株式会社アニスピホールディングスの事業概要|「わおん」の評判・口コミ・収益モデルなど

株式会社アニスピホールディングスが運営するグループホーム「わおん」の評判を調べました!わおんはペット共生型の障がい者グループホームです。ペットと一緒に生活することでどのような効果があるのか、利用する人の声などを交えつつ紹介していきます。

 

株式会社アニスピホールディングスとは

株式会社アニスピホールディングスは、東京都千代田区に本社を構える企業です。ペット共生型の障がい者グループホームである「わおん」を運営しています。

人間福祉と動物福祉の在り方を追求し、人間も動物も等しくハッピーになることを目標としています。

理念は「人間福祉と動物福祉の追求」です。そして「Issue driven company」(社会課題を解決することによって成長していく会社)として存在することを重視しています。

株式会社アニスピホールディングスは、もともと株式会社CARE PETSという企業でした。2019年8月1日に社名変更し、現在の社名になりました。

上にも書いた「ISSUE DRIVEN COMPANY」をさらに発展させ、「人間社会の諸問題を、事業を通じて【ロジック】と【アニマルスピリット】で解決することによって成長する会社」と位置づけ、社名にアニマルスピリット(アニスピ)を関しています。

包括的なブランドグループとしてリスタートを切ることになったそうです。

 

アニスピホールディングスのアニマルスピリットについて

アニマルスピリットとは「人間が失いつつある動物としての感覚や本能のこと」を指します。
動物の持つこの「動物らしさ」に敬意を払い、彼らのように優れた感覚を取り戻し、それを経営のパワーに変えていきたいと願っています。

経済行動学において、人は常に合理的な行動をするのではなく、しばしば予測不能で不合理な行動をすることが知られていますが、そういった、一見不合理で動物的な「アニマルスピリット」こそが、ときに企業家によるイノベーションの源泉となり、経済の発展に重要な役割を果たすのです。

 

ペット共生型の障がい者グループホーム「わおん」

「わおん」とは、保護犬・保護猫と暮らす、障がい者グループホームです。
ペットケア設備と専門知識を持つスタッフによって実現した、日本初のサービスとなっています。

専門家によると、特養施設で昭和の後半から平成移行期あたりで横浜市旭区の「さくら苑」が比較的早く、施設内で犬などを飼われていたそうです。

認知症等の方の心の安定、癒しに極めて有効であるとの先駆性が福祉的に評価され、それまでの施設内に動物を飼うことは意味がないという風潮を覆しました。

福祉・介護専門職にとって過重業務との批判を克服することもできるため、今ではかなりの認知症等の高齢者施設で犬などの動物が飼われています。

新しいセラピー(療法)、いわゆる「アニマルセラピー」としても評価されています。

わおんの効果は?

心理的効果

元気な気持ちになる・くつろぎ効果・笑う機会が増える・親密な感情を生む・回想作用等

 

生理的効果

病気の回復を助ける・刺激やリラックス効果・血圧やコレステロール値の低下・運動の機会が増える・楽しんでリハビリテーションができる

 

社会的効果

人との出会いのきっかけができる・コミュニケーションのきっかけになる・人間関係がスムーズになる・身体的、経済的な自立を支える

わおんのほかの施設では、岡山笠岡の「きのこグループ(医療・介護施設)」が認知症のピック病対応で有名です。かなりの犬等のふれあいの有効性が確認されています。

認知症等の高齢者に限らず、精神的、知的障害にとってもその関わりの意義は認められているようです。

家庭内で動物を飼うこともアニマルセラピーにつながります。動物は時に癒しになり、友達になり、自分に自信を与えてくれる存在となります。

わおんが行っているアニマルセラピーは想像以上に人間に様々な効果をもたらしてくれるのです。

わおんの評判

では、わおんの評判を調べてみましょう。

わおんでお世話している犬は、保健所などから引き取ってきた犬です。ほかに、入所されている障がい者や高齢者の方がもともと飼っていた犬も、わおんで生活しています。

もともと飼っている人は案外多いようで、生活の場が変わっても愛犬と一緒に生活できるということで非常に評判は良いそうです。

さらに、働いているスタッフの方も愛犬を連れて出勤することができます。愛犬と仕事中も一緒にいられるということで、わおんで働くことを決めた人は多いです。

私は、こたろうと一緒に過ごせる職場を探していたんです。そこで「わおん」を見つけて、実際に「こたろう」と一緒に出勤できることがわかって即決!

当時、名古屋に住んでいたのですが、すぐに「わおん」のある千葉県へ引っ越しました(笑)

https://kaigo-shigoto.com/lab/archives/10123

そう語るスタッフもいます。ペットにとっても飼い主と一緒にいられますし、遊び仲間が増えるので嬉しい環境だと思います。

すべての動物を愛する人が理想の環境で生活し、働ける。人も動物もハッピーになれる理由はここにあるのだと思いました。

実際の収益モデルは?

では、わおんを運営する場合の収益モデルはどうなっているのでしょうか。

 

例えばミニマムプランの「柴犬コース」で見ていきましょう。

まず、柴犬コースのコース金額が400万円です。

 

これに加えて、物件の取得費や、内装工事など、

開業までに掛かる初期費用が約478万円となっています。

 

合わせて約878万円が初期投資に掛かる費用となります。

 

では、実際に開業して運営すると

どのくらいの収益が発生するのでしょうか。

 

柴犬コースの展開居室数である8居室が満床である前提で、

年間の売上は約3,109万円となります。

 

これに人件費や販管費、コンテンツ使用料などの

経費が年間で約2,486万円発生します。

 

売上から経費を引いた営業利益は

約3,109万円約2,486万円約623万円です。

 

営業利益率は約20%で、

初期費用である約478万円を回収するまでは約6~8ヶ月程度

初期投資額である約878万円を回収するまでには約1年数ヶ月程度と、

回収までのスピードは比較的早いです。

 

■参考:他のプランのシミュレーションについて

コース金額 初期費用合計 売上予測 人件費などの諸費用 営業利益予測 営業利益率
ミニマムプラン 柴犬コース 400万円 878万円 3,109万円 2,486万円 623万円 約20%
スタンダード 甲斐犬コース 700万円 1,657万円 6,195万円 4,781万円 1,414万円 約22.8%
プレミアムコース 秋田犬コース 1,100万円 2,400万円 11,839万円 8,567万円 3,272万円 約27.6%
コンプリートプラン 土佐犬コース 1,800万円 2,959万円 14,873万円 10,034万円 4,839万円 約32.5%

 

集団訴訟の動きや騙されたとのオーナーの声も

さて、ここまで収益モデルについて紹介してきました。

一部では、オーナーによる集団訴訟の動きや、ネット上に「騙された」といった書き込みもあります。

こちらについてみていきましょう。

 

「サポートしませんよ。加盟金持ってトンズラです。」

「ほとんど意味のないサポートでこんな大金巻き上げることができるその人間性にビックリですね。」

上記のようなサポートに対する不満の声がみられました。

 

実際にわおん(WAON)のサポート内容にはどういったものがあるのでしょうか?

「総合開業⽀援コンテンツ」の中には、「代表藤⽥との経営相談(1回3時間)」や「障害者総合⽀援法事業者ハンドブック」「⾏政訪問レクチャー」など、実践的なコンテンツが多く含まれているようです。

レベニューシェアの形態をとっているからこそ、そもそも売上が入らないとアニスピホールディングス側も利益が入らない仕組みになっているため、ビジネスとして成立させるためのコンテンツやサポート体制は充実しているようです。

 

ケアペッツ事業について

アニスピホールディングスは、障がい者向けグループホームの「わおん・にゃおん」事業以外にも、ケアペッツ事業も行っています。
このケアペッツ事業というのは、ペットシッター&看護サービスになっています。もちろん、シッターをしてくれるのは専属の動物看護師です。
食事もそうですが、トイレのお世話、そして爪切りやブラッシングなど、普段のお世話を安心してお任せできます。

さらに、お口のチェック、耳のお手入れなど、普段自分ではやりきれない部分まで、動物看護師さんにおまかせすることも出来ます。
わんちゃんの場合、散歩の代行もしてくれるので、お散歩に行けない時も安心ですね。
アニスピホールディングスのケアペッツは、サービスを行うすべてのスタッフを動物看護師の資格保有者としているので、安心できるサービス品質を提供してくれています。
ペットのお世話なら幅広く対応してくれるので、普段のお世話でこういうことをしているが、頼めるか?といった相談もしてみても良いかもしれません。

ケアペッツの特徴って?

アニスピホールディングスのケアペッツには、特徴がいくつかあります。

100%女性の動物看護師が対応
何よりも大きいのが、全スタッフが動物看護師のシッターというところですが、ケアペッツのスタッフは100%女性のようです。
女性の一人暮らしという方でも、安心してペットシッターを依頼できるという部分が大きいのではないでしょうか。
経験や知識が豊富な動物看護師がサービス提供をしてくれるほかに、緊急時の対応も出来る限り行ってくれます。

 

まとめ

今回は、株式会社アニスピホールディングスが運営するグループホーム「わおん」についてご紹介しました。

わおんはペット共生型の障がい者グループホームです。入所されている方がペットと一緒に過ごすことができ、スタッフも愛犬と一緒に出勤することができます。

動物が人に与える癒しの効果は大きく、「アニマルセラピー」と呼ばれ、セラピーの一種として世界的に評価されています。

元気な気持ちになったり、笑顔になれたり、病気の回復を助けたり、刺激やリラックスの効果があったり、人同士の出会いのきっかけになったりと、様々な効果を発揮します。

一緒に散歩すれば運動効果にもつながるので、精神的にも肉体的にも健康をサポートしてもらえるのです。

アニスピホールディングスは「人間福祉と動物福祉の追求」を理念として、「Issue driven company」(社会課題を解決することによって成長していく会社)として存在することを重視しています。

さらにそれを発展させ、「人間社会の諸問題を、事業を通じて【ロジック】と【アニマルスピリット】で解決することによって成長する会社」と位置づけ、社名にアニマルスピリット(アニスピ)を冠しています。

わおんの評判は高く、犬好きにとって理想の環境となっています。

入所者はもちろんスタッフにも好評で、愛犬と一緒に出勤できるからという理由で入社を決めた方もいるほどです。

ペットにとっても飼い主とずっと一緒にいられますし、遊び友達が増えるので楽しい環境になっているでしょう。

理念である「人間福祉と動物福祉の追求」が実現できている施設だと思います。