【口コミ・評判】きものやまとの接客対応とその実態とは?【徹底調査】

きものやまとできものを購入するなら、口コミや評判が気になるのではないでしょうか。
実はネット上には不確かな情報もたくさん混ざっているため、ネガティブな口コミを目にして不安を感じることは多いです。
きものやまとのきものは品質が良いことで知られていますが、実際にはどうなのでしょう?

今回は、きものやまとの会社概要や事業内容から、口コミ・評判まで詳しく調べてみました。
口コミは商品だけでなく、接客対応についての口コミもご紹介しています。
これから品質の良いきものを安心して購入したいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

「きものやまと」を手掛ける株式会社やまとについて

きものやまとは、株式会社やまとが手掛けるブランドの1つです。
大正6年の創業以降、多くの人に認知されるきもの店へと成長していきました。
まずは、株式会社やまとの企業概要や歴史、主な事業内容からご紹介します。

株式会社やまとについて

きものやまとは、1917年に東京小石川にて創業されました。
それから30年後の1947年に社名を「株式会社やまと」に改め、東京新宿に設立されます。
本社は東京都渋谷区千駄ヶ谷にあり、現在の代表取締役社長は矢嶋孝行氏が務めています。

会社設立後、当時の社長であった矢嶋榮二は渡米を果たし、そこで着物業界では初の専門店チェーンの構想を計画し始めます。
きものをポピュラーなものにしようと、自社オリジナル商品の開発を積極的に進めていき、1965年から全国展開をスタートさせました。
1973年には売上高145億円を突破し、見事に3桁企業へと成長を果たします。
1977年には100店舗を突破し、日本国内で有名なきもの店になりました。

株式会社やまとの事業内容

やまとでは、自社ブランドを通じて様々なきもの・関連商品の開発と販売を行っています。
1990年には「きものファッション化」を提唱しており、日本の伝統文化を大切にしつつも、今までのきものや日本文化の常識を変えるべく、新しいきものを発信し続けています。

きものの開発・製造・販売だけではなく、レンタルきもの店・フォトスタジオの運営、着付け教室、きものに関する各種イベントの主催・協賛など展開する事業は幅広いです。
1978年には一般財団法人きものの森を設立し、文化事業も展開しています。
文化事業では、きものを振興するために後継者の育成事業や功績を遺した人・事業への表彰早稲田大学で開校されるきもの学への助成きものに関する技術・生産・活動への助成など、幅広い活動に取り組んでいます。

株式会社やまとが展開するブランドや店舗

株式会社やまとは2020年3月期時点で37都道府県に店舗を展開しており、その数は103店となっています。
また、顧客それぞれのニーズに対応できるように5つのブランドとプロジェクトを展開しているので、一つひとつ特徴をご紹介しましょう。

きものやまと

株式会社やまとのメインブランドで、店舗数の大半を占めます。
フォーマルなシーンで着用できるきものから普段使いに最適なカジュアルきもの、七五三に使える子どもきものを豊富に取り扱っています。
また、きものや夏用のきもの、着付けに必要な各種小物も店舗やオンラインストアから購入可能です。

そして、きものやまとでは袴レンタルも行っています。
卒業式などで着用される袴は古典柄からモダン柄まで豊富な種類があり、必要なものをまとめてレンタルできるので便利です。
他にも着付けレッスンの開催や「きものでおでかけイベント」の開催、きものケアサービスなども展開しています。

KIMONO by NADESHIKO

2004年から展開されはじめた、女性向けきもの・浴衣ブランドです。
デイリーウェアとして採用されるようにボーダーやドット、ストライプなど一般的なファッションでも馴染み深いデザインが特徴的です。

色もブラックやネイビー、グレーなどベーシックなものを取り入れており、洋服感覚で楽しめます。
実店舗の数は、2021年1月時点で札幌パルコ店・東急プラザ表参道原宿店・町田モディ店・天王子ミオ店・広島店・福岡パルコ店の6店舗です。

Y. & SONS

「メンズきものテーラー」をコンセプトにした男性向けきもの・浴衣ブランドです。
こちらも日常的に着用できる和服を提供しており、2015年にスタート誕生しました。
ボーダーやチェックなどモダンでシックなきものが多く、帯との組み合わせ次第で色々なコーディネートを楽しめます。

また、コルク調や白パナマ調の下駄などカジュアル感の強い小物も豊富で、きものを着ることへのハードルが下がり、男性もきもの文化を思う存分に試せる工夫が凝らされています。
2021年1月時点の店舗数は、東京外神田と京都の2店舗です。

THE YARD

2015年に誕生したブランドで、現代のライフスタイルやカルチャーに溶け込む新しいきもの文化の創出を目指して誕生しました。
きものには片貝木綿や江戸小紋などが使われており、質感や風合いにこだわり一つひとつ丁寧に作られたものを手にすることができます。
モダンなデザインを採用しつつも、高級感溢れるきものや浴衣を展開しています。
2021年1月時点の店舗数は、渋谷神宮の1店舗のみです。

DOUBLE MAISON

洋服もきものも「身に付けるもの」という共通点から、従来の成約に捉われないきものやコーディネートを提案している女性向けのブランドです。
こちらのブランドでは、シックでありながら個性のあるおしゃれなきものや浴衣を展開しています。

例えば、レース柄をあしらったきものや大胆なストライプ・チェック柄が入ったデザイン、アート的なイラストが入ったきものなどがあります。
年齢や場所を問わず、また洋服ときものを隔て分けることなく、おしゃれを楽しみたい女性に適しています。
2021年1月時点の店舗数は、東京新宿に1店舗のみです。

YAMATO Tsunagari Project

長きにわたり様々な産地と強いつながりを持っているやまとですが、そのつながりを通じて新しいきものを提供していくプロジェクトです。
これまでに、パリ発祥のファッションブランド「アニエスベー」やアウトドアメーカーの「スノーピーク」、文房具店の「カキモリ」とコラボしてきました。

きものやまとの商品はどう?口コミから評判をチェック

ネットでは、きものやまとに関する以下の不安を持つ人が見られました。

“着物(付下げ)をやまとで買おうと思っているんですが、ネットで調べるとあまりいい評判を見ません…
実際はどうなんでしょうか?”
引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1388159633

きものやまとできものの購入を検討している人の中には、ネットでの評判に不安を感じる人がいました。

“きものやまとでは高額な商品ばかりなのでしょうか?
評判を調べていたら値段が高くてローンが…というものを見かけたので購入するのが少し不安になってしまいました。”
引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13231389758

さらに、高額なきものばかりで購入のハードルが高く感じている人もいるようです。
実際のところ、やまとのきものを持つ人は商品をどう評価しているのでしょうか?
ここからは商品に関する口コミをいくつかご紹介していきます。

“恥ずかしながら、身幅があるため着物はほとんどお仕立てをお願いしているんですが、やまとさんが私の近くでは一番安く、可愛い反物が揃っています。
帯も可愛くてオシャレな物が多いのでおすすめです!”
引用元:https://twitter.com/kuko222/status/1346086224461611008

きものやまとではきもの文化をポピュラーなものにしたいと考え、定番から流行を取り入れた斬新なデザインのきものを用意しています。
女性ウケの良い可愛くおしゃれなデザインが充実しているので、自分好みの商品を見つけられるでしょう。

“明るくて品揃えもよく接客も素晴らしい和服のお店。和服素人でも比較的入りやすいと思いますし、家庭の洗濯機で洗える素材の着物も扱っていて、着付けも教えてくれます。
引用元:https://goo.gl/maps/Dd9T5Ej6Eh4iLvp29

店舗ごとの規模にもよりますが品揃えが充実しているので、トータルコーデも可能です。
自宅で洗える素材を使ったきものも取り扱っているので、普段使いに適した商品を探し出せます。

“リーズナブルな着物もありますよ。たしかに高いものもありますが浴衣とか洗える着物とかはそんなに高くないです。やまとのサイトにも商品が載っていると思います。”
引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13231389758

きものによっては高価なものもありますが、リーズナブルなきものや浴衣も充実しています。
カジュアルきものであれば1~2万円前後で購入できる商品もあり、フォーマルきものでは安くても8万円程で購入可能な付下げもオンラインショップで確認できます。

以下の口コミからきものやまとの商品は可愛いデザインが多い、品揃えが豊富、お手頃なものも買える、ということが分かりました。
商品に対して、お店の利用者の多くは良い印象を持っていると判断できます。

接客対応に関する口コミ・評判も調査してみた

きものを購入するのは決して安い買い物ではありませんし、長く着ることになるきものの購入だからこそ、接客対応は気になるところです。
次に実際の接客対応についての口コミ・評判をご紹介します。

スタッフさんのセンスが良くて、気に入ったものを買うことができました。とても満足しています。”
引用元:http://www.hare-furisodemem.com/matome/yamato.html

洋服とは違ったセンスが求められるきもの選びは、特に初心者にとっては難しいものです。
きものやまとはきもの専門店なので、豊富な経験ときものについての知識を持ったスタッフが対応してくれるから安心して買い物できると言えるでしょう。

“漠然と良いのが有るかな~で行くと、必要としている物ではなく、華やかで高価な物を購入してしまいます。結果、後悔したりキャンセルすることになるので。
着物は面積も大きいので、洋服とは合う色や雰囲気も違ってきます。顔映りも大事な要素ですので、反物でも着物風に身体に巻いてもらえます。
引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11228445036

長く着られるきものだからこそ、購入する際には目的を明確にすることが大切でしょう。
きものに限らず、目的を絞らずに買い物に出かければ、不要な物まで買ってしまう可能性は高くなるものです。
まして、きもののような美しいものは、見れば着てみたいという欲も出てきます。

だからこそ、きもの店に行くならあらかじめきものを着る用途、小物などのアイテムを含めての予算、どんな季節に着るのか、何歳まで着たいのかなどをはっきりとさせておきましょう。
必要かどうか、好きか嫌いかをスタッフに冷静に伝えられる準備をしておくとベストです。

“店舗ではなく、外の会場の大きな展示会も誘われるかもしれません。これも初心者には出口が分からなく、囲まれる感じで怖いようです。本当は買わなければ帰してもらえないなんてことはなく、お宝探しみたいな気持ちで行く方のイベントです。
引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11228445036

大きな展示会では伝統工芸の作家さんが手掛けたきものや帯など、貴重で美しいアイテムに出会えるでしょう。
しかし、きもの文化に詳しくない初心者の中には、きもののプロに囲まれて高額商品を勧められるのでは?と感じてしまうことも多いようです。
実際には商品を手に取り、試着をしても買わなくて大丈夫なイベントなので、押し売りされるわけではありません。

“たくさん買わされるなんてことはないです笑
商品の説明はしてくれるけど押し売りされることはないので安心してください。”
引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14231245739

きものを着るためには、きもの本体だけでなく帯や帯揚げ、半襟など様々なアイテムが必要となります。
そのため、きものの知識がない人にとってはたくさんのアイテムを買わされたと感じる場合もあるでしょう。
しかし、和装には和装用の小物が必要です。
必要なアイテムが何かを知っていれば、その判断ができます。
きものやまとのサイトにはきものの基礎知識がまとめられているので、来店前に必要アイテムをチェックしておくと良いでしょう。

まとめ

今回は、きものやまとについて会社概要や事業内容、取り扱いブランドや店舗とあわせて口コミ・評判を調べてきました。
商品についての口コミ・評判からは、きものやまとが扱うきものの品質は高いということが分かりました。
また、実際に購入した人の口コミからは接客対応が丁寧で、きものを着るために必要なことを教えてもらえることが伝わってきます。押し売りなどの不安要素はないと言えるでしょう。さらに、ネット通販も充実しているため安心して購入できることも分かりました。

ネット上の口コミ・評判では、いわゆる「やらせ」や「サクラ」などのステマも存在します。
反対に、わざと極端に悪い口コミを流して競合他社の評価を下げることもあります。
そもそも、ネット上に口コミを書き込む人により、価値観は違うため過小評価が行われることは日常茶飯事です。口コミが主観情報である以上、やはり商品やサービスを判断する際には会社概要や歴史、企業理念などにも注目すべきでしょう。

その意味では、きものやまとは扱うきものの品質が良く、接客対応も良いと判断できます
購入者の利便性を考えたネット通販も充実しているので、安心してきものを購入できると言えるでしょう。
ネット上のネガティブ情報に躍らされず、正しい情報を見極めて、美しいきものと出会ってみてください。