ホームテック(リフォームプライス)の評判は?リフォーム専門店のトラブルや苦情とは?

こちらの記事では、ホームテック(リフォームプライス)についてご紹介していきます。

現在、多くの方がリフォームについてたくさんの悩みを持っているかと思います。
例えば、費用的な問題、仕上がりの問題などです。
リフォームは工事の良し悪しだけで判断するのではなく、工事を執り行う会社にもきちんと注目しなければ、自分が納得できるリフォームはできません。

リフォームを行っている会社は数え切れないほど存在していますが、その中から自分に合ったリフォーム会社を選んで、思い通りのリフォームが行えるようにすることが大切です。

そこで今回は、リフォームの注意点やおすすめのリフォーム会社・ホームテック(リフォームプライス)をご紹介しつつ、気になる住宅に関する悩みの解決につなげていきます。
リフォームを検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

全国の「ホームテック」

「ホームテック」という会社は全国にあり、リフォーム会社以外にも様々な会社が存在しています。
大手ハウスメーカーの名前の一部に入っていたり、全国規模のリフォーム会社もあれば、地域に密着したリフォーム会社もあります。

「リフォーム会社」と検索すると「ホームテック」はたくさん出てきますが、特定のホームテックについて調べようと思った時に、他社と間違えてしまうこともあるので注意が必要です。
全国に何ヶ所もあるので、リフォームが依頼できない場合もあります。

「営業方法が悪質」「迷惑電話がくる」「トラブルが多い」等のかなりネガティブな苦情を書かれている場合もありますが、その内容が本当に自分が思い浮かべている業者のものなのか、

名前だけでは判断せずに、きちんと同じ会社であるかどうかだけではなく、電話番号や所在地を確認してみてください。

ホームテック(リフォームプライス)の企業概要

ホームテック(リフォームプライス)では、数々のリフォームを行いお客様の満足度を高めてきた会社です。

ここではホームテック(リフォームプライス)の企業概要についてご紹介していきましょう。

ホームテック株式会社は東京都多摩市に本社を置いている会社です。
多摩店、八王子店、横浜青葉店、入間店など主に東京、神奈川、埼玉の3つの都県でリフォーム事業を行っています。
資本金は5000万円で、従業員数は平成31年4月1日現在では193名と、多くの社員がリフォーム事業に携わっています。
資格を所有している社員も多く、一級建築士、インテリアコーディネーター、宅地建物取引士、一般耐震技術認定、キッチンスペシャリストなど、数多くの資格補修者が素敵なリフォームを叶えてくれます。

認可登録は、一級建築士事務所登録として東京都知事登録第37862号を受けています。
日本防音床材工業会会員や、日本増改築産業(JERCO)協議会会員の認可登録を受けており安心してリフォームを任せられます。

ホームテック(リフォームプライス)では、電話営業は一切行っていないようです。

「ホームテック」という名前がネット上や広告など至るところで見受けられますが、ホームテック(リフォームプライス)と間違えないように同名の他社に気を付けましょう。

東京・神奈川・埼玉地区限定ホームテック(リフォームプライス)の評判と口コミ

リフォーム会社として年間5000件以上もの施工実績を持っているホームテック(リフォームプライス)は、口コミサイトでは数多くのコメントを見ることができます。 ここでは、ホームテック(リフォームプライス)の評判についてご紹介していきます。

営業電話問題で迷惑している人が多い!?

同じ名前の会社多く存在している「ホームテック」は、
トラブルがあった場合他社にも迷惑が及んでいることが多いようです。

中でも多いトラブルとしては他社の営業電話が問題になっていることが口コミから多く発見できました。

ホームテック株式会社という屋根や壁の塗装の会社で、 トラブルも多く、かなり評判も悪い。 若い人の声を聞いてワンキリするような会社だから、 リフォーム詐欺などの年寄り狙いの悪徳商法だろう。

この口コミを見ると無言電話やワン切り等の迷惑電話を行う会社として、評判を下げています。
さらには、悪徳商法を行う会社という悪いイメージにもつながってしまっているようです。

たしかにホームテック(リフォームプライス)では屋根や外壁塗装も行うこともあります。
しかし、リフォームプライスは屋根塗装や外壁塗装だけを売りにしているわけではありません。

内装や外装含めて数々のリフォームをこなしてきたリフォームプライスは、営業電話も行っていませんし、たくさんのお客様の満足度を落とすような迷惑電話も行わないはずです。
これと似たような口コミが別のサイトで発見できました。

「ホームテックです。塗装の会社です。」と言われ、「塗装はハウスメーカーにお願いしているので必要ないです」と断ると、無視して「何年のお住まいですかぁ?」とバカにしたような口調で聞かれた。「ハウスメーカーにお願いしているので必要ないです!!!」と再び言うと、「ふんっ!」と怒って、プツッと電話が切れた。

こちらでも同じように塗装会社として迷惑電話を掛けてきています。
口調も強く、お客様が不快に感じるような言い方で電話をしてきていることが分かります。

これではトラブルの元です。
しかし、ホームテック(リフォームプライス)が営業電話をすることはありません。

きちんとした評判

多くの評判を目にする「ホームテック」ですが、自社のホームページでお客様の口コミを見ることができます。

多くの利用者が5段階中、星4や星5をつけている人が多く満足に対応してもらえる会社だということが分かります。

「営業電話がしつこい」「迷惑を与えている」「断り方がわからない」等書かれていますが、
あくまでもそれは同じ名前の別会社への苦情であり、ホームテック(リフォームプライス)自体は多くのお客様にも高い評価を得ている会社だったのです。

ホームテック

リフォーム時に多いトラブル・気をつけるべきこと

住宅は人間が一生暮らせるくらい長期間綺麗に保てるものではありません。
定期的なメンテナンスの他、時にはリフォームを行い住宅の寿命を延ばしていきます。
ここでは、多くの人が行うであろうリフォームについての注意点を何点かご紹介していきましょう。 ホームテック

リフォームで多いトラブル

リフォームを行った人はこれからご紹介するトラブルが多く見受けられるようです。 ・仕上がりが納得いかない ・約束どおりの施工がされていない ・思ったよりも費用がかかった ・近隣から工事の苦情が入った

【仕上がりが納得いかない】

この問題は、事前にリフォームを行う部屋の面積をよく理解していない人に起こってしまいがちです。 部屋は面積によって同じ色のクロスや床でも見え方が全然違ってきます。 例えば、狭い部屋は広い部屋よりも暗く感じてしまう傾向にあります。 クロスを張り替えて部屋の雰囲気をチェンジする場合には、張り替えるクロスの色だけを注目するのではなく、部屋全体の広さも考慮して色を選んでいきましょう。

【約束どおりの施工がされていない】

リフォーム会社の中には契約書を作らずに工事を始めてしまう会社もあります。これはトラブルのもとです。 このような会社から施工してもらった場合、口約束でお願いした工事がきちんと行われていない可能性があるのです。 リフォームする場合には必ず契約書を渡してもらえるようにお願いしましょう。

【思ったよりも費用がかかった】

この問題は見積書の確認で抜けがある場合や、事前の準備段階としてリフォームについて詳しく勉強してこなかった人に起こり得るものです。 契約金額では足りずに追加請求をお願いされる会社もあるので、自分が希望するリフォームどのくらいの費用が必要なのか前もってきちんと調べおきましょう。 見積書も要確認し、抜けがないかも把握するべきです。

【近隣から工事の苦情が入った】

リフォームでは屋根や外壁などの工事になるとかなり大きな音を響かせてしまいます。
そのため、近隣住民には不快に感じるほど大きな音を耳にしてしまう方もいます。
また、工事業者が資材の運搬で家にたくさん出入りしたり、トラックが駐車したりすることでしょう。
こうなると通行の邪魔になる可能性も出てくるので、苦情を訴えられてトラブルになる場合も少なくありません。 工事を行う際には内装工事であっても近隣の方に迷惑が及ぶことを理解し、事前に挨拶して大きなトラブルにつながらないようにしていきましょう。

これらの注意点を知っておくことで、リフォーム時のトラブルを回避することができるでしょう。 ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか?

ホームテック(リフォームプライス)の社長メッセージ

ホームテック(リフォームプライス)の代表取締役は高橋久明氏です。

「人生を豊かに楽しむためのリフォーム」とは何なのか、古くなったものを新しくするだけでなく、「お客様の”家を楽しむ”お手伝いをする」とは何を意味するのか。

ホームテックが追求するもの、こだわり、思いを採用サイトで語っています。 気になる方はぜひ公式サイトをご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓
社長メッセージ

また、ホームページでは実話に基づくホームテックのポリシーが紹介されています。
実際に社員の方が経験した心温まるエピソードや、『今後もこのような経験を提供していきたい』
というエピソードが自社のポリシーとして紹介され、
ホームテック(リフォームプライス)がどのような企業でありたいかが表現されています。
そちらも是非一緒に読んでみてください。

話題のリノベーションプラン”リノアス”

ホームテック(リフォームプライス)で人気のリノベーションプラン「RENOAS(リノアス)」

RENOAS(リノアス)はライフスタイルに合わせた豊富なプランで快適空間にリノベーションしてくれると評判です。

生活動線、家事手線、くつろぎ視線という3つのラインで暮らしをデザインしており、
効率を重視し、室内で動きやすいようにデザインするだけでなく、
室内の景色にまで素材で変化をつけたりと、心地よい空間を実現させることができるプランのようです。

詳しくはこちら

子供も楽しめるイベント

ホームテック(リフォームプライス)は様々なイベントを実施しています。
子育て世帯向けの相談会や、中古マンションの見極め方を紹介するWEBセミナーをはじめ、
過去にはサッカー選手によるサッカー教室や、DIY教室・夏安い木工教室など、お子さんと一緒に楽しめるものもやられているようです。
こまめにチェックしていれば、面白いイベントに参加できるかもしれません。

イベントチェックはこちら

まとめ

ここまでホームテック(リフォームプライス)についてや、
リフォームに関することについてなど、多くのことに触れてきました。

ホームテックという会社は数多く存在して、良い評判の会社もあれば悪い評判の会社も混在していて、
たくさんの評価を得ているホームテック(リフォームプライス)は間違えられて数々の批判を浴びてしまいました。

しかし、ホームテック(リフォームプライス)では施工件数年間5000以上の実績があり、
たくさんの資格を持ち合わせた社員が多く在籍している会社です。
自社のホームページにはお客様の評価を隠すことなくさらけ出し、その多くが高評価として「満足できた」と書かれています。

また、ホームテック(リフォームプライス)のホームページ内に、コラムが掲載されています。
様々なテーマで、リフォームのちょっとした知識や、本気でリフォームを考えている方々にとっては嬉しい耳寄り情報が更新されており、施工に関する具体的な説明もしてくれているので、より安心して依頼できそうです。

この記事を読んでいる方の多くはリフォームを希望していることでしょう。
リフォームは行った全ての人がスムーズに事無く進むわけではなく、様々なトラブルが出てしまうものです。
トラブルを起こさないためには、事前にリフォームについてよく学んでおくべき必要があることと、施工会社とも綿密な相談が大切になってきます。

また、リフォーム工事で近隣住民に迷惑と思われることもあります。
突然工事を始めてしまっては、何も準備なしに工事の影響に直面するわけですから問題になりやすいです。
事前に連絡があれば出かけたり窓を閉めたりと対応できるので、
必ず近隣住民に挨拶を行うようにしましょう。

ぜひ、今回ご紹介したことを参考にしてトラブルを回避し、後悔しないリフォームにつなげていきましょう。