様々なデザイン案件を受けるトキネクトとは?評判や採用情報も調査

上昇

企業にとって自社のサービスや製品の認知度を上げることは会社の利益にもつながるとても重要なことです。

しかし、そのためにはどうしたら良いのか、どのような戦略を取ればいいのか、はっきりとした展望を持っている方は少なくありません。

そこで、この記事ではブランドと呼ばれる企業の製品やサービスに対するイメージを向上させる方法の一つ、ブランディングの重要性について詳しく解説していきます。

また、様々なデザインを提案し、企業のブランド力向上を担っているトキネクトについても併せて紹介していきますので、ブランディングを検討している方、興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

 

広告の力とは?

矢印

企業にとって広告は重要であるということは、誰しも感じていることでしょう。

広告は消費者の企業に対するイメージに大きく作用し、経営状況や売上にも大きく関わります。

マーケティング手法の一つであるブランディングは、自社のブランド価値を高め、消費者に自社製品やサービスを知ってもらうために有効な手段です。

例えば、「家具を買うなら」「家電を買うなら」と考えたときに思い浮かぶ企業はどこでしょうか。

このように、消費者が購買行動をおこなう際に、自社の製品やサービスを思い浮かべてもらえるように自社製品のブランド価値を高め他社との差別化を狙います。

しかし、昔に比べてテレビやパソコン、スマートフォンが普及し、常に多くの情報で溢れている現代で、自社の製品やサービスを知ってもらうことは容易なことではありません。

そこで、必要になるのが「目立つこと」です。

検索でたどり着いてもらうにも、常に情報を発信し、消費者の目に留まる必要があります。

また、同じようなデザインのものが多い中で、目を引くデザインであればあるほど、消費者から選んでもらうことができるのです。

何も発信していないのに、良い製品やサービスであれば見つけてもらえるといったことは、幻想にすぎません。

情報過多の現代だからこそ、ブランディングは必須であると言えるでしょう。

 

特に中小企業にはブランディングが重要な理由

目立つ

ブランディングとは、企業や製品に対するイメージをブランドとして定着させるための活動です。

ブランドとは高級な製品を指す言葉ではありません。

パッケージやロゴといったビジュアルや、サービスや製品から得たもので作られており、企業や製品の価値を感動や体験を通して高めることで、市場の優位性を上げるマーケティング方法の一つです。

このブランディングが、なぜ中小企業にとって、特に重要なのかその理由について説明していきましょう。

 

ブランド価値が高まると愛着心が生まれる

ブランドの価値が高まると、消費者は企業に対して愛着心や信頼が生まれますが、これをブランドロイヤリティといいます。

これはブランドに対する忠誠度とも言われるもので、ブランドロイヤリティによって固定の消費者を作り出すことが可能です。

例えば、特定のコンビニやカフェの新商品が出る度にチェックし、購入する消費者がいるように、戦略次第でターゲットを独占することもできるのです。

 

知名度を上げられる

自社のサービスや製品について認知度が上がることは、そのまま売上など競争力の強化にもつながります。

例えば、「CMでみたスマホが良さそうだったから、あれにしようかな」と言ったように、認知度が上がればそれだけその製品を検討する人が増えるといったメリットが生まれます。

 

企業同士の強力体制の強化

知名度が向上することで、「あの企業とコラボすると売上アップが望める」と企業同士でコラボレーション商品を開発するなど、共同サービスを作り出したり、提携したりといった機会を増やすことが可能です。

 

価格競争を避けられる

製品やサービスにブランド価値が付帯されることで、同じ品質や機能だとしても価格競争せずに、プレミアム価格で勝負することが可能のため、安定した利益を見込めます。

 

大企業はこれまでの歴史やネームバリューによって、すでにブランドが形成されています。

だからこそ、大企業と違いそれらがまだない中小企業こそ、ブランディングをおこない、企業や製品に対するイメージに付加価値を持たせることは、今後のビジネスを展開していくうえで重要であるといえるでしょう。

 

トキネクトの会社概要

ビジネス

様々なデザイン案件を受け、企業のブランディングをおこなっているトキネクトとはいったいどのような会社なのか、詳しく見ていきましょう。

 

会社名:株式会社トキネクト

代表:倉知礼門

 

ブランディングを軸に、ウェブサイト企から構築・運営、写真撮影や映像制作、広告やリーフレットなどのグラフィックデザイン、店舗デザインから設計施工まで、デザインに関して幅広くおこなっている2020年12月に設立された会社です。

ブランディングは中小企業にこそ本当に重要な経営戦略であるとの考えから、企業に馴染むデザインと仕組み作りをおこなっています。

大手企業と中小企業では必要なブランディングは全く異なります。

資本力やもともとのブランド力、また広報力も違うのですから、大手企業のやり方を真似たところで結果につながることは少ないのが現実です。

トキネクトは中小企業には中小企業のやり方があり、その方法は真似ではなく生み出すものであると考えています。

中小企業のブランディングをおこなう上で一番大切な独自の価値をつくり、自分の土俵で戦うことを、一緒に考えていける企業でありたいとの思いから、それぞれの企業に合ったブランディングを提供しています。

 

また、トキネクトはホームページに料金設定を公開していません。

なぜなら、デザインにはそれぞれ専門的な知識と技能が求められますが、それらを安売りすることは、デザイナーの社会的地位を下げる行為であると考えているからです。

しかし、予算の少ない企業の相手をしないという訳ではなく、その限られた予算の中から良いものを作り上げたいとの思いから、明確な料金設定をおこなうことは避けているそうです。

困っている誰かの助けとなるようなデザインを目指しているトキネクトは、中小企業や零細企業、こじんまりしたお店をデザインで救いたいとの熱い想いを持った会社でした。

 

トキネクトの評判は?採用情報は?

検索

2020年12月に設立されたばかりの会社ということもあるのでしょう。

口コミや評判は今の時点で見つけることができませんでした。

また、採用情報についても、残念ながらホームページに弟子募集は現在募集していないと記載されていました。

今後何か動きがあれば随時情報を追加していきたいと思います。

 

まとめ

女性

ここまで企業にとってブランディングはいかに重要であるかについて解説してきました。

特に大手企業のようにこれまで培ってきた歴史やネームバリューのない中小企業こそ、自社の認知度を上げ、ブランド力を上げるブランディングが求められていることをお分かりいただけたのではないでしょうか。

どれだけ良い製品やサービスを作り上げても、その価値を正確に知ってもらうことができなければ意味がありません。

この情報過多な現代において、製品やサービスの価値を周知するためにも、ブランディングは重要な手段であると言えるでしょう。

また、ブランディングを軸に、さまざまなデザイン案件を受けているトキネクトは、中小企業や小さないお店こそ、価格競争に巻き込まれず、独自価値を生み出す必要があると考えています。

大手企業には大手企業のやり方があるように、中小企業には中小企業に合った魅せ方があります。

それぞれ自分に適した方法を選ぶことが何より求められているのではないでしょうか。

それを見つけ、形にする手助けをしてくれるのがトキネクトです。

興味があれば、是非問い合わせてみてください。