再生可能エネルギーで注目を集めるアール・エス・アセットマネジメント株式会社|

~2.実績編~

 

アール・エス・アセットマネジメント株式会社では、太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギーを活用した事業を展開しています。

2011年東日本大震災の際に起こった福島原発の事故で、再生可能エネルギーは注目を浴びるようになってきました。

再生可能エネルギーは、石油や石炭と異なり枯渇しない永続可能なエネルギー源です。

そこで今回は、そんな再生可能エネルギーに関わる事業を展開しているアール・エス・アセットマネジメント株式会社のエネルギー分野や実績、今後の展望について解説していこうと思います。

 

 

進出しているエネルギー分野について

 

アール・エス・アセットマネジメント株式会社は、2013年に設立された会社です。

アレンジメント事業やインベストメント事業を行っており、主に再生可能エネルギーを活用したファンドに対しての事業を展開しています。

ここでは、そんなアール・エス・アセットマネジメント株式会社が進出しているエネルギー分野について見ていこうと思います。

 

 

■再生可能エネルギーの重要性

 

そもそも再生可能エネルギーは、近年メディアや雑誌などで取り上げられるケースも多くなってきています。

再生可能エネルギーは、永続的に利用できるエネルギーのことで、太陽光発電・風力発電などを指します。

日本や世界では、石油を主なエネルギー源としてきました。

しかし、石油は1度燃やしてしまうと2度と使用できませんし、温室効果ガスを多く排出してしまうため、地球環境に悪影響を与えてしまうと言われています。

再生可能エネルギーは、太陽や風などをエネルギーとして使用するので、永続的にエネルギー供給できるほか、環境にも影響を及ぼしません。

再生可能エネルギーに移行すれば、資源の枯渇もなく、環境負荷をかけずに供給していけるのです。

しかし、再生可能エネルギーにかかるコストは割高で、まだ課題が多い分野と言われています。

アール・エス・アセットマネジメント株式会社は、そんな再生可能エネルギーに着目し、太陽光発電をはじめとする課題を踏まえ、日本で再生可能エネルギーを発展させていこうと考えています。

 

 

■進出しているエネルギー分野

 

アール・エス・アセットマネジメント株式会社は、太陽光発電・バイオマス発電・風力発電・水力発電・など様々な再生可能エネルギーを展開しています。

中でも太陽光発電・バイオマス発電・風力発電を得意としており、太陽光発電に関しては日本各地に発電設備を建築しています。

 

アール・エス・アセットマネジメントでは、太陽光発電設備の用地交渉・企画・運用までをトータルサポートしており、用地ごとに最適な太陽光発電システムの施工・保守を行っています。

また、バイオマス発電は動植物などの生物から作り出される有機性エネルギーを資源とした発電方法です。

再生可能エネルギーの中でも環境負荷が低い発電方式になっており、今後が期待されています。

限りある資源を効率的に利用し、持続可能な資源循環を行う社会の実現を可能にしています。

風力発電はその名の通り枯渇しない資源である風を利用して発電する方法です。

日本は1年を通して台風の通過が非常に多く、これまでは台風に耐えられる設備を作るのが困難でした。

しかし、原子力発電の事故によって急速な市場拡大が見込まれているのも実態です。

そこでアール・エス・アセットマネジメント株式会社は、小型・洋上の風力を含む風力発電事業開発を行っています。

 

これまでの実績、大手との提携など

 

現在、アール・エス・アセットマネジメント株式会社では全国に78箇所の再生可能エネルギー発電設備を設置しており、約320,358.8kWもの合計設置容量を実現しています。

そんなアール・エス・アセットマネジメント株式会社が設立した背景や大手企業との提携について記載していこうと思います。

 

 

■設立した背景と実績

 

2011年、東日本大震災が発生し、日本では安全なクリーンエネルギーによる電力供給が求められるようになりました。

東日本大震災では、福島の原子力発電所の電力設備が被害を受け、計画停電や火力発電による代替が行われています。

しかし、火力発電は温室効果ガスの排出量が多く問題になっています。

そこで、アール・エス・アセットマネジメント株式会社は環境負荷の少ない再生可能エネルギーを利用した事業を展開し、次世代の日本を築くために取り組んでいるのです。

特に、少子高齢化が深刻化し、地方では過疎化が進んでいます。

しかし、そのような土地を再生可能エネルギー設備として利用することで、地方再生やインフラ改革に貢献しています。

現在では、全国に78箇所もの設置件数という実績を持っており、バイオマス発電2箇所・風力発電3箇所など様々な再生可能エネルギー施設を設置しているのです。

 

 

■大手企業との提携について

 

アール・エス・アセットマネジメント株式会社では、地方再生やインフラ改革・災害リスク回避のために全国各地に再生可能エネルギー施設を設置しています。

また、国内だけでなく、大手商社と提携しており、世界におけるエネルギーや環境問題にも取り組んでいるのも特徴です。

特にアジア各国では経済発展が著しく、エネルギーや環境問題における対策が急がれています。

アール・エス・アセットマネジメント株式会社は、大手商社とパートナーと提携して、再生可能エネルギーを中心に環境事業を伝えていっているのです。

また、アレンジメント事業やインベストメント事業においては、特別目的会社と連携し、安全で安定した電力供給や売電収入における安定収益確保にも努めています。

再生可能エネルギーをより多くの方に受け入れてもらえるよう、高い専門性と豊富な実績を基に、持っている情報やノウハウを最大限に活かした事業に取り組んでいるのです。

 

これからの展望について

 

東日本大震災によって、電力は安全である必要があるという認識が高まったため、低コストで枯渇しない永続可能な再生可能エネルギーは期待されています。

そして、アール・エス・アセットマネジメント株式会社は、北海道から九州まで、全国各地に78箇所もの場所に太陽光発電・バイオマス発電・風力発電を展開しているだけあって、今後も実績はさらに伸ばしていく可能性が高いです。

環境負荷を与えず、地球に優しい資源を利用した電力供給の需要は、今後日本だけでなく世界的に注目され、導入されていくでしょう。

日本では、震災から数年経過する今でも原子力発電の安全性の低さを批判する声が多く、稼働していない状況です。

震災前は、それらのすべてが稼働して全国の電力を賄ってきました。

しかし、それができない現在は火力発電や石炭発電が代替しており、今後は資源不足に陥る可能性があります。

太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギーの利用は、政府でも急務とされており、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」を導入しています。

政府が再生可能エネルギーに注目したことで、国内企業は再生可能エネルギー設備を検討する所も多くなってきました。

アール・エス・アセットマネジメント株式会社は、そんな中でも再生可能エネルギーを利用した国内大手のエネルギーファンド・アセットマネジメントを行っています。

太陽光発電に留まらず、バイオマス発電や風力発電など様々な再生可能エネルギーを取り入れた事業を展開しているのは、アール・エス・アセットマネジメントの大きな強みと言えるでしょう。

市場調査やコンサルティングを行い、専門的で柔軟な視野をもって取り組めるのは、国内だけでなく海外でのニーズにも応えられる魅力があります。

今後も、アール・エス・アセットマネジメント株式会社の取り組みが注目されます。