ダイトーグループとソーケンメディカルの事業内容や評判を比較!

こんにちは!

本日はダイトーグループとソーケンメディカルという2社について取り上げてみます。

読者の皆様はダイトーグループとソーケンメディカルに対してどのようなイメージを持たれていますか?

どちらも家庭用電気磁気治療器を取り扱う企業でもありますが、働き方などには違いが見られます。

今回はそんな2社の事業内容や働き方、福利厚生に関する口コミ評判をまとめてみました。

この記事を読めば、ダイトーグループとソーケンメディカルにはどのような違いがあるのか分かることでしょう。

ダイトーグループとソーケンメディカルの違いを知りたい、就職・転職を検討していて健康機器を取り扱う2社に興味があるという方は、ぜひ参考にしてみてください。

ダイトーグループとソーケンメディカルの概要

まずは、ダイトーグループとソーケンメディカルの概要についてご紹介していきます。

ダイトーグループ

ダイトーグループは大阪府吹田市に本社を置く健康・美容関連の商品を主に取り扱っています。

2002年に大藤産業株式会社から商社部門が引き継がれてダイトーグループ本社へと変化していきました。

現在はダイトーウイングやダイトーバード、株式会社明輪などのグループ会社の中核を担っています。

ソーケンメディカル

株式会社ソーケンメディカルは東京都豊島区に本社を置く、電気磁気治療器の販売事業やサロン事業、クリニックや整骨院などのコンサルティング事業を担う会社です。

1982年に設立し、WEBショップなどの運営も行っています。

ダイトーグループとソーケンメディカルの事業内容と強みや社会的意義

続いて、ダイトーグループとソーケンメディカル、2社の事業内容や強み、社会的意義などをチェックしてみましょう。

ダイトーグループ

ダイトーグループでは、健康商品を企画開発するにあたり、健康を通して幸せになれるような商品づくりを理念としています。

そこから人々の健康・福祉に貢献することを目標としています。

ダイトーグループの強みとしては、主に各地に点在するグループ販売会社を通じて商品を販売しているという点です。

商品の良さを企画開発・製造を行った会社のスタッフが直接消費者に伝えることができ、さらに実際に商品を手に取って体感してもらうことで商品の良さを知ってもらうことができます。

ソーケンメディカル

ソーケンメディカルでは、理念として本当に良い商品だけを扱い、実際に体感してもらい効果を理解してもらった人だけに販売するという思いを持っています。

また、磁気を使った治療によって世の中を変えるためにあらゆるノウハウを駆使し、健康をサポートするための貢献を続けています。

とにかく磁気治療器には強いこだわりを持っていて、従業員の採用に関しても磁気治療器の良さを実感している人だけを採用しているそうです。

これは商品に自信があり、磁気治療器の良さを広めようという思いから来ているものと考えられます。

2社の共通点と違い

2社の共通点としては、どちらも家庭用の交流磁気治療器を販売しているという点です。

ダイトーグループでは「ドリームシャワー」、ソーケンメディカルでは「ソーケン」を販売しています。

どちらも医療機器承認番号を獲得しており、また幅広い範囲に効きやすい交流磁気ということで機器を当てている患部はもちろん、全身への効果も期待できます。

違いとしては販売方法が異なります。

商品を実際に手に取ってもらい、効果を感じられたら購入してもらうという点は同じなのですが、ダイトーグループでは直接販売、ソーケンメディカルではネット販売等を行っています。

直接販売では直接消費者に体感してもらうことができ、ネット販売を中心としているソーケンメディカルでもお試しレンタルを行っているのでまずは効果を体感してから購入することが可能です。

このように、消費者に対して商品の良さを体感してもらうという点はどちらも一緒ですが、販売方法に違いがあることが分かります。

ダイトーグループとソーケンメディカルの働き方や福利厚生

交流磁気治療器などを取り扱うダイトーグループとソーケンメディカルですが、2つの企業では働き方や福利厚生にどのような違いがあるのでしょう?

続いては2社の働き方や福利厚生をご紹介していきましょう。

働き方や福利厚生

【ダイトーグループ】

勤務時間:9時~18時(月平均177時間以内)

労働:1ヶ月単位での変形労働時間制

給与:会社規定による

休日:年間休日105日程度(1ヶ月5~10日)

昇給:年1回

賞与:年3回

交通費:月10万円以内

各種社会保険:健康保険、労災保険、雇用保険、厚生年金

手当:各種手当を用意

・家族手当(配偶者11,000円・子ども1人12,000円※2人まで)

・食事手当

・営業手当

寮制度:寮完備、寮費・水道光熱費は会社が負担

社有車:あり、展示会場は社有車を使用し通勤

帰省旅費:会社全額負担

試用期間:3ヶ月(給与・待遇は同じ)

ダイトーグループの特徴として、1ヶ月単位での変形労働制であるという点が挙げられます。

これは、直接販売することにより各地域で展示会を開催しており1ヶ月間その展示会へ勤務することになるので、形労働制となっているのです。

地域への移動となると転勤が多い印象を受けますが、実際には寮も完備されていたり、社有車を勤務時に活用することができるため負担は最小限に抑えられていると言えるでしょう。

他にも展示会では残業もほとんどないため、働きやすい環境だと考えられます。

給与に関してはインセンティブや年齢、経験、スキルなど様々な面を考慮した上で会社規定により決定されます。

実力主義とも言えますが、しっかりと成果を挙げることができればその分給与もアップするので向上心の高い人にとってはモチベーションを上げやすい職場だと言えるでしょう。

【ソーケンメディカル】

株式会社ソーケンメディカルの求人に関する情報を探してみたところ、見つけることができませんでした。

恐らく現在のソーケンメディカルでは、求人募集を行なっていないため、情報も公開されていないと考えられます。

ソーケンメディカルは交流磁気治療器「ソーケン」の営業・販売などを主に行なっており、ソーケンの製造に関してはグループ会社である株式会社創建が行なっているようです。

そのため、ソーケンメディカルでの働き方は、主に営業や事務作業が中心となります。

また、ソーケンメディカルでは「マグネセラピー」という磁気治療を中心に行なっているサロンも運営しています。

営業や事務などといった業務ではなく、こうしたサロンでも働くことができるかもしれません。

サロンの営業は月曜日から土曜日、10時~17時半となっており、日曜祝日はお休みです。

サロンなら残業時間も少ないことが考えられますし、予約制となっているためスケジュールも把握しやすいと言えるでしょう。

詳しい給与などを把握することはできませんでしたが、比較的働きやすい環境が人がっているものと言えます。

求めている人材と口コミについて

<求めている人材>

【ダイトーグループが求める人材】

ダイトーグループで求められている人材は、とにかく自社製品の良さを顧客に伝えることができる、そして顧客との信頼を築ける人と言えます。

自社製品の良さを消費者に伝えるためには、自身が実際に使ってみて体験しないとその良さを伝えきることは難しいでしょう。

ダイトーグループの様々な製品はどのような特徴があり、どんな人におすすめなのかしっかりと理解しておくことや成分などの基礎情報を身に付けることが重要なポイントとなります。

また、顧客との信頼関係を築くためにはコミュニケーション能力が求められます。

顧客に対して真摯に向き合い、誠実な気持ちでコミュニケーションを図っていくことが、信頼関係を築いていく上で大切です。

ダイトーグループでは一定期間の間販売会を行なっていますが、期間が終了すると別の場所で販売会を開催することになります。

長い時間をかけて少しずつ信頼関係を築いていくということが難しくなってしまうので、積極的なコミュニケーションが重要だと言えます。

【ソーケンメディカルが求める人材】

ソーケンメディカルで求められているのは、様々な技術よりも自社製品に対する愛情を持てるかどうかという点が重視されています。

ソーケンメディカルで働いている人の共通点として、自社製品に対する愛情が深いということが挙げられます。

採用に関しても磁気治療器が好きで入社を考えている人にはチャンスがありますが、嫌いという人に対してはソーケンメディカル側からお断りをしてしまうそうです。

実際に磁気治療器を使ったことがある人で、良さを実感している人が求められています。

スタッフが愛情を持っていて、良い商品だと思っているからこそ、営業の場面でもその良さを伝えようと力を発揮することができると言えます。

ですから、ソーケンメディカルでは磁気治療器の良さを実感していて、自社製品に対し愛情を持つ人かどうかが求められる条件の一つとなっているのです。

今回調べた中で、ソーケンメディカルの詳しい働き方や福利厚生に関する情報は得られなかったものの、2社が自社の製品に愛情を持っており、その製品の良さを顧客に伝えるということが分かりました。

 

ダイトーグループとソーケンメディカルとの比較(事業内容比較・口コミ評判比較・福利厚生比較)

自社製品に対して強いこだわりを持っているダイトーグループとソーケンメディカルですが、事業内容や福利厚生にはどのような違いが見られるのでしょう?

口コミ評判を含めて比較していきます。

事業内容の比較

ダイトーグループの事業内容

ダイトーグループでは主に磁気関連の製品やサプリメント、スキンケア用品といった、老若男女を問わず活用できる商品の企画・製造・販売を行なっています。

商法としてはドラッグストアなどで販売しているわけではなく、自社のグループ会社でもあるダイトーウイングやダイトーバードなどが商品を直接体感してもらい販売しています。

また、ダイトーグループはグループ会社の中核的存在として、グループ会社に対して人材育成等も行なっています。

ソーケンメディカルの事業内容

ソーケンメディカルでは電気磁気治療器とその関連アイテムの販売事業やマグネセラピーサロンの運営や店舗展開事業、クリニックや整骨院、鍼灸院などへのコンサルティング事業を行なっています。

中でも注力されているのは電気磁気治療器の販売事業やマグネセラピーサロンの店舗展開事業です。

ソーケンメディカルでは「ソーケン」「ソーケンリラックス」という2つの電気磁気治療器をメインに取り扱っており、その他の商品は電気磁気治療器の専用付属品のみとなっています。

そのため、そのため電気磁気治療器の販売には注力していることが分かります。

また、そんな電気磁気治療器を実際に体感してもらえるマグネセラピーサロンを全国に展開させていくことによって、多くの人に電気磁気治療器の良さを伝えることができると言えます。

そこから売上にもつながっていくのでサロン展開にも注力していると言えるでしょう。

ソーケンメディカルではこの他にも最新の磁気治療器をOEMで承ることも可能です。

 

事業内容を見てみると、取り扱っている商品数や商法など、大きな違いがあることが分かります。

特に、ダイトーグループは実際に地域での販売を実施しているのはグループ会社であり、ダイトーグループはグループ会社への商品供給や人材育成等がメインになっていると言えます。

もちろん、営業活動が行われることもあるようですが、やはりいくつものグループ会社を率いる存在であることからより良い商品の開発と、人材を育てることを重視している部分もあります。

逆にソーケンメディカルでは、製造に関しては株式会社創建が行なっているものの、販売活動は全てソーケンメディカルが行なっています。

ダイトーグループの商法とは異なり、オンラインショップでのネット販売が中心となっているため、効率的な販売が可能です。

また、現在は情報がないため分かりませんでしたが、平成元年より海外取引も行なっており、商品展開は日本のみならず世界にも広がっていることが分かります。

広い販路を持つソーケンメディカルですが、直接商品の良さが伝わりやすいのは、ダイトーグループだと言えるのではないでしょうか?

今後ソーケンメディカルではサロン運営にもより力を入れていくのではないかと考えられます。

そうすれば直接顧客に対して交流磁気治療器の良さを伝えていくこともできるでしょう。

福利厚生の比較

福利厚生の比較に関しては、ダイトーグループの福利厚生は判明しているものの、ソーケンメディカルの福利厚生が分からないため比較するいことはできません。

医療機器メーカー社員の相場は400~500万円程度となっているため、恐らく相場あたりの給料ではないかと考えられます。

ダイトーグループの場合、給料だけではなく手当などが多く付くため営業成績によっては相場以上の年収をもらえる可能性もあると言えるでしょう。

他にも、休日に関してですがダイトーグループで働くとなると1ヶ月集中的に働き、終わったらまとまった休みが取れるというような少し変わった働き方となるケースが多いようですが、ソーケンメディカルは他の企業と変わらない休日が設定されているのではないかと考えられます。

どちらが良いのかは人によっても異なるかと思いますが、ダイトーグループは集中的に働くと言っても全く休みがないというわけではないので安心です。

近年、働き方改革が行われてきており、今後もダイトーグループとソーケンメディカルで働き方が大きく変わっていく可能性も十分に考えられます。

働き方改革が実行されることで、より働きやすい環境となっていくことは間違いありません。

その代わり働き方に変化があるとその分給料などへの影響が出てしまうかもしれないので注意が必要です。

口コミ評判の比較

口コミ評判は、ダイトーグループで働いた経験のある人からの口コミ評判は見つかりましたが、ソーケンメディカルでは商品に対する口コミ評判は見つかったものの、働き方に関する口コミなどは見つけることができませんでした。

そのため口コミ評判を比較することは難しいと言えます。

ダイトーグループの口コミ評判を見てみると、

”面接時は休みは連休で1週間ぐらいあると言われるが、その内、5日ぐらいはミィーティングやら準備やらで休みはほぼなし。

部屋も1人1部屋ではなく、1部屋に2~3人詰め込まれる事もある。

四六時中職場の人といるので、プライベートはほぼないと思った方がいいです。”

”出張中のプライバシーはないに等しい。

支店毎に数グループ分かれてチームた活動する。

3LDKに5人で3週間ほど住み込む。

もちろん、相手も人間なのでウマの合わない人と同じ部屋になった場合は過酷”

などといったものが見られましたが、これらの口コミは全て10年前に該当するものなので、現在では異なっている可能性が高いと言えます。

現状に関しての詳細は分かりませんが、こうした口コミは10年前のものだということを改めて認識しておくと良いでしょう。

ダイトーグループとソーケンメディカルの評判を総括

ダイトーグループとソーケンメディカルの様々な部分を比較してきました。

同じ交流磁気治療器を取り扱っているため、人の健康を守るための活動を行なっていることが分かりましたが、違う点も多数あり、そういった部分で比較検討しやすいという印象を受けたという方も多いのではないでしょうか?

特に商法に関しては直接販売とネット販売中心という大きな違いが見られ、それによって働き方も大きく異なってくると考えられます。

ソーケンメディカルにおいてはあまり働き方に関する情報は見られませんでしたが、商品に関する口コミは多数見つけることができました。

そのほとんどはソーケンメディカルの交流磁気治療器を購入して良かったというもので、あまり悪い評判は見受けられませんでした。

一方、ダイトーグループの場合も同様に交流磁気治療器を購入したら効果があったなど、上々な評判が見受けられます。

商法などに違いはあったものの2社はそれぞれ消費者にとってより良い商品を開発・製造し、その良さを伝えながら販売しているのだということが言えるでしょう。

2社は今後も消費者のことを一番に考え、交流磁気治療器を中心に販売を進めていくものと考えられます。

また、ダイトーグループではこれに加え、人材育成にも力を入れていることが分かりました。

会社にとって人材はとても重要です。

人材が集まらなければ事業を拡大していくことはできません。

人材育成に力を入れることで、社員一人ひとりがより良い環境で仕事をしていくことができますし、スキルアップ・キャリアアップにもつながっていくことでしょう。

これらは全て社員のためでもあり、会社のためでもあります。

今後も会社をさらに大きくしていくために人材育成に積極的に取り組んでいくのではないでしょうか。

2社は同じ交流磁気治療器を取り扱っている競合他社とも言えるので、今後それぞれの企業でどのような展開が起きるのか注目していくべきです。

今回の記事を参考に、ぜひダイトーグループとソーケンメディカルの商品や働き方について興味を持ってみてはいかがでしょうか?