるようになりました。

安くて早いだけではなく、品質の高さも間違いありません。

しかしプリントパックは、まだまだ挑戦をしようと考えています。

想いを伝えたいと考える人が1人でもいる限り、プリントパックは革新をもたらすための取り組みを行っていきたいという熱い気持ちを持っているのです。

印刷業界の成長は頭打ちのように見えてしまうかもしれません。

まだ誰も足を踏み入れていない領域に到達しようとしているため、頭打ちに見えているだけだとプリントパックは考えています。

新しい領域に踏み入れることによって、新しい可能性も見えてくるでしょう。

それは、数々の困難にぶつかる可能性があることも意味しています。

いまだかつてない領域に足を踏み入れ、より良いサービスを提供するために動きたいと考えている人にとってプリントパックは働きがいを感じられる会社だと言えるでしょう。

そんなプリントパックでは、リーダーや幹部候補として上に立てる資質を持つ人物を求めています。

プリントパックでリーダーや幹部候補として活躍するためには、諦めることのない粘り強さや真面目さを持っていることが重要になります。

また、高い目標を持ってそれに向かって努力できる人も上に立てる資質を持つ人物だと言えるでしょう。

熱い思いを持ち、仕事に打ち込める人であれば、会社の成長を自分のことのように喜ぶこともできます。

そのためプリントパックでは、リーダーや幹部候補として上に立てる資質を持つ人物を求めているのです。