業界最大手!渡辺パイプの魅力的な制度や働き方とは?

「新しい始まり」が沢山ある春には、就職はもちろん、転職を真剣に考えている方も大勢いるでしょう。

新卒の方も、新しい就職先を探している方も、どちらもまず念頭にあるのは「安定した職に就くこと」だと思います。

安定した職といえば、代表的なのは、公務員・銀行・薬剤師・インフラといったところでしょうか?

そこで今回は、我々の生活インフラを支えるべく事業を展開する「渡辺パイプ株式会社」について取り上げます。

特に渡辺パイプへの就職・転職を考えている方は、「パイプとその付属品の販売」からスタートし、現在流通大手と言われるまでに成長した同社の福利厚生、評判、採用情報等を把握する事で、就職への判断材料に活かしていただければ幸いです。

インフラ

渡辺パイプ株式会社ってどんな会社?まずは紹介です。

まず、「会社概要」についてまとめていきます。

渡辺パイプは1953年、渡辺次祐氏によってに創業。当初は東京都墨田区で「株式会社渡辺次祐商店」と名乗り、パイプと付属品の販売を行っていたそうです。

翌年以降、取り扱う金具の種類を徐々に増やしていき、1957年には現在の社名に変更、千葉・茨城への進出を果たしています。

ねじや金具

1991年に渡辺元氏が代表取締役社長に就任、2003年に創業50周年を迎えた同社では、現在「グリーン事業」「水と住まいの事業」をメインに掲げ、生活インフラ(水道・住宅設備・空調機器・電設資材販売)に関わる事業の他、温室の設計や販売等、「セディアシステム=サービスと技術で対話するシステム」をテーマに革新と挑戦を続けています。

渡辺パイプは「セディアシステム」によって「対話を生む=消費者と業者を繋ぐ」ことを得意としているようですが、ではこの「システム」の特徴とはどのようなものなのか、次で考えてみましょう。

「グリーン事業」では、農業から研究施設まで様々な利用目的に特化した温室を揃えるだけではなく、栽培システムの提供も行っています。

キャベツ

特にこのシステムは、野菜や果物の栽培に必要な栄養分の量などをデータ化する事で、育成の効率化やコストの拡大を防ぐといった特長が見られるため、IT化が推奨される現代に適したサービスと言えます。

また、2019年の7月より新たに「アグリウィズ」というWeb サービスをスタートしております。

このサービスは、渡辺パイプの会員同士が、農業に関する困りごとと、それに対して提供できることをマッチングする助け合いのサービスです。

アグリウィズのサイトURL:https://agri-with.com/

サイトを確認すると、農作物と依頼したい、農機を借りたい、作物を買いたいなど様々なニーズを解決できるプラットフォームだなという印象でした。

 

次に「水と住まいの事業」についてですが、こちらは「ライフライン・ライフスタイル」に必要な資材を「ワンストップで提供する」をテーマに展開しています。

例えば、上下水道の修理に必要な資材から住宅の建材などが顧客に配送されるまでのプロセスを、全国に設置された500以上のサービスセンターをネットワーク化する事で、迅速化に成功しています。

ネットワーク網

同時に「ワンダー元気ネット」では、商品の発注や情報収集などを会員専用ウェブサ―ビスを活用することで好きな時間内に利用出来るようにするなど、顧客最優先のサービス提供を行っています。

ここから、渡辺パイプではITを積極的に取り入れる事で事業の効率化を図り、サービスを迅速に提供しやすいよう「ワンストップ化」するなど、「顧客のニーズを重視」しているという特徴が「セディアシステム」に含まれていることが考えられます。

 

求人は行っている?求人概要について調べてみた!

次に、「求人概要」についてまとめていきます。渡辺パイプではどのような求人を行っているのでしょう?

現在、渡辺パイプでは「新卒採用」「中途採用」「障がい者採用」、以上3点の募集を行っています。

新卒採用

新卒採用に応募する場合、水と住まいの事業部・グリーン事業部のどちらか事前に選択できます。
その場合、希望する事業部の説明会への参加が必要です。(※)

※募集要項によれば、両事業部の説明会への参加は可能ですが、エントリーシート提出の際に必ず希望の部署をひとつに絞る必要があるため、ご注意を。

渡辺パイプの新卒採用のポイントは「コミュニケーション能力の有無」です

前回の採用では両事業部ともに営業職を募集しており、希望する人物像に「社内外とのコミュニケーション能力」と記載されている点から、スキルや経験以上に「人間性」を重視していることが窺えます。

そのため、採用試験の一次選考では、複数人で様々な課題について話し合う「グループディスカッション」を実施し、きちんと自身の役割を果たしているか、グループへの貢献度をチェックするようです。

グループディスカッションしている図

ここで、事業部別に新卒採用の特徴を見てみましょう。

水と住まいの事業部が社員に求めるものは「専門性」です。

社員に対し3年以上かけて「資材の特性・使用法・工事への利用手順」をレクチャーし、顧客に専門性の高いアドバイスが出来る状態にまで成長させます。

これにより、資材・サービス・アドバイスを「ワンストップ」で提供出来る社員に育てば、自然と顧客から渡辺パイプへの信頼は増すでしょう。

グリーン事業部が社員に求めるものは「流通の最適化に対応できるか」です

例えば温室の場合、創業当初は骨格に竹を用いていましたが、近年「工場に相当する数億円規模の施工例」など、
建築・土木の専門技術が必要とされる依頼が増えつつあります。

更に、グリーン事業部では農作物の管理サービスも行っていますが、今後は農業経営への本格的な参入を視野に入れているそうです。

通常管理サービスでは、IT技術を駆使し専門家によるアドバイス等、育成に必要な情報を顧客に提供していますが、更に「農業のビジネス化」を目指すべく「付加価値のある作物に適正な価格設定・流通の最適化」を行っているのだとか。

時代の変化と共に農業ビジネスに適応するだけではなく、如何に市場を拡大できるかが、グリーン事業部が社員とともに目指す「最適化」なのでしょう。

渡辺パイプでは、全国で中途採用の募集を行っています。現在募集中の職種を以下にまとめました。

・水と住まい:営業、配送

・グリーン:営業、施工管理

・グループ会社:営業、物流、メンテナンス

・その他:事務

中途の募集要項を確認した所、事務以外の職種はすべて採用後に正社員雇用を行っている模様。

ちなみに、東京で中途から正社員雇用された場合、月給はおよそ20~40万です。

ただし、年齢・経験・スキルによって大幅に差が出る可能性が高いので、どの職場でも適応できるだけの高いコミュニケーション能力を身につけるか、資格取得など専門知識をある程度習得するといった事前対策を講じなければ、好条件での中途採用はなかなか難しいと思われます。

障がい者採用 

障がい者採用も同様に全国で募集中です。こちらは準社員としての扱いとなり、業務内容は倉庫内の作業・商品移動と整理整頓・電話対応・伝票と帳簿整理(応相談)、時給は800円前後~900円です。

基本的に肉体労働が多いため車椅子の場合難しい点が多々あるものの、経理など独自のスキルとコミュニケーション能力さえあれば、成長できるチャンスは充分あるのでは?

研修制度や福利厚生は?更に調べてみました!

次に、「研修制度」についてまとめていきます。

渡辺パイプが全社員に対しつねに求めているものは「高い専門性とコミュニケーションスキル」です。

それを可能とするために、一体どのような研修を行っているのでしょう?

募集要項の教育制度欄には以下の内容が記載されていました。

教育制度
  • 新入社員研修
  • ホームステイ研修(水と住まいの事業部)
  • 農場実習(グリーン事業部)
  • 早期育成研修(3~4年目対象のマネジメント研修)
  • キャリアアップ研修(営業、所長部長登用時)

etc

 

求人概要にて「社員に対し3年以上かけて“資材の特性・使用法・工事への利用手順”をレクチャー」と記載しましたが、
その目的は高い専門性を身に付けさせると同時に「当事者意識を持つ」ことです。

そこで渡辺パイプでは「ホームステイ研修」を実施しています。

家が連なった絵

ホームステイ研修とは、その名の通り「顧客の企業に一ヶ月間通い、業務内容を学ぶ」というもので、1年目の新人に課せられます。

ここには、顧客の目線に立ち、必要なニーズと真剣に向き合うというテーマがあるものの、社員にとって最も大きい報酬は「信頼関係を結べること」ではないかと思います。

顧客が仕事をする現場を見るだけではなく直に経験すれば、その後提供するサービスをより立体的にイメージできるでしょう。

しかしそれ以上に、必ずそこには同じ現場で働いた者同士の「絆」が芽生えるはずです。

お互いに気持ちが通じ合えば、以前にも増してコミュニケーションが取りやすくなるのと同時に、新たな不安解消に繋がるアイディアの提案が可能になります。

特に渡辺パイプに新卒採用された社員は、最初は不安でしょうが、チームワークの育成法や顧客とのやり取りを真っ先に覚えれば、専門知識の「活用法」を自ら追求し、新しい提案や将来への展望など、自身の成長に繋げられるのではないでしょうか?

成長曲線

さて、業務にある程度慣れたところで誰もが気になり始めるのが「キャリアUP」ではないでしょうか?


責任度の高い仕事を安心して任せられる社員に育成するために、渡辺パイプではどのような研修を行っているのでしょう?

上記した研修制度一覧に「早期育成研修」と記載しましたが、こちら、入社4年以降の社員から約30名を対象に毎年行われる研修です。

ここでも新卒採用試験同様グループワークを取り入れ、様々な問題をマーケティング分析し、解決法をディスカッションしていきます。

この研修は「将来の幹部を育成することを目的に、若手に対しマネジメントの方法を指導する」一方、また別のテーマも含まれているのではないかと思います。

社内でスキルUPすれば、やがて部下ができ、必然的にチームを持つようになります。

そうなれば勿論責任は増えるものの、チームワークを上手く活かせば、メンバー同士で様々な提案が出来るので、効率的に戦略が立てられる筈です。

つまり、早期育成研修でチームをマネジメントする重要性をしっかり学べば、自社への貢献度は格段に上がる、という利点が「グループワーク」にあると推測します。

グループワーク

しかし、スキルUPを目指すのであれば、渡辺パイプ自体が「働きやすい環境」であることは必須条件です。
そこで次に、渡辺パイプの「福利厚生」についてまとめていきます。

募集要項の福利厚生欄には以下の内容が記載されていました。

福利厚生
  • 各種社会保険完備
  • 退職金制度
  • 財形貯蓄
  • 借り上げ社宅制度(家賃補助)
  • セディアアカデミー賞
  • 同好会制度
  • 優待サービス(90万件利用可)
  • 厚生施設(アサマ2000パーク、小諸高原ゴルフコース、AQAホテル、その他契約リゾート施設)
  • チャレンジセディアカップ

社会保険や社宅に関しては「各企業が設ける福利厚生の基本中の基本」なのでここでは敢えて考察を省きます。

特に注目したいのが同好会制度、厚生施設、チャレンジセディアカップです。

これらの制度には「別々の拠点で働いているため普段は顔を合わせない社員同士の交流」という目的があります。

同好会制度は、5人以上の社員が集まって「同好会」を結成。

それぞれで企画したイベントに対し渡辺パイプから活動費が支給されます。ちなみにイベントはフットサルからクルージング、テーマパーク観光と多種多様です。

厚生施設は、渡辺パイプが所有する各施設(小諸高原ゴルフクラブ・ASAMA2000Park・イコロの森・アクアホテル)にて季節毎に行われるレクリエーションに参加すると同時に、家族でリゾート施設の利用もできます。

チャレンジセディアカップは、毎年アンケートで上位4位にまで絞られた社員の夢を叶えるというもので、過去には「ホノルルマラソンへの出場」「スカイダイビング」「巨大プリン作り」「社長椅子に座る」といった個性あふれる夢に対し、渡辺パイプから最大300万円もの支援金が提供されたとか!

特に注目したいのが、上記した制度を中途・障がい者採用で入社した社員も利用できる点です。

どの企業でも、中途と新卒の社員同士の間には「コミュニケーションの溝」が生じるもので、何かキッカケがなければ、積極的に埋めるのは難しい、というのが個人的な見解です。

しかし、上記した制度のように「拠点・部署を超えたコミュニケーションの場」を自社みずからセッティングしてくれるだけではなく、更に「立場を超えたコミュニケーション」を可能とする渡辺パイプの福利厚生では、「すべての社員に平等にチャンスを与える」ことを重視しているのではないかと推測します。

実際に働いている人の口コミは?調べてみました!

会社概要、求人概要、研修制度、福利厚生についてまとめていきましたが、これらの内容を補完するため、ここでは「渡辺パイプの元社員・現社員の口コミ」を記載します。

 

元社員の口コミ

資格取得や研修が入社一年目は年がら年中あるのが助かる。後は個人的にやる気の問題で如何様にでもコントロール出来る。
出典:カイシャの評判

 

接客や商品に対しての研修もあるし、社員同士の意見交換会があったり充実している
出典:カイシャの評判

 

土日祝休みだけど、男性は月一 土曜出勤あり 日数的には充分
出典:カイシャの評判

 

現社員の口コミ

新卒者には、しっかりした教育制度があり、おのずと幹部候補生。中途入社の者は、現地でのOJTを中心とした実践教育のみといってよい。通信教育で4カ月から半年程度のカリキュラムを提出して、合格すれば受講料は会社が負担。不合格なら自分持ち。
出典:カイシャの評判

 

社内研修、個人スキルUPの為の通信教育等には経費を惜しまないように思う。
出典:カイシャの評判

 

職場や部屋がきれい、明るいイメージ、毎日清掃してもらえる、デスクのゴミも集めてもらえる、景色がまあまあ良い
出典:カイシャの評判

 

いわゆる保険の類は、しっかりしている。確定拠出年金という形の企業が運営する厚生年金基金の代わりみたいなものもあり、充実している。個人個人に運用方法を任されているので、国内外の株や信託、国債などいろんな商品へ自分が選択して運用する。当然、定期預金もある。ベネフィットステーションにも加入しており、ホテルやショッピング、食事にも割引が効く。
出典:カイシャの評判

 

入社後も、お客様や取引先の方々、また社内の先輩後輩など様々な人と触れ合うことで自分が磨かれていきます。ここが、我が社の魅力です。
出典:リクナビ2020

社内の人だけでなく、社外のお客さんからも多くを学び、成長していける環境があるようです。

また、多方面から学びを吸収し、身につけていける人が成長していく環境なのでしょうね!

就職セミナーで渡辺パイプの説明を聞き「常に新しいことにチャレンジする」という社風に魅力を感じました。
出典:リクナビ2020

 

確かに渡辺パイプは最近でも会員同士が助け合える「アグリウィズ」という業界でも目新しいWeb サービスを立ち上げております。こうした業界の最先端をいく取り組みは、常に新しいことにチャレンジするという社風だからこそ生み出されたものなのかもしれません。

 

仕事のやり方も自分に任せてもらえたり、人間関係も良いので働きやすいですね。
出典:リクナビ2020

自主性を重んじる社風なのかもしれませんね。

また、社内の人間関係でギクシャクしていては業務にも支障をきたします。

渡辺パイプでは例えばセディアアカデミー賞やバナナダンスといった独自の制度を設けており、社内のコミュニケーションを積極的に活性化させているようです。

社員は仕事をする時も遊ぶ時も一生懸命にやる人が多いと思います。メリハリのある生活ができるところが好きなところの一つです。
出典:リクナビ2020

仕事するときはとことん仕事をして、遊ぶときも全力で遊ぶといったメリハリがつくと、仕事と遊びに相乗効果が生まれるのかもしれませんね!

 

渡辺パイプの魅力について統括

今回、口コミをより客観的に見られるよう、敢えて元社員・現社員に分けました。ここから見えてきた特徴は以下の通りです。

 

元社員の口コミ

・福利厚生はまずまず安定している

・研修が充実している

 

現社員の口コミ

・研修は充実しているが、新卒と中途によって違いがある

・社内の雰囲気は明るく清潔感があり、保険も充実している

 

上記した内容を見る限り、渡辺パイプは「安定した福利厚生」を導入している印象でした。
一方で、社員個人や女性社員へのケアが充分行き届いているかについては、あまり情報が得られませんでした。

福利厚生を重視するのはどの企業にとっても大切ではあるものの、
導入した制度が「社員にとって必要とされているのか」を考慮することはもっと大切なことだと思います。

また、元社員による「やる気の問題で如何様にでもコントロール出来る」という口コミが今後の会社の変化を示唆しています。

充実した研修制度を利用しメンバーそれぞれが才能を発揮しやすいチームをつくれば、例えば中途・障がいのある社員・地方で働く社員へのカウンセリングを積極的に実施したり、女性社員が働きたいと思える環境を整備したりなど、「スキルを自社への貢献に活用する」ことができるのではないでしょうか?