ダイトーグループとアポロ医療器の事業内容や評判を比較!

こんにちは!

本日はダイトーグループとアポロ医療器という2つの企業について取り上げてみます。

読者の皆様はこの2社に対し、どのようなイメージを持たれているでしょうか?

ダイトーグループとアポロ医療器はそれぞれ家庭用の磁気治療器を取り扱っているという共通点はありますが、働き方や福利厚生などに違いは見られるのか気になる方もいらっしゃるでしょう。

特に就職・転職を検討されている方は、働き方に対してどんな違いがあるのか知っておきたいという方もいるかと思います。

そこで今回はダイトーグループとアポロ医療器の事業内容や働き方など、評判を含めて比較してみました。

ダイトーグループとアポロ医療器のそれぞれの特徴や違いを知りたいという方はぜひ参考にしてみてください。

ダイトーグループとアポロ医療器の概要

まずはダイトーグループとアポロ医療器の概要について簡単にご紹介していきます。

ダイトーグループ

ダイトーグループは主に健康・美容関連商品の企画・製造・販売を行なっている企業で、多くのグループ会社の中核的存在を担っています。

元々大藤産業株式会社でしたが、2002年から商社部門が分離しダイトーグループ本社となりました。

アポロ医療器

アポロ医療器株式会社は大阪府大阪市平野区に本社を構える企業で、1975年創業されアポロ医療器株式会社として設立されたのは1984年からとなります。

主に磁気治療器や電気治療器などの製造・販売を行なっており、取引先は日本のみならず世界の販売代理店にまで販路を拡大しています。

ダイトーグループとアポロ医療器の事業内容と強みや社会的意義

続いて、ダイトーグループとアポロ医療器、2社の事業内容や強み、社会的意義などをチェックしてみましょう。

ダイトーグループ

ダイトーグループでは、健康製品の企画・開発に携わるにあたり、健康を通して幸せな生活が送れるような商品づくりに努めることを理念としています。

また、多くの人々に健康商品の宣伝普及をし、福祉を目的に社会貢献することを目指しています。

ダイトーグループの強みとしては、実際に手に取って感じてもらうことで商品の良さを知ってもらうことができるという点です。

消費者の目で確かめ体験してもらうことが、最も安心して商品を購入することができるということにつながると考えています。

アポロ医療器

アポロ医療器は、利用する人の健康面だけでなく商品を安心して使用してもらうために、長年の実績と信頼性のある技術力で商品づくりを提供しています。

治療よりも症状や病気を緩和させ、痛みを抱える前に予防することを目標に快適な生活を送れるような商品をお届しています。

世界のでたった1つのオンリーワン製品の実現を目指し、予防医療器を中心とした商品づくりに貢献していくことがアポロ医療器の強みです。

さらに創業30年以来、医療と化学に裏づけられた商品のみを生みだしてきという社会的意義を持ち続けてきています。

2社の共通点と違い

2社の共通点としては、どちらも電気による刺激作用を応用した磁器治療器を販売しているということです。

ダイトーグループでは「ドリームシャワー」といった家庭用電気磁器治療器を販売しているのに対し、アポロ医療器では「マグネテック・プラス」という商品を販売しています。

どちらも交流電気によって磁場を作り、体に磁力線を浸透させる治療方法です。

しかし、両社の違いは販売方法にあります。

ダイトーグループでは主に各地に点在するグループ販売会社を通じて商品を提供していますが、アポロ医療器ではインターネット販売等で商品を提供しています。

商品を直接消費者に体感してもらうことができますが、インターネット販売では商品の良さを実際に体験することができません。

また、使用感だけでなく商品のサイズや重さなど正しい情報を得ることができるのもこの様な販売手法ならではの特徴です。

アポロ医療器ではインターネットやカタログ販売を中心としているので、店舗を有していません。

このように同じ共通点を持つ商品展開を行っている会社ですが、販売方法には大きな違いがあると言えます。

ダイトーグループとアポロ医療器の働き方や福利厚生

ダイトーグループとアポロ医療器の概要や事業内容を調べてみると、消費者に喜んでもらうための商品開発や企画・販売などに貢献していることがわかりました。

では、それぞれの会社が規定している働き方や収入はどのようになっているのでしょうか?

ここからは、ダイトーグループとアポロ医療器の福利厚生についてご紹介していきましょう。

働き方や福利厚生について

【ダイトーグループ】

・勤務時間:9時~18時(変形 1ヵ月単位 60分休憩を含む)

・休日:月に5~10日程度(会社カレンダーによる)

・休暇:有給・ゴールデンウィーク・夏季休暇・年末年始・特別休暇・慶弔

・年間休日数:105日

・給与:当社規定

・昇給:年1回(4月)

・昇格:年3回(業績によって8月・12月・4月)

・インセンティブ

・給与:社内規定による

・家族手当:あり(11,000~35,000円)

・食事手当:あり

・営業手当:あり

・皆勤手当:あり

・精勤手当:あり

・金属手当:あり

・交通費支給:あり(上限月額100,000円)

・帰省旅費:会社負担

・福利厚生:社会保険完備(雇用保険・健康保険・労災保険・厚生年金)

・雇用期間:定めなし

・育児休暇:あり(取得実績あり)

・勤務場所:甲信越・東海・関東・近畿・中国・九州

・研修カリキュラム:あり

ダイトーグループの働き方や福利厚生は以上のような内容でした。

研修カリキュラムでは、社員同士で討論会を行ったり専門家による勉強会を実施しています。

新入社員研修をはじめ中堅社員、職能別研修、管理職研修、店長研修など段階別に合わせてカリキュラムが行われています。

このように独自スタイルの研修カリキュラムを用いることで、社員の企画力・コミュニケーション力・マネージメント力・情報力・オペレーション力を向上させることが可能です。

研修を通して幅広い知識を習得することができ、仕事に対してもやりがいを感じることができると言えるでしょう。

ダイトーグループは、同じような職種の中でも待遇が充実していると言えます。

賞与については業績によって年に3回支給されることもあるので、社員のモチベーションアップにもつながることでしょう。

また、地元ではない地域に配属された場合でも寮完備や帰省にかかる旅費を会社が負担してくれるので、生活費の負担も少なく安心して勤務することも可能です。

【アポロ医療器】

アポロ医療器の働き方や福利厚生についての情報は見つかりませんでしたが、似たような職種の福利厚生を見てみましょう。

 

アポロ医療器のようなネット販売やカタログ販売を商法としている会社は、基本的に週休2日制であることが多いです。

休日は土日祝日となると年間休日日数は125程度と言えるでしょう。

勤務時間は9:00~18:00までとし、その中で60分間の休憩が含まれます。

休暇に関しては、有給休暇・ゴールデンウィーク・夏季休暇・年末年始・特別休暇・慶弔などの休暇取得が設けられています。

給与は、会社規定によりますが一般的には160,000~230,000円程度と言えるでしょう。

これは、販売・営業・企画などの部門や大学院卒・四大卒・短大卒・専門卒などの条件によって待遇が変わってきます。

それに加えて年1回の昇給や年2回の賞与が支給され、額面は業績によって異なります。

福利厚生については、社会保険が完備されているところが多く雇用保険・健康保険・労災保険・厚生年金などの加入が認められているようです。

その他、通勤手当、地域手当、育児手当、財形貯蓄制度、インセンティブ制度、社員割引などの手当てが用意されている場合があります。

正社員になれば、雇用期間の定めはなくなりますが退職金制度に関しては会社によって支給されないところもあるようです。

求める人材と口コミについて

【ダイトーグループが求める人材】

ダイトーグループの主な事業内容は、健康や美容に関する商品の展示や販売などです。

健康関連商品を中心に取り扱っている会社だけあって、その商品の良さをどれだけダイレクトに消費者へ届けることができるかが基本になります。

販売を行う会場を設けて商品をいかに詳しく解説できるかも重要なポイントです。

ですから販売商品に対して強い自信を持っていなければ難しいと言えるでしょう。

健康・美容関連に興味があり、多くの人と関わり合いながら働きたい方にとっては、最適な企業と言えます。

特別なスキルや資格などを必要としていないため、誰でも企業の一員として働くことができますが、会社が実施している研修カリキュラムによって自身の能力を高めることができます。

【アポロ医療器が求める人材】

アポロ医療器では、より多くの人に痛みや病気のない人生を送ってもらうための商品開発や販売を行っている企業です。

健康で楽しい人生の実現を目指すために、予防や緩和が重要だと考えているため、自分自身の健康価値を高め、提供する商品に興味のある人材を求めています。

一人でも多くの方が健康になって欲しいという熱意があり、消費者のニーズを鋭くキャッチできる能力があると非常に有利です。

また、消費者だけでなく社員の意見に耳を傾け分かり合おうとする姿勢も必要にってくるでしょう。

【口コミ】

アポロ医療器に関する口コミはありませんでしたが、ダイトーグループに勤務している社員の口コミは以下の通りです。

“入社の時点で出張先の地方が決定する。旅行が好きとか、地方のグルメ食べ歩きをする人にとってはいい思いができる。”

“家賃、水道光熱費は会社負担で、お客さんからお弁当作ってきてくれる事もあり食費は浮く事が多い”

 

“【残業手当の特徴】無いです。かなり変わった営業をしているので最初から無し。すべて成績でインセンティブが貰える。”

“厳しさは多々あるが、人間関係は良好でアットホームな職場。結果を出すと給料にプラスアルファでインセンティブが出るので、結果を出していたときは、月の給料に手をつけずインセンティブだけで生活ができていた”

 

ダイトーグループは固定給だけでなく、会社が負担してくれる手当によって生活費がかなり節約できるといた口コミが多くなっています。

また、昇格や賞与、インセンティブなどがあるので仕事のモチベーションアップややりがいも得られることでしょう。

ダイトーグループでは、営業社員の能力アップを目的とした勉強会や専門講師によるセミナー受講の場を設けています。

講師の方や社員同士で活発な意見交換が行われ、職場の雰囲気もよりよい環境になるよう目指しています。

 

ダイトーグループとアポロ医療器の働き方や福利厚生についてご紹介してきましたが、ここで紹介したダイトーグループとアポロ医療器の収入や福利厚生は、どちらも安定しており、基本的な制度や待遇が用意されているので多くの方が働く場所として検討していることでしょう。

ダイトーグループとアポロ医療器との比較(事業内容比較・口コミ評判比較・福利厚生比較)

ダイトーグループとアポロ医療器は家庭用医療機器の製造・販売を主な事業内容にしていますが、競合他社でも事業内容や福利厚生には異なる点も多いです。

具体的にどんな違いがあるのか、口コミ評判と一緒に比較したのでご紹介します。

事業内容の比較

ダイトーグループの事業内容

ダイトーグループは磁気医療機器の企画・製造・販売だけではなく、美容液や美容クリーム、サプリメント、食品など健康と美容に関する製品の製造・販売をメインにしています。

また、グループ会社の日本モクサー株式会社は東京都新宿区で不動産賃貸業を行っており、ダイトーグループの創始会社である大藤産業株式会社では、大阪・福岡・北海道を中心に不動産賃貸業、京都で旅館業を行っています。

商法は自社に店舗や販売サイトは設けておらず、また他の販売店や通販サイトに卸売しているわけでもありません。

全国各地にグループ企業があり、各エリアで定期的に展示を通じて販売を行っています。

アポロ医療器

アポロ医療器はダイトーグループと同じく家庭で仕様できる磁気治療器をはじめ、電機治療器やインソール、枕などの健康グッズをメインに製造・販売を行っている会社です。

本社の大阪に工場があり、主な事業形態は工場での製造業、営業、事務業と考えられるでしょう。

本社工場では「ISO 9001」と「ISO 13485」を取得しています。

取引差金は全国の販売代理店や海外の販売代理店、通信販売会社、寝具・寝装販売会社となっているため、販売方法は自社の店舗ではなく代理店や通販サイトで卸売しているようです。

 

それぞれの事業内容を簡単に説明しましたが、同じ医療機器の製造・販売でもダイトーグループはグループ会社で不動産賃貸業と旅館業を行っている違いがありました。

アポロ医療器の工場は「ISO 9001」と「ISO 13485」を取得しているのが特徴的です。

ISO 9001は品質マネジメントシステムに関する規格のことで、認定を得るためには一定の品質管理の基準を満たし、正しく運用・継続的な改善していることが条件なので、取得の難易度は高めです。

そして、ISO 13485は医療機器に関する品質マネジメントシステムに関する規格で、ISO 9001と同じく医療機器の製造にあたる品質管理の基準をクリアしなければ取得できません。

これらの取得はある程度知識がないと取得が難しく、取得できているということは最低限の品質管理が第三者機関から認められていることを証明します。

販売方法の違い

ほとんどのメーカーは自社の店舗や販売サイトでの販売、もしくはドラッグストアや家電量販店、医療機器販売代理店、通信販売会社などに卸売りするのが一般的でしょう。

アポロ医療器は後者の卸売りの形態となっており、全国各地・もしくは海外の代理店で購入することが可能です。

また、通販サイトのAmazonや楽天市場にも商品が出回っており、通信販売会社に販売を委託したり、通販サイト内で自社のWebショップで販売していたりしています。

店舗がなく工場も本社と同じ大阪なので地方に転勤することはないと考えられるでしょう。

ただ、営業職の場合は卸売業者や仕入れ先との連携があるため、日本各地や海外へ出張する機会が多いかもしれません。

 

ダイトーグループは卸売りや実店舗はなく、スタッフが会場を用意し、準備から集客、展示・体験、説明・相談、販売という形で販売しています。

少し怪しい商法と思うかもしれませんが、どんな商品か直接見ることができ、また製造元の社員が商品の仕様や使い方をしっかり説明してくれるので、ただ商品を見たり、通販サイトから買ったりするよりも、性能や品質を納得した上で購入できることがメリットです。

従業員側も消費者から直接意見をもらえるので刺激になり、販売につながり業績が上がればやりがいにも感じるでしょう。

この販売方法から営業職の場合は勤務先が地方になり、転勤も多いでしょう。

また、本社でも各地で出張が多いと考えられます。

マイナス要素にも思いますが、色々な場所で働きたいと思う方には良い環境かもしれません。

福利厚生に関する比較

会社で働く上で福利厚生や待遇、休日休暇は重要な要素です。

ダイトーグループの主な福利厚生は社会保険完備(労災・雇用・健康・厚年)、社員寮完備となっています。

転勤や出張が多いので寮完備はメリットが大きく、また家賃や水道光熱費は会社負担なので安心です。

手当には通勤手当、食事手当、家族手当、営業手当、インセンティブなどがあり、帰省旅費が全額負担となっています。

休暇も有給休暇やGW、夏季、年末年始、特別休暇、慶弔などがあるので休みは確保しやすく、残業があまりないのでプライベートも充実させることができます。

他社になりますが、各種社会保険完備や通勤手当、住宅手当、社員割引などがあり、有給休暇やGW、夏季、年末年始、特別休暇、慶弔といった福利厚生が一般的です。

医療機器の製造・販売を行うアポロ医療器も他社と似たような福利厚生となっているでしょう。

自社店舗はなく本社での仕事が中心なので、職種によると思いますが残業はあまりないでしょう。

口コミ評判の比較

採用向け口コミサイトを見たところ、ダイトーグループはいくつか投稿がありましたが、アポロ医療器は見当たりませんでした。

しかし、自社商品の販売ページの口コミでは、次の口コミがありました。

“5~6年前にテレビの通販番組を見て、購入して今でも使っています。”

この口コミから分かるのは、商品の宣伝に広告費を出していたことです。

一方、ダイトーグループはテレビなどの広告宣伝は行わず、社員がチラシを用意して配るなどあまりコストをかけていません。

つまり、その分は製品開発や製造にかけており、高品質な商品を提供していると考えられるでしょう。

また、ダイトーグループでは次のような口コミがあります。

“儲かると20代でも500万以上いく。”

“結果を出すと給料にプラスアルファでインセンティブが出るので、結果を出していたときは、月の給料には手をつけずインセンティブだけで生活が出来ていた。”

医療機器メーカーの平均年収は500万円から600万円となっており、技術職や営業支援だと400万円から500万円程度となっています。

アポロ医療器も同じぐらいと想定できるでしょう。

ダイトーグループも似たような相場となりますが、平均年収は中年層に多く、若年層ではあまりと考えます。

しかし、インセンティブがあるので若い社員も高年収を獲得しやすい環境だと言えるでしょう。

ダイトーグループとアポロ医療器の評判を総括

ダイトーグループとアポロ医療器の事業内容や働き方、福利厚生などをここまで比較・検証してきました。

どちらも磁気関連商品を取り扱い、人々の健康を考えたものづくりを行なっているということに共通点は見られましたが、他の部分には違いが見られるようです。

特に気になった点としては、ダイトーグループでは販売を行なっているのはグループ会社であり、ダイトーグループ自体は組織の中核を担っているため商品を各グループ会社に卸したり、グループ会社を含めた人材育成等を行なっているということです。

アポロ医療器にはグループ会社は存在しないため、本社工場を持ち、製造から販売まで全て本社で行うこととなりますが、ダイトーグループではグループ会社と一丸になり、製造から販売までを行う会社だということが言えます。

これにより、営業に人員を割くことができるためこの様な販売方式を取ることができると考えられます。

逆にアポロ医療器の場合は製造から販売までを1つの会社が担っているため、実際に販売するという行為はネットやカタログでの販売のみ携わり、後は販売代理店に任せるような形となります。

商品の良さを直接伝えられるという点では、ダイトーグループの方が伝わりやすいと言えるでしょう。

評判に関しても、ダイトーグループでは口コミ評判が見受けられたものの、アポロ医療器の口コミ評判は少なく比較することができませんでした。

口コミ評判が少ないことは決して悪いことではありません。

ただ、情報がかなり限られてしまっているので、例えば商品を選ぶ時や就職・転職を検討している方にとっては選びにくくなっていしまっていると言えるでしょう。

ダイトーグループとアポロ医療器はどちらも高品質の電気磁気治療器を販売する企業でもあります。

それぞれ商品はもちろんですが、企業の働き方なども異なっているため、気になった方は2社について深くリサーチしてみてはいかがでしょうか。