市民住まい向上委員会って怪しい!?講座やイベント情報と謎のラジオ番組「住まいのトラブルバスター」とは?

市民住まい向上委員会は、「安全で安心して暮らすことができる住まいの実現」を目指し活動している団体です。

代表理事である矢野克己氏は、バスター矢野という名前でラジオ日本のレギュラー番組「住まいのトラブルバスター」のパーソナリティも務めており、防犯・防災や建物のメンテナンス、リフォームなどの住まいに関する知識を豊富に持っていることが分かります。

今回は、そんな矢野克己氏が代表理事を務めている市民住まい向上委員会がどのような団体なのか、市民住まい向上委員会が行っているセミナーや防犯・防災対策にはどのようなものがあるのかご紹介していきます。

 

この記事は、

  • 市民住まい向上委員会の概要
  • 安全をテーマにしたセミナー等活動内容
  • どのように防犯対策を提案しているのか

を中心にまとめておりますので、市民住まい向上委員会に興味があるだけではなく「時代に適した防犯対策が知りたい!」という方も納得できる内容になっています。

市民住まい向上委員会に対する理解を深めていきましょう。

 

 

市民住まい向上委員会の概要について

市民住まい向上委員会は、矢野克己氏が代表理事を務めている一般社団法人です。 「防犯・防災・住宅性能の向上等を一般市民に対し普及、支援活動を行う」という活動理念に基づいた啓発活動や各種セミナー、イベントなどを行っています。 また、定期的な相談会を開催したり、メール相談を行ったりもしているため、様々なニーズに合わせたサービスを提供できるように取り組んでいます。 『外壁塗装の見積もり相談窓口』というサイトも運営しているので、屋根や外壁に関する悩み相談も可能です。 市民住まい向上委員会では、専門的な知識を持つスタッフが相談に対応しているため、的確なアドバイスをしてもらうことができます。 多く寄せられる相談には、防犯・防災対策や耐震、外装のメンテナンス、メンテナンスをする際の注意点といったものがあります。 防犯や防災、住宅性能を向上させるためのリフォームとメンテナンス、外壁塗装に関する悩みがあるなら、市民住まい向上委員会に相談してみると良いでしょう。

基本情報

団体名 一般社団法人市民住まい向上委員会
活動理念 防犯・防災・住宅性能の向上等を一般市民に対し普及、支援活動を行う
事業内容 理念を実現すべく

  • 啓蒙活動
  • セミナー
  • イベント
  • 相談会
  • etc を実施
所在地 東京都府中市
代表理事 矢野克己
公式サイト http://www.ssk-i.com/

市民住まい向上委員会の活動内容

市民住まい向上委員会が行っている主な活動についてご紹介していきましょう。 市民住まい向上委員会の活動の主な目的は活動理念の通りで、多くの方に防犯や防災の重要性、住まいの快適性といったことを伝えることです。 多くの方にそれらを知ってもらうためには、分かりやすい情報提供が重要になるでしょう。そのために市民住まい向上委員会では、啓発活動や講座を行っています。

講座内容
  • 住まいの防犯・防災講座
  • 住まいのメンテナンス講座
  • ビル・マンションメンテナンス講座
  • 戸建て住宅耐震講座
  • 賃貸住宅大家さん勉強会
  • 町内会・自治会セミナー
  • 防犯スポーツプロジェクト(こども防犯)監修

このような講座を行うことで、防犯や防災の意識を高め、住宅のメンテナンスの重要性を知ってもらおうとしています。 市民住まい向上委員会の講座を受けることによって、

  • どうして泥棒が入るのか?
  • 自分の家を守るためのリフォーム・メンテナンスはどうすれば良いのか?
  • 耐震診断は受けるべきなのか?
  • 災害を減災に変えるためにはどうすれば良いのか?

といった疑問を解決するヒントを見つけられるため、非常にメリットが大きいと言えるでしょう。

屋根や外壁をリフォーム・メンテナンスする時のポイントを伝える講座

屋根や外壁のリフォーム・メンテナンスを検討している人は少なくありません。 しかしリフォーム工事は、費用が500万円以下であれば、建設業の許可がない業者でも工事ができてしまうため、非常にクレームが多い工事でもあります。 また、リフォームをする場所は35種類に分けられるのですが、屋根や外壁に関するクレームは全体の約50%を占めているのです。 そこで、リフォーム・メンテナンスを施工する前の診断が重要なポイントの一つになると市民住まい向上委員会は説明しています。 施工する前の診断がしっかりできていないと、施工開始してから予期せぬトラブルが発生してしまう可能性があります。   例えば、 「屋根の高圧洗浄をしてみたら想像以上に屋根の傷みがひどく、塗装できないため葺き替えか金属の屋根を新たに被せるカバー工法にしなければいけない」 ということも起こりえます。   葺き替えやカバー工法に変更すると予算も予定よりも多くなってしまうため、そのような提案をされてもすぐに返事ができない可能性もあるでしょう。 そのような事態を回避するためには、施工する前の診断がとても重要になるのです。 施工する前の診断は、法律などで定められた基準があるわけではないため、施工会社が自由に決められます。 つまり、施工会社によって差が出やすくなっているので、施工会社選びがとても重要なポイントになっています。   また国土交通省が推奨する「いえかるて」の重要性や残すべき書類、工事の写真等の説明を行い、「いえかるて」の普及促進にも力を入れているそうです。   市民住まい向上委員会では、施工会社選びのヒントになるような講座も開催しているため、屋根や外壁のリフォーム・メンテナンスを検討しているのであれば、参加してみてはいかがでしょうか?

 

市民住まい向上委員会の講座参加者へのヒアリング

市民住まい向上委員会が開催するセミナーに参加した人に対し、独自でヒアリングいたしました。

・感想

施工別見積もりなど知らない考え方を知ることができてよかった。

戸建てを購入して1年少々、すでに雨漏りが1か所発生していて困っていた。

他にも考えなければいけないことがあることがわかっただけでもよかった。

建てて40年経つ1戸建てだが、水が構造体に浸透し修理を考えていた。特に屋根、外壁のことはわからないため、とてもよい勉強になった。

 

・今度、どの講座に興味がありますか?

防災、耐震、水害関係の講座。

一部の紹介でしたが、講座の感想内容を簡単にまとめます。
ほとんどの方が「参考になった」と答えていて、住まいについての不安点などを書き込んでいました。
参加された方には戸建てに住んでいる方も多く、そろそろ修理をしなければと考えている人もいらっしゃるようです。そういう方にとって、新しい考えを得られる良い機会になったと思います。

今後どのようなセミナーに興味がありますかという質問には、防災や耐震のほか、水害と答えている方がいました。日本は豪雨や地震といった自然災害が多い国です。これらを心配する方は少なからずいらっしゃるでしょう。

安心・安全な住まいのため、市民住まい向上委員会では今後も役立つセミナーを開催してくれると思います。興味がある方は公式ホームページを訪問してもいいかもしれません。

市民住まい向上委員会が伝える防犯対策とは

市民住まい向上委員会では、防犯に関する講座も行っています。 その講座では、「泥棒が狙う家」の条件などを説明し、その対策に関する情報を発信しています。 また、振り込め詐欺に関する最新の情報や対策も教えてもらえるので、様々な事件が増えている今だからこそ、受けておきたい講座だと言えるでしょう。 では、市民住まい向上委員会はどんな防犯対策を伝えているのでしょうか?今回はその中から2つだけご紹介していきます。

垣根や塀の高さは140cm以下120cm以上が理想的

垣根や塀の高さは140cm以下120cm以上が理想的 日本人の平均的な目の高さは、約140cmです。 そのため、140cm以上の垣根や壁を作ってしまうと、中の様子が見えなくなってしまいます。 120cm以下は乗り越えやすくなってしまう高さなので、140cm以下120cm以上が理想的なのです。 また、泥棒は自分自身が目立つことを避けようとするため、門扉に鍵をかけることも防犯対策として有効だと市民住まい向上委員会の講座では説明しています。 鍵がかかっていれば、塀を乗り越える必要があるため、目立ってしまうからです。

不特定多数が出入りする公園やスーパーなどの近くはリスクが高い

不特定多数が出入りする公園やスーパーなどの近くはリスクが高い 公園やスーパーには不特定多数の人が出入りします。 その中に泥棒が潜んでいれば、家の様子を観察することも難しくありません。 そのため、観察や下見をしやすい公園やスーパーなどの近くにある家が狙われやすくなってしまいます。 防犯対策として有効な方法は、町内会や自治会と話し合ってあいさつ運動をするというものです。 挨拶をすることによって、泥棒の顔も認識していると思わせられるため、有効な手段の1つだと言われています。 市民住まい向上委員会では、このような防犯対策を講座で伝えており、この他にも様々な対策方法を伝えているようです。

防犯啓発活動の実施

市民住まい向上委員会では、防犯啓蒙活動を実施しています。 一般市民の方々の安全を守るために、どのような防犯啓蒙活動を行っているのかご紹介しましょう

住まいの防犯・防災講座

住まいの防犯・防災講座では、泥棒が侵入しやすい条件や住まいを守るための防災対策などを伝えています。 また、不法侵入や空き巣だけではなく、振り込め詐欺に関する情報も伝えており、最先端の防犯対策を学べるのではないでしょうか。 他にも減災の取り組みとして、自然災害による避難時に知っておきたいポイントを伝えているようです。

防犯パトロールの実施

防犯パトロール 市民住まい向上委員会では、安全安心なまちづくりの条例に基づいた活動も行っています。 それが、防犯対策やアドバイスなどを行う防犯診断や、犯罪に強い街づくりのためのアドバイスなどです。 町内会や自治会で防犯教室を定期的に開催し、常に防犯に対する意識を高められるような取り組みにも力を入れています。

防犯スポーツプロジェクトの実施

防犯スポーツプロジェクトは、スポーツをしながら楽しく防犯について学べる教室を開催しているプロジェクトです。 神奈川県警公認の防犯応援大使に任命されている、防犯芸人軍団「ツナコメ」の箸休めサトシさんや鼻矢印永井さんが参加しています。 子どもに関わる不審な事件や犯罪は多発しており、被害を受けないためにも子どもも防犯への意識や知識を持つことが大事でしょう。 防犯の重要性や対策を楽しく学べるので、子どもの防犯意識向上につながりそうですね。   このように市民住まい向上委員会は上記3つの防犯啓発活動を通じて、より安全で安心して暮らせる街づくりに取り組んでいるようです。 町内会や自治体の防犯意識を高めたいと考えている場合は、防犯教室の開催を視野に入れてみてもいいのではないでしょうか。

「住まいのトラブルバスター」の役割、魅力と特徴を徹底解説

市民住まい向上委員会が防犯や防災にまつわる講座を定期開催していることから想定するに、ここには代表理事を務める矢野克己氏による「一般の方々に“安全を守る大切さ”を伝えたい」という思いやこだわりが潜んでいるのでしょう。 確かに、一般の方々が参加する講座は、代表自身のメッセージを伝えるのに最適な方法です。 しかし、市民住まい向上委員会や矢野克己氏の活動はこれだけに留まりません。

「住まいのトラブルバスター」とは?

住まいのトラブルバスター 「住まいのトラブルバスター」とは、「リスナーの“住まいの悩み”に答える」をテーマに放送されているラジオ番組で、矢野克己氏も出演しているようです。 以下、番組概要をまとめました。

基本情報
  • 番組名:住まいのトラブルバスター
  • 放送局:ラジオ日本
  • パーソナリティ:矢野克己氏、常世晶子氏 ほか
  • 放送日時:毎週日曜8:10~8:30
  • 内容:「住まいの悩みに答える」をテーマに、関連情報やイベントレポートを紹介
  • 公式サイト:http://www.jorf.co.jp/?program=sumai

どんな内容を放送しているの?

例えば、2019年の増税前に備え「次世代住宅ポイント」について説明しております。 一般の方々の暮らしに直結する「物の値段」が大きく変化する上で、住まいのトラブルバスターでは、住宅関連の消費が落ち込まないように国が施策を行う「次世代住宅ポイント」についてレクチャーをしたようです。 ちなみにこのポイントは、バリアフリー化等、生活上の負担を軽減する目的でリフォームを行った住民に対し、様々な商品と交換可能なポイントを発行する制度となります。 このように、身近な生活関連情報と「+α」を絡めて重要な情報を提供するというのが住まいのトラブルバスターの醍醐味と言えるのではないでしょうか? もうひとつ例にあげますと、「オリンピックと住宅」も上述した魅力に大いに当てはまりますよね。 ちなみにこの回では、2020年オリンピック・パラリンピックの選手村跡地を活用した分譲マンション「ハルミフラッグ」に関する解説がメインテーマでした。 直近で購入希望者の募集が行われたが、この件についてはまだまだ問題が山積みであり、矢野氏は番組内で様々な指摘を展開しております。 住宅について興味はあるけれど専門知識に触れる機会はない方々はきっと「オリンピック・パラリンピックは盲点だった!」と衝撃を受けたことでしょう。 確かに、この二大ビッグイベントはまだまだ現実味が薄いですが、「日本国内で開催される=我々の暮らす地域と大いに関連性がある」と捉えれば、重要なテーマとして認識できるのではないでしょうか?

日常生活と「違った角度から」向き合うキッカケに

そのような意味で、この番組は「自分自身の日常と向き合うキッカケづくり」にもなるのかもしれません。 身近に潜む物事を違った観点から見直し、チェックポイントを洗い出すことは、矢野氏の説く「防災の重要性」にも繋がっています。 日常生活と向き合うといえば、前述した「市民住まい向上委員会が伝える防犯対策とは」の「泥棒が狙う家の条件」もそのひとつです。 ここでは市民住まい向上委員会が定期的に開催するセミナーのメインである防犯対策についてご紹介しましたが、そもそも日常のなかで「泥棒がなにを考えているか」想像する人はほとんどいないでしょう。 しかし目線を変えてみると、確かに泥棒の目線に立つことは防犯において最も効率的です。 主観や素人知識だけで戸締まりのみ気を配るのではなく、泥棒が狙いやすい家の特徴を集計データから把握することにより、客観的に日常生活を見直し、家族の安全の確保を実現できるのかもしれません。

社会問題をより身近に捉える

令和に突入し慌ただしさも一段落と思いきや、経済・教育・雇用と次から次へと問題が発生し、一体いつになれば穏やかに暮らせるのかと不安を抱える方もいるでしょう。 いくらスマホで簡単にニュースをチェックできるといっても、これらの問題に無関心でいることは可能です。 しかし、他人事だと思い込んでいた話題が、実は自分自身にとっても大きな話であったら、どうでしょう? 例えばトラブルバスターでは以下が公式サイトに掲載されていたので、一部ご紹介します。

ところが人手不足のため良い人材を確保するのが難しくなっています。 (中略) 日本の年功序列や終身雇用の体制が崩れた現在、新卒の社員を雇って教育しても条件の良い会社にヘッドハンティング等で転職してしまうケースも増えています。

以上は現在予測されている大学新卒者の就職氷河期について解説したものです。 度重なる入試試験の懸念や大学倒産に加え、企業側の人材確保の難しさと、様々な角度から問題が指摘されています。 華々しく社会人デビューをしたとしても、そこでの教育が整備されていなければ、優秀な人材育成が困難になります。これではまるで負のループですね。 このように、単純な教育問題に留まらず、状況を多角的に捉えた情報が発信されれば、社会問題と正確に向き合えるのではないでしょうか?

新しい世界に飛び込む準備

保守的と捉えられがちな日本人ですが、国籍・人種・性別・経歴に関係なく、誰にとっても未知の世界へ飛びこむことは恐怖を伴います。 しかし、社会で生きていく限り、その都度否応なしに新しいスタートを切らなければなりません。 「新しいスタートに当たるものは何か?」と考えてみると、具体的に思い浮かんだなかで一般的なものは進学・就職・引っ越し、結婚、また人によって起業をする場合もあります。 いずれにしろ、スタートはなにも特別な行為ではなく、日常的なことなのでしょう。 しかしそうなれば、未経験とはいえある程度の事前準備を行えるのではないでしょうか? 例えば引っ越しの場合、新居を見つけ契約を結ぶだけではなく、業者の比較・価格の相場・スケジュール調整など、やることは山積みだからこそ、早め早めに準備に取り掛からなければぶっつけ本番になる恐れがあります。 以上について、矢野氏は以下の見解を示しています。

私は、仕事柄、引っ越しするときにはやはりハザードマップを真っ先に確認いたします。 浸水、土砂災害、等をやはり確認して安全なところを選び居住物件をさがします。

ハザードマップをチェックして引越し先を決めるのは盲点だったという方は多いと思います。 トラブルバスターでは、新生活を迎える方を応援すべく、「安全」という観点からアドバイスを送っているので、もしあなたが不安を抱えているなら必要な情報が入ってくるかもしれません。

時事問題も取り上げている

住まいのトラブルバスターでは時事問題について扱うことも多いです。

たとえば最近は、新型コロナウイルスの影響で政府が緊急事態宣言を出したことが話題になりました。

住まいのトラブルバスターでもこれについて取り上げ、どう過ごすかをテーマに議論しました。

番組パーソナリティの矢野氏は、食糧の買い出し以外はずっと家にいるそうです。自由に出かけられないことがストレスになる方もいますが、矢野氏はこういったことができるのを、ある意味幸せなことかもしれないと語っていました。

矢野氏の友人の中にはお店を営む方もいて、外出自粛のため閉店した方もいるそうです。店を開けていてもお客様が来ない、と言う友人もいるようです。

全国で多くの感染者が出て、さらに有名人が亡くなるという悲しいニュースもあったので、その影響が大きいみたいですね。

命も大事ですが、お金も大事…と、難しい問題です。国からしっかりと保証が出ればいいのですが。

このように、時事問題について話すことも多いラジオ番組です。様々なことにアンテナを張り、聴く人の役に立つような最新情報をお届けしているようですね。

まとめ

矢野克己氏が代表理事を務めている市民住まい向上委員会は、 安全で安心して暮らすことができる住まいの実現 を目指して、多くの方に防犯や防災の重要性、住まいの快適性といったことを伝えるための活動を行っています。 私たちの生活をより安全で快適なものにするためには、防犯対策や耐震、外装のメンテナンスが必要です。 メンテナンスをする際の注意点などで悩んでいる人はぜひ市民住まい向上委員会に相談してみてください。 一人ひとりの住まいに合った、的確なアドバイスをしてもらえるでしょう。