【徹底調査】ウィンプラザの商法がヤバい!?気になるその実態とは?

皆さんは株式会社JKSが運営する「ウィンプラザ」というショップをご存じでしょうか?

人々の健康を支える商品を提供しているウィンプラザですが、口コミ・評判の中には「商法が怪しい」といったコメントも見受けられます。

そこで今回はウィンプラザの実態を調査し、本当に怪しいショップなのかどうかをご紹介します。
運営会社である株式会社JKSについてもお伝えしていくので、気になる方はぜひ最後までご覧ください。

そもそもウィンプラザとはどんなサービス?

まずはウィンプラザと運営元である株式会社JKSについて簡単にご紹介していきましょう。

株式会社JKSは、人に生きがいと健康、充実した暮らしの構築を提供し社会貢献している会社です。
ウィンプラザと呼ばれる期間限定ショップを開いており、全国各地を回っています。

ショップがオープンする際にはチラシを投函して、ショップ情報を地域住民に認知してもらうという形になっています。

展開されている商品には株式会社JKSが厳選した健康補助食品・器具などが並び、多数の人の健康的な暮らしを支えています。

そのどれもが安心・安全にこだわったラインナップであるため、満足に利用している人も多いです。
十分なエビデンスのある健康補助食品・器具なので、購入後の不満も少ないでしょう。

また、ウィンプラザでは商品の数々をセール価格でお得に提供しています。

健康補助食品や器具を手に入れたいけれど値段が気になるという方も、安心して利用できるでしょう。
ウィンプラザは全国を回りながら運営しているショップなので、チラシが入ったらぜひ足を運んでみましょう。

本当に怪しいのか?運営元である企業を調べてみた!

なぜセール価格で提供できるのか、本当に信頼できる商品が展開されているのかなど、不安に感じる点があるかもしれません。

ウィンプラザの運営元である株式会社JKSについて詳しく調べてみると、安心できる事柄が見つかりました。

続いては株式会社JKSの概要や理念、ウィンプラザを安心して利用できる理由をご紹介していきます。

株式会社JKSの会社概要と経営理念

社名株式会社JKSは千葉県成田市に本社を置く会社です。
代表取締役は川村明弘氏で、2011年1月に設立されました。

JKSが経営理念に掲げているのは、「進化と調和」という言葉です。
すべての顧客に愛・善・誠を持ち、感動と喜びのために全力を尽くし、お客様の記憶に残るサービスを探求し続ける会社にしていくことを掲げています。

株式会社JKSは日本社会が抱える問題の1つ・高齢社会にクローズアップし、これからの社会に必要なこととして健康と生きがいを挙げ、それを達成する事業を続けているのです。

心と体の健康づくりを推進し、いきいきと暮らすことが「生きがい」であることから会社の設立に至っています。
提供している商品は、農薬・化学肥料・加工食品といった悪循環の食物連鎖を断ち切っており、すべて自然の生命力にあふれる食物を土台にしている好循環の商品ばかりです。

株式会社JKSはface to faceのデモンストレーション営業を積み重ね、一人から地域へ、そして地域から社会へ健康補助食品・器具の魅力を波及させています。

すべての人が健康的で生きがいを見つけられるライフスタイルを創造し、社会に貢献しています。

安いのになぜ安心?その理由とは

株式会社JKSには予防医学指導士が在籍しています。

予防医学指導士とは、一般社団法人日本予防医学会より認定されている資格で、健康の維持と予防に関する正しい知識を身に付けた人の証となっています。

そんな予防医学指導士による疾病予防を中心とした健康増進活動を行っていることは、株式会社JKSの活動の信頼と安心にもつながるはずです。

お得に健康食品や器具を購入できても本当に安心して使用できるのか不安に感じてしまう方も多いですが、予防医学指導士の存在が安心感につながっています。

また、JKSではウィンプラザをオープンするだけではなく、定期的に健康管理や相談といった各種セミナーも開催しています。
セール価格での提供、健康補助食品の提供など利用したことない人にとっては少し怪しいと思ってしまうかもしれません。

しかし、単に優れた商品で健康を図っていくだけではなく、セミナーを通して正しい健康に関する知識・情報を多くの人に広めようと考えているのです。

はてな

ウィンプラザで何が購入できる?その実態は?

JKSによって運営されているウィンプラザでは、どのような商品を取り扱っているのでしょうか?
またどのような方法で販売されているのかについても紹介します。

ウィンプラザで購入できる商品は?

JKSでは、主な事業内容としてサプリメントなどの健康補助食品の販売を行っています。
「健康と生きがい」を企業テーマとしていますが、ウィンプラザでは健康補助食品以外にも食品や飲料、日用品や美容関連商品など幅広いジャンルを取り扱っています。

移動店舗型を導入し、宣伝販売をしているのがウィンプラザの特徴です。

一般的な販売店と比較するとジャンルやアイテムが限られたものとなっていますが、こだわりの商品に特化しているためウィンプラザならではの取扱品もあります。

またウィンプラザでは、風の丘農園と契約して平成24年から広大な台地で自然栽培の作物を育てています。
この土地は千葉県匝瑳市にあり、九十九里浜からの吹き抜ける風によって生命を育んでいるだけでなく、20年以上前から農薬や化学肥料を使用していないのがポイントです。

本物の無農薬にこだわり、雑草は全て手で刈っています。
害虫対策としてマリーゴールドの栽培や、アブラムシ駆除に牛乳を使用しています。

マリーゴールドは、キク科に属しているコンパニオンプランツです。
花としても美しいのですが、ハーブなどのように虫よけ効果がある植物としても栽培できる品種となります。

アブラムシは、甘い排泄物によって危険な虫を呼び寄せてしまうだけでなく、草木を病気にしてしまう可能性がありますが、草木に牛乳を吹きかけて乾燥させると膜が収縮した時にアブラムシを圧死させることができます。

そしてウィンプラザでは、作物への生産やこだわりが詰まった商品を中心としていますが、販売時には外部の専門講師を迎えて確実な商品情報の提供もしています。

確実な商品情報を伝えて、安心して購入できる工夫をしていることが分かります。

どうやって販売しているのか?

次に気になるのがどうやって販売しているのかです。

ウィンプラザでは、基本的に北海道と沖縄以外の地域で1ヶ月間の限定イベント店舗をオープンしています。
チラシのポスティングを行い、見て来店した方を限定に商品の説明と販売を行っています。

気になった商品を買って試してみるのも大切ですが、その前に商品の知識を説明してから納得して購入してもらえるように対面でコミュニケーションを取るようにしているのです。

その後、購入したいという希望のもと売買契約となる流れです。

開店記念には数量限定のタイムセールが実施され、通常数百円~数千円の商品が100円で購入できるなど、お得に買い物できるようになっています。

この格安商品は先着順の限定なので、時間によって販売されるものが異なります。
この格安商品だけの購入も可能であり、他に気に入った商品がなければ購入しないという選択肢もできます。

中心の購買層について

ウィンプラザでは、運営会社のJKSが健康関連の商品を取り扱っていることから、健康に興味がある人や健康を意識している人が中心です。

今までは60歳後半の女性が中心でしたが、多くの世代で健康意識が高まってきたため年齢層も幅広くなりました。
また女性だけでなく、男性の購入者も増えてきたため誰もが来店しやすい雰囲気になってきました。

ウィンプラザの商法がヤバい!?その理由は?

健康を意識した商品を取り扱うウィンプラザですが、その商法がヤバいとの噂もあります。

この噂は、「ウィンプラザが催眠商法をしているのではないか」というものですが、本当なのでしょうか?

ここでは、本当にウィンプラザが行っているのは催眠商法なのか利用者の口コミを含めて紹介していきます。

催眠商法をしている噂

催眠商法とは目玉商品やセール、商品説明会やセミナーの名目で集客を行い、タダ同然の商品を販売したり、無料提供などで気分を高めたりした後に高額な商品を購入させる方法のことです。

JKS(ウィンプラザ)では、本当に催眠商法をしているのでしょうか?
代表の川村明弘氏のインタビューを一部抜粋してご紹介します。

催眠商法に関してですが、50年以上前から催眠商法と呼ばれる販売方法が存在し現在でも一部問題となっておりますことは私共でも把握しております。
しかし、弊社の販売方法はその類ではございません。
催眠商法では、例えば消費者の冷静さをなくすこと、商人の購入意欲を煽る手法がとられていますが、弊社では一切行っておりません。販売におきまして以下4つのことに気をつけて業務を行っております。

①販売日を明確に設定する
②常に商品の販売は事前にお客様に告知をする
③販売日までには商品の特徴、商品代金、アフターサービス内容、契約に基づく告知内容を伝えること
④80歳以上のご高齢の方や認知機能に問題があるであろうと判断した場合は、お客様から購入の申し出がある場合でも例外なく販売を控えております。

この内容からも分かるように、催眠商法は行っていないと答えています。
またJKSは健康関連取引適正事業団に加盟しているため、きちんとした方針の元で販売方法も徹底されているとわかります。

催眠商法で一番の問題点は、消費者が商品の購入を冷静に考える環境と時間を失わせて高額な商品の販売をし最終的にお客様の不利益になってしまうところです。弊社では期間限定のイベント店舗であること、多くのお客様が来場されること、年齢層が50代以降の方々が中心であること、なによりも健康関連商品の販売であることが催眠商法と同様のケースであり、またインターネットでのネガティブ記事が拍車をかけている状況です。

JKS自体も催眠商法の問題点と、ネガティブな記事によって噂が先走っていることを把握しているようです。

しかし、団体への加盟によって誤解のない営業活動をしていることや、団体を通じて所轄の警察関係や消費生活センターへの活動連絡および通知書を送付していると川村氏は公表しています。
地域でも円滑な店舗運営やトラブルが生じないように、月1回役員が店舗巡回と監査を行っている程徹底しているのです。

これらの内容から、JKS(ウィンプラザ)では催眠商法を行っていないこと、これらの噂は噂でしかないことが分かります。

利用者はどう感じている?口コミから調査

JKS(ウィンプラザ)は催眠商法とは無縁であることが分かりましたが、実際に利用した人はどう感じたのでしょうか?
ここでは、利用者のアンケートから口コミをまとめてみました。

店長初めスタッフ皆様の丁寧な対応を身体に良い免疫や筋肉等~他いろんな事を、私達の為に一生懸命汗をかきながら、おもしろ、おかしくお話される御姿を見て、聞いて、感動-感謝致しました。
それと、目標を持って生きて行く事~この言葉は(よ~し!今後も健康で子供達や孫達にできるだけ迷惑掛けないよう・・・(PPKになるよう)・・・自分の自分で守るぞ・・・!とこれからの人生にハリがでました。
本当にウィンプラザに出逢えて良かったです。ありがとうございました!

ウィンプラザでのスタッフの対応や面白い話が印象的だったことが口コミから分かります。
また話の中で印象に残った言葉と共に、人生のハリが出たと感じたようです。

自分の健康は自分で守らなければならないと感じたようで、これからの生活や体のことを考える機会にもなったようです。

コロナの中家にとじこもっていたのがウィンプラザに来て楽しく、健康にためになる話を聞けて良かったです。ありがとう ありがとう!

このような時期、外出を控えてより健康に気遣う人が増えてきました。
そんな中、ウィンプラザで楽しい時間ができただけでなく、健康になるための話を聞くことができたと前向きな口コミでした。

とても楽しい、せつめいと、わかりやすかったです。
夢中になってしまいました。
それから、4人の人たちが、またとってもよかったです。

誰もが分かりやすいように伝える工夫をされていることが口コミから分かります。
健康の話題になると専門用語が使われやすく、違った意味に捉えられてしまうと伝えたい内容も変わってしまいます。しかし、楽しみながらわかりやすい説明が受けられたのが良かったようです。

まとめ

今回は、ウィンプラザを運営するJKSの詳細気になる販売方法などを紹介しました。
健康食品や自然派のこだわり品を短期間限定でオープンする店舗で販売するのがウィンプラザの特徴です。

生産やこだわりの健康補助食品もあり、セレクトされた商品はウィンプラザでしか出会えないものも多数あります。

短期間の限定ショップであることや営業スタイル、また利用者の年齢層から催眠商法と間違われてしまうことがありますが、JKSでは健康関連取引適正事業団の加盟や、団体を通じて警察関係や消費生活センター、地域との連携を取りながら販売をしていることが分かりました。

これらの内容は代表者の川村氏が公表しているもので、徹底されているものです。
ウィンプラザへのネガティブな情報が出回っていますが、これらは噂であるのは確実です。

強引な勧誘もないので、安心してウィンプラザを利用してみてください。